スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.08.04 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    201807:鮎釣り復帰戦7月

    0

      ども

      おさーん48です。
      とうとう7月に入ってから
      5年間辞めていた
      鮎への復帰
      とりあえず用意したロッドは
      シマノ プロセレクトFW90
      届いたのは解禁前の6月終わり。。。
      伸ばしてみると
      えっ(・へ・;
      これ競と大差ねえぞ(・へ・;
      まあでも
      現場に行かないとなんとも
      複合004、フロロ015、0175
      序盤の仕掛けは用意した
      そこから怒涛の7月に
      赤石2回
      桧木内1回
      鹿角管区小坂3回
      田代管区早口1回
      鹿角管区花輪1回
      合計8回
      解禁赤石で58匹と
      ブランクの割にはとんでもない尾数を午前中でそろえたのだが
      その後は20匹前後で推移
      桧木内では場所選定や当日の雨で一桁とか
      早口は抜かれてしまってなんもいないような感じで一桁もあったが
      午前いっぱいの時間でこの匹数ならそんなに悪いわけでもないなあという感じ
      てことで8月も引き続き鮎釣り修行である
      ちなみに
      小坂、花輪の鮎は
      ほぼメタボで20センチよりサイズは上
      数を狙っての釣りをしてるので
      比較的サイズをはずした釣りをしているけど
      最後の画像の赤石の鮎と比較しても個体差は3倍くらい違う
      米代扇田堰堤より小坂合流までで
      サイズ狙うならすでに急瀬以上の竿でないと厳しいかもですなあ
      しかし最近の複合はますます強くなったですな
      いまんとこと004、006、008でどんぶりはなし

      20190629:八甲田の山岩魚

      0

        ども

        おさーん48です
        前回のギルテンカラ
        まあ、実は川に行けなかったので
        かなり欲求不満がたまってた反動も
        しかし
        これをテストしたくなって
        やっとこと
        南八甲田へ
        このショートロッドに
        サンライン ぶっ飛びテンカラ3.5号を5m接続
        ハリスはフロロ1号1m程度
        このロッド
        ロングラインでもおもしろいようにシュートできる
        たぶん短いけどシャンとした調子のため
        ラインの重さを乗せやすいためだろう
        まあまあサイズがすぐに2本
        このロッドいい買い物です。

        201906:ギルテンカラにはまる

        0

          ども

          おひさしぶりの
          おさーん48です
          さて
          ここ最近
          まともに釣りしてなかったのですが
          りゅーいちくんより
          ギルおもしろいっすよー
          なんていわれ
          ひねくれたおさーんは
          テンカラ竿を持ち出した
          つっても最近の本業は
          テンカラ釣りなのだが
          とりあえず
          持ち合いの毛ばりを撃ってみると
          これが結構めんこくて
          賢い
          (・へ・?
          よく見ると
          ユスリカかなんかのハッチ
          まあヤブカなんだろうけど(その割りにくわれなかったのは気温のせいか)
          (・へ・?となり
          その日は家に戻って
          こんなのを巻いた
          まあ、ちょっと浮力を持たせた
          フローティングピューパのイメージ
          しかし
          次に持っていくと
          見事にはじかれる
          どうもサイズがというより
          あのメジナのような口には合わないのだろう
          こうした
          まー普通の
          フローティングピューパ
          TIMCO2488 14番
          これでサイズはちょうどいい見たい
          ボディーはなんかのティンセル巻いて
          セメントで固めているやつ
          で問題はまだあった
          ロッドのレングスが実は長い(・へ・;
          いつも渓流でつかう渓峰テンカラは36
          ちょっとどころかかなり長いのね
          てのもそこの池
          周りがブッシュだらけに低木があるわけ
          バックも上も取れない。。。
          とりあえずは
          昔の雪渓36MVを29にしてやってみたら
          この日は小一時間で二桁
          パターンとサイズが見えると結構釣れてくる
          あとは気温が高値安定になればというかんじ
          ロッドも雪渓のおかげでなんとかなってるのだが
          以前からここら辺の源流で使えるレングスのロッドを探していたのだけど
          27くらいまでしかないうえに
          某メーカーのやたらばきばきなやつで使いようが無かった。。。
          そうこうしてるうちに
          大橋漁具の一連のテンカラシリーズに
          こんなのが出ていた
          これ密林で
          送料込みで
          4000円を切る価格。。。
          ただ買いに走れなかったのは
          アタリかどうかが不安。。。
          しかし
          ギルおもしれーし
          と思ったら
          ぽちっとな
          手元にやってきたのを振ると
          ええええええええええええええええええええええええ
          まーーーーーーーーーーじでー
          4000円切る価格でだしちゃってええんかこれというくらいの
          調子。。。
          (・へ・?
          これ使えるな他でも
          と当然なるわけで。。。
          ギルテンカラの流れで買ったロッドが
          次回は山岳渓流で活躍するの巻

          20190602:一度くらい海タナゴ行かないとさ

          0

            ども

            おさーん”48”です。
            そうですひとつまたじじーになったのです。
            そのじジーになる前に
            今年まじめにまだやっていない
            海タナゴへ
            八戸では
            結構な人気の魚種です。
            鯛と同じ体型の魚なんで
            かなり引きも強い上に
            腕の差が出る釣り
            そらみんなはまります
            おさらい
            三陸一帯の海タナゴ釣りといえば
            胴つきの脈釣りが主流
            足場の高い磯での釣りが多かったのもあり
            7mクラスの中継竿を使い
            両手持ちでじっと竿先を見つめるベテランの釣りのイメージが多い
            けど
            八戸港湾では
            ウキ釣りで狙うベテランも多く
            おいらもここ2,3年は、ウキ釣りがメインとなった
            さて
            地元のおいちゃんたちは
            サーフに行ってイサザを採取して
            寄せエサや付けエサにする人は多い
            けど
            この中盤の時期以降は
            トクチタナゴと呼ばれる
            エサ取りが多くなるので
            おいらは寄せエサは一切撒かない
            これを撒くとエサとりだらけになるからだ
            サイズを揃えていくのなら
            寄せエサを撒かずに回遊ルートを見つけて
            エサはヨコ虫だけで狙ったほうが優位になる
            干潮から上がってくる時間を狙って現場へ
            前日にふらっと港湾を回った際に見つけたポイント
            先行のおじさんも小型ながら数枚揚げていたが
            時間なのか竿をたたんだ
            横お邪魔しますと入り
            数分でアタリが頻繁に出る
            やはり最初は手のひらより小さいサイズがぽんぽんあがるが
            潮が動き始めると20センチオーバーが増えてきた
            針を呑み込んだ魚以外の小型はすべてリリースしながらも
            20枚ほど
            十分楽しい釣りができた
            ハリスは06
            針は渓流7号
            桐で作成した立ちウキ使用での釣り

            201904280525真鯛転戦記

            0

              ども

              久々のアップ
              おさーん47です
              さて
              この期間
              ずっと
              遊んでおりました
              潮干狩り
              山菜取り
              ヒメマス
              真鯛
              その他
              てことで
              まとめて
              GW入りから2回ほど平舘真鯛へ
              去年から復帰の真鯛
              真鯛やめて10年目
              Jigingやめて15年目
              一気に復帰した現実
              若手のみんなに
              もどされた
              ロートルオサーン
              結構体力はきっついのよ
              GWしょっぱな
              見事撃沈
              すぐ敗因もみつかり
              即5・25も参戦決定
              仕込みも淡々と
              フックをまず切り替え
              小型ばベイト対応のジグ探し
              ※こういうときはテスターでもモニターでもないおさーんは
              探し物に苦労するのだ
              昨日O2スナッパーズヘ(船はべんがる)
              メンバーは
              りゅーいちくん
              りょーたくん
              やないくん
              あべくん(お初顔あわせ)
              おさーん
              あとで知るが年齢さ最大20歳くらい。。。
              あとで
              あるメンバーに
              ご意見番という尊称が(・へ・;
              他に同船グループのみなさん
              軽く10人以上でござる
              出航すぐに魚探には
              いかにもという反応で満タン
              キャストしてカウントし
              レギュラー巻きよりちょい早で巻く
              そうしているうちにぽつぽつ掛かりだした
              そうしてるうちにおさーんにも
              かなり手前でヒット
              おそらく水深は上から10mもないところでのヒットである
              それを皮切りに5枚ほど
              サイズは40〜50センチ前半くらいかな
              しかし
              みんな掛かるのだけど
              結構苦戦はしている
              意外とアタル人とアタリが少ない人が出ている
              また
              バラシも多い
              結構食い込みも浅いのかも
              そんな喧騒もおわり
              まったりタイムはやってくる
              ボトムでシェイキング、ステイ、リフト、フォール
              ミズクサガレイ狙い撃ちでやってみると
              それなりにアタリが出て愉しい
              結構数もでた
              そうしているうちに
              久々にホッケ
              隣のかたは40アップのホッケも
              ほかには
              イナワラ
              カナガシラ
              サメ
              マゾイ
              クロソイ
              といった感じ
              冬の魚と夏の魚がごちゃまぜの
              不思議な海
              これが津軽のオフショアの楽しさでもある
              10時あがり
              真鯛はやっぱりきれいだなあ
              ミズクサガレイのライトジギングメソッドもほぼ固まり
              結構いろいろ収穫のある日だった(おまけにトップの一人だった)
              帰りに
              オー2船長山中さんに
              新艇の進水祝いで陸奥男山を一本置いてきた
              若手の船長で
              おそらく県内でもトップクラスの腕を持っている
              船も一回り大きくなり
              今後も大活躍してほしいなあという思いもこめてだ
              さて
              もう一回乗りたいなあ
              どうも元ジガーとしても
              このLTジギングスタイルで
              真鯛と対話は続けて行きたいなと思う
              そして
              たくさんの愉しい話と笑いを船上で交わせたのは
              よかったなあ

              20190413:春タナゴ・・・

              0

                ども

                異動して早数週間
                おさーん47です
                昨夜は眠れず
                疲れがたまると時折そんなこともある
                そういえば
                最近たなごにいってないな
                となり
                いつもの方面へ
                今回は時期的なチェックもかねてみる
                最初のポイントはまだ通水がされていない
                こりゃだめだな
                次はまちなかにある用水路
                小さなバラタナゴが見えているが
                反応せず
                風もあるので
                結局はいつもの定点観測場へ
                つい1週間前は雪もふったりなんで
                水温もあがってないのか
                なかなかアタリがでない
                20分ほどエサを撃ち続け
                ぽつぽつあがってきた
                今日は確認調査みたいなもの
                タビラ類がかなり多い
                以前はシロひれが主流だったのだが
                アカひれがかなり多くなっている
                バラは3匹のみ
                夕方になるとまだ肌寒い
                GWあたりには
                婚姻色もあがってくるのを期待して。。。

                20190407:春は潮干狩り。アサリ取り。

                0

                  ども

                  おさーん47です。
                  ついこないだ
                  ここの有料プランを解除
                  来月から
                  広告がぼこぼこ入るであろうこのブログ
                  ワカサギからずーっと潜伏
                  そうこうして
                  異動内示
                  ばたばたしている状況。。。
                  (・へ・?
                  ぼんごれ食いたい(・へ・?
                  てことで
                  潮見。。。
                  いけそやね
                  走る。。。タタタタァεεεεεヾ(*´・ω・`)ノ
                  本命場所はまだ水多く。。。
                  (・へ・?
                  みんなやってるとこへ
                  やっぱり小さい。。。
                  本命場へいくと
                  (・へ・;
                  さきこされ。。。
                  あせっていると
                  ぐおおおおおおおおおおおお
                  という突風。。。
                  またみんなやってる場所へ
                  ちょぼちょぼ取ってると
                  風がやみ
                  本命場へ
                  まあさきこされた後に入ったのだけど
                  でかいのがぽつぽつ
                  実はあすから出張なので
                  今日食べる分だけキープ
                  てことで
                  祈願成就

                  20190226:ワカサギタックルのアップデート

                  0

                    ども
                    おさーん47です
                    ワカサギの地元シーズンが終わると
                    タックル類の見直しが始まる
                    といっても
                    今年は後半に突貫で
                    画像のように電動を改良したりもした
                    今回はこの改良した電動のショートノーズ化
                    本来は市販の可変ジョイントを入れるためのものだった
                    けど
                    (・へ・?
                    と思い直し
                    可変ジョイントもステンレスパイプとアルミ棒で作成しなおした
                    単に
                    パイプ部分を
                    アルミからステンレスに変えただけなんだけど
                    丈夫さはもちろん
                    手持ちの際に感度がよくなるという利点
                    確かに
                    フィルムハイブリッドな穂先だとあんまし感度特性は優位にならんのだけど
                    やや硬めに仕上げた穂先ならハイブリッドでも手感度は確保できるので
                    やる意味はあると思う
                    今考えてるのは
                    横回転タイプの手持ち電動の作成
                    縦回転作る前は横回転を作った時期もある
                    横でも縦でもいんだけど
                    よりコンパクトな手持ち電動をつくりたいのである
                    モーターの固定はアルミバーでかなり実績ができてきた
                    それを応用していけばなんとかなると感じている
                    また今年の後半を考えて
                    2丁用の電動を再度考案作成の予定
                    ボートワカサギ用である
                    これはモーターも最大回転数稼げるものを使用する予定
                    まあいろいろやることあってたのしいなーというお話

                    20190217:ワカサギ修行:最後なうえに数も数えないのだ爆

                    0

                      どもおさーん47です
                      青森もワカサギシーズンが終わり
                      すでに4日ほどたちます
                      おさーんも17日で終了したのだが
                      何も書いておらず。。。
                      画像はおそらく150匹ほど
                      数も数えず
                      終わり間近のシーズンを
                      手ばねで丁寧に遊ぶ
                      あがりも11時前には竿をおき
                      だらだらしながら陸へ
                      途中
                      レンタルやテントを借りた人たちへ
                      管理人西本君からたのまれちょっとしたレクチャータイム
                      ほんとは余裕あれば
                      本日はわかさぎ釣り教室もやる予定だったのだが
                      たくさんのお客さんも来るし
                      それどこじゃなくなったのも事実
                      しかしながら
                      結構やってる人でも
                      エサ付けとかがしっかりしえていない人もかなり多いので
                      来シーズンはやる方向かな
                      カップルでテント借りたチームは
                      おさーんが帰宅後に30は釣ったそうだ
                      レクチャーしてる間にアタリがでても
                      なかなかわからない
                      最初のワカサギ釣りなんてそんなもんだよ
                      アタリがわかるときなんて
                      実はもっとあったかい時期なんだから
                      もう一組の親子にも教えてる間に
                      おさーんの釣り方を見せているロッドに釣れてしまったり
                      意外と魚はいるのだ
                      それでも釣れないときは釣れない
                      やはりこれも練習なのね
                      さて
                      今年の姉沼はよいか悪いかといえば
                      自分にしてみると
                      過去の姉沼を考えると
                      ぜんぜんよいほうだと思う
                      昨年度は1000匹が何度かでてるので
                      それと比べる人は多いだろうけど
                      そもそも1000匹釣れる場所ではない
                      今年のようにトップが300から500で推移するようなところであっても
                      中堅のレベルは
                      大抵100〜150匹という平均的な釣り場である
                      そう見ていくと今年はかつての平年並みからちょっと上くらいかなあ
                      逆に内沼は1000が出てるので好調だったのではないだろうか
                      ただしその内沼でさえ
                      中堅アベレージは
                      100から200という感じなので
                      例年並みなのかもしれない
                      おさーんの場合
                      釣り場の優劣なんかあふぉらしくて格付けなんかする気はさらさらない
                      たとえば赤城大沼の厳しさは知ってる人も多いのでは?
                      100越えたらすごいという釣り場
                      岩洞だって3桁のせるのは結構難しい
                      北東北より南では桧原が一番釣れるのかな
                      北海道いけば釣り場もたくさんあるし
                      おそらく関東の名手がいけば2000、3000なんて釣り場もあると思う
                      けど
                      その釣り場ごとに
                      そのおもしろさがあると思う
                      内沼だってそうだし姉沼もそうだ
                      内沼の外なんかおさーんの好きなポイントだしね
                      本湖完全結氷になればまっさきに行くであろう釣り場もある
                      じゃあ姉沼にいくのはなぜかといば
                      通うことで見えてくることがたくさんあるし
                      基本になる自分のスタイルを確立するためには
                      ホームになる釣り場が身近にあるということ
                      通える釣り場だからね
                      もし盛岡に住んでたら
                      岩洞に通うと思う
                      てことで
                      今年は一応これで終了である
                      通算12回の釣行であった
                      今年も無事に安全釣行というお話

                      20190214:ワカサギ修行:ボランティアなのだ

                      0

                        ども

                        おさーん47です
                        2・14
                        いわゆるアレの日ですが
                        おさーんは有給をいただき
                        ボランティアでの依頼を遂行するため
                        姉沼へ
                        16日に沖縄の子達がやってくるので
                        そのためのワカサギの確保が今回の目的であった
                        とりあえず活かせれば
                        活かす方向で
                        こんな感じで鮎ポンプ稼動
                        さて反応はそこそこにあり
                        ぽちぽちマイペースで釣れる
                        なにせ
                        数確保というより
                        なんとか活かせるか
                        またきちんとした形での確保(つまり魚体がきれいであること)
                        が目的なのだ
                        なので丁寧に釣っていく
                        とりあえず200くらい確保できたので終了し撤収
                        陸にあがりしばらくにしもっちゃんとだべっていた
                        そしてお客さんもだんだんと戻ってきた

                        岩手からの女性二人組
                        普段は岩洞行ってるそうで
                        装備やテントの撤収とかも
                        かなりやってる感じの方だった

                        常連のちーさんと同じタイミングで戻ってきた

                        結構釣れたですかぁ^^?

                        はい^^

                        岩洞のこととか少しだけ聞いたり

                        いつか岩洞にもどうぞ^^

                        水深20m以上なんかやったことないもんなぁ(´ε`;)

                        でもまあ

                        釣れない岩洞は
                        20年前からもよく話しになっていて
                        気になっていたけど
                        まだ行ったことがない

                        いずれ行って見ないとなぁ。。。

                        とふと思った
                        ボランティアつりの話

                        | 1/27PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        2930     
                        << September 2019 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM