20180128:姉沼わかさぎ332匹(実数カウント)

0

    ども

    連投の
    おさーん46です
    さて
    展示会期間中に負けぬ
    ただの釣りバカです
    土日と連投釣行
    こんな良い年なんだから
    貴重な時間はすべて費やすのでR
    前日より
    ちょい遅い到着
    すると
    (・へ・?
    2台
    けど
    入り口のチェーンはついたまま
    管理人にしもっちゃんの車はいる
    (・へ・?
    すると
    にしもっちゃんが戻ってきた
    勝手に入り込んだ人がいるらしい
    初めて来た人かもしれんが
    立派な不法侵入なので
    必ず開門まて待ちましょうな
    さて
    夜も明けぬうちにテント設営
    今年からコールマンのSを導入し
    ペグもアイスアンカーを導入
    快適なテントライフ
    かなりの風でも一人で設営できるのがうれしい
    電動2丁掛けでスタート
    しかし
    昨日よりなんかペースが良くない
    よくあることなんだが
    次第に周りが囲まれているような感じに
    ちょっと遅めに入って
    人が入らないところに設営するのも
    数を伸ばす秘訣ともいえる
    ぶんどりあいがなくなるからね
    さて
    自分としてはぽつぽつ程度なのだが
    途中電動のトラブルが置き
    一本を放置すると
    こんなことや
    こんなこともおきる
    本来こんなことやってると
    数は伸びなくなるんだけどね
    普通に釣っての2連、3連なら、数が伸びる
    ひいこらひいこらやって
    10時くらいに250越え
    ペース悪
    そこから拾いながらの釣り
    あたりが12時くらいでほぼストップ
    これもまあいつものパターン
    かっぷら食ってから
    実数を数えると
    332匹
    いつもならまーまーなんだろうなぁ
    管理小屋に上がると
    トップでやはり500近辺あたり
    いろいろとやってみないとダメだなという感じも出てきた
    そのひとつに
    新自作電動の製作
    シーズン終了後
    以前作成したものを基本とした
    外部電源タイプを新たに作成することにした
    デンケシ電動は一本だけ残す
    これは一丁掛け用に残す
    今回の製作は
    2丁掛けの叩き釣り用
    これはシンプルな構造にしてみること
    実は現在のデンケシ電動は
    ドラグ機能を持たせているために
    トラブルがかなりある
    ただ一丁掛けではかなり重宝する
    素直に市販の電動買えばいんだけど
    やはり自作が面白いこともあって
    なかなか市販を買う気が起きないのが
    おさーんの悪い癖なのだな爆
    次の予定は
    2月4日出動予定

    20180127:姉沼わかさぎ448匹(カウンター数)

    0

      ども

      しばらく更新がとだえた
      おさーん46です
      出張先で書いていますが
      何か?
      さて
      姉沼が氷上解禁
      今年度からの注意点
      県内共通魚券が使えなくなったので
      みなさんご注意を
      とりあえず
      3時半に起床
      姉沼に向かう
      4時半には現着
      入り口には
      岩手ナンバー
      今年の岩洞は不調なためなのか
      解禁後の平日も岩手遠征組がかなりいたらしい
      こんな感じで
      他県からの遠征組が来てくれること自体
      非常に良いことだと思う
      管理人のにしもっちゃんとだべった後
      氷上初め
      ちょっとしたトラブルで開始は7時ころ
      具合もわからんので電動1本での釣りに集中したが。。。
      結構なペース
      そのペースのために
      もう一本を出すタイミングを逸してしまう(・へ・;
      周りのライバル(福島君)すでにダブルスコア状態との情報も入り
      急ぎ2本目を出し
      追撃体制
      しかーし
      昨年度からの常連
      桧原ホームのCさんが完全に10束ペースらしい(・へ・;
      あかんあかんあかんあかん(・へ・;
      完全にペースが崩壊し始めてきた(・へ・;
      食いもだんだん渋ってきた
      そこで
      仕掛けをロングハリスに交換
      すると
      連掛けも増えてきた
      なんとか昼アタリに400台まで上乗せ
      そこからちびちびと
      長嶋の本塁打数までのばし
      448で終了
      数えるのもめんどくなり実数は数えていない(たぶん2,30はカウントされないのがいつものパターン)
      管理小屋まであがると
      トップはやはり桧原ホームのCさんで1058
      福島くんは480越え
      今シーズンの出だしとしてはまあまあ最高なんだろう
      トップアベレージは午前で450がひとつのボーダーと見てもいいかも
      日変動としてみれば300から500の間で
      トップアベレージは変動する可能性が高い
      この日も
      トラブルがなければ500は越えているペースだったと思う
      ミスをつぶしていくことで
      数が伸びていくのも
      ワカサギ釣りの面白さだな^^
      へばのー

      201801:展示会中なので釣りはお休みなのだ

      0

        ども

        現在
        死のロードまっさいちゅうの
        おさーん46です
        なので
        釣りどころではない
        というのが正直な時期でもある
        現在
        おさーん所属の
        メインワークともいえる展示会
        これ4週間の間に4箇所
        転々と県内をサーキットするのである
        こんな生活サイクルになって
        すでに
        5年
        なので
        わかさぎから足を洗うつもりだったのだが。。。
        まあ
        結局引き戻されてしまった
        ただ
        おさーんにとって
        現在もっとも続けたい釣りのひとつが
        わかさぎ
        ほそぼそとも
        続けているのだ
        そんな時期なので
        今やってることは
        いつでも行けるような準備と
        春先に向けての
        テンカラ毛ばりの補充
        じっと我慢の時期でもある
        他にも釣りなんてあるじゃん
        という人もいるだろう
        たとえば
        ナイトアイナメなんかは
        最近やってる人間も多いようだが
        これは
        おさーんのポリシーとして
        やることがない釣りである
        今の時期に釣れてしまう
        おかっぱりのアイナメ
        特にシャロー域
        これは
        産卵後の卵を守るオスを釣る確率が非常に高い
        これを釣ってリリースしても
        その卵へ戻る確率は非常に低い
        下北のある堤防で
        その子守をするアイナメを見つけたことがある
        魚も子守をするのかぁ
        と関心したと同時に
        津軽の先人たちが
        1月以降
        陸でのアイナメ狙いをやめてしまうことを
        理解できる光景だった
        他にも
        おいしくなるとされる
        ヌマガレイもあるのだが。。。
        基本的に鱒系の釣りから始まった人間なので
        もっとそれ系の釣りをやればいいのだけど
        今ではなぜか
        海アメ、海サクラに動かなくなったおさーんになってしまった
        何かしら
        感動しなくなっている自分がどこかにいるんだな
        という実感もあるせいか
        もっと遠征してやってみたい
        という気持ちもどこかにあるような気もする
        何に感動するのか?
        という問いかけも
        今も頻繁にあるのだが
        その感動を追い求めてきたはずなのに
        その感動がどこにあるのか
        自分でも見当たらない
        という部分もある
        今よく思うのは
        やはり得意であり
        好きな釣りが
        恒久的にできる土地に住みたい
        という純粋な欲求だけはある
        ワカサギにしても
        やはり氷上釣りができる土地にいたい
        テンカラだって
        できれば年中何かしら狙える土地に住みたい
        青物だって
        陸から手軽に狙いたい
        一年間
        釣りがしたい
        けど
        自分がやりたい釣りを
        一年間やりたいのだ
        そんな欲求は
        仕事ではないから
        赦されることなんだと感じる

        201801:雪が降る年は氷がはりにくい

        0

          ども

          おさーん46です
          さて
          わかさぎの季節なのですが
          一向に
          結氷する感じがございません
          一度は
          結氷したんだけどね
          姉沼も。。。
          暖気で
          氷も
          とけちった。。。
          今年に入り
          寒波きたよう
          雪降ってるよう
          ときても
          長続きしないのだ
          そりゃだめだともなる
          この界隈で
          安全圏の結氷にいたるのは
          真冬日が5日続くことが
          まずひとつの条件となる
          それに
          風がなく
          雪もあまり多くないことも
          条件となる
          氷の上に雪が覆うと
          氷が成長しにくいのね
          雪による保温効果が
          成長を妨げてしまうことが多い
          また
          雪が多いときって
          実は気温は意外と高かったりもするのよね
          豪雪でも2通りあって
          寒気団の温度ががっつり低いか
          もしくは
          ある程度温度高くて
          湿度がちょっとあるケースのどっちかなんよね
          前者は乾いた雪なんだけど
          後者は湿った雪
          前者なら
          氷もがっちりはるし
          この場合の豪雪ならウエルカムなんだな
          さて今年はかなり怪しげな状況である
          仕掛け作っておわるんかも
          まあ
          それはそれで
          現在
          デンケシ電動に関して
          いろいろやってる最中なので
          それで時間をつぶしているおさーんなのです

          20170103:ワカサギ仕掛けを作る理由

          0

            ども

            連投の
            おさーん46です
            さて
            帰宅してから
            こつこつやってるのが
            ワカサギ仕掛けの製作
            針は
            オーナー金袖0.8、0.5号で作成
            実は
            がまかつ細地袖金2号が
            定番製品から消滅
            昨年から変わりになる針を探し
            今年からこの針になった
            サイズ的には
            がまかつ細地袖金2号→オーナー金袖0.8号となる
            0.5号はおそらくがまかつわかさぎ袖1号と同じくらい
            さて
            なんでつくってんの?
            という問いが出てくるはず
            買えばいんですが。。。
            よーく思い出してくだされ
            袖型の金針の仕掛け
            どこのメーカーにありますでしょうか???
            実はないのですよ
            いやあるのかもだけど
            とりあえず
            現行モデルには見当たらない
            毎年注視してるのですが。。。
            おさーんが作りはじめるまで使用していた仕掛け
            これ実は
            ワカサギ仕掛けではないのだ
            豆アジサビキという
            だいぶ前に廃盤になったがまかつの仕掛け
            月刊つり人の別冊のわかさぎムックの第一号に
            わかきころのおさーんが文章書いています(・・;)
            その時のがまかつの御礼でもらったやつが
            たぶん気づいてる仲間もいるが
            がまかつのTシャツ
            夏になるとちょくちょく着てるやつ
            (メーカーのTシャツはかなり丈夫な素材のためぜんぜんへこたれない)
            この仕掛けが廃盤になるころ
            メーカーから買えるだけ買ったのだが
            すでに30枚しかなかった(´;ω;`)ブワッ
            それをちょぼちょぼ使っても
            結局2年も持たず
            泣く泣くそれ以降製作している(´;ω;`)ブワッ
            ハリスは0.3号モトスは0.4号
            このラインの太さだけは変えることはない
            素材はいろいろ変えてきた
            今年からモトスはポリエステルに
            ハリスはナイロンとフロロで試しに
            おそらくナイロンに今後は切り替えるかも
            針数は基本6本
            ただし
            下針は
            エダスだしにしたり
            錘上すぐに出したり
            いろいろそこは思案している最中
            以前は7本針で針間10センチだったのだが
            ハリス長2.5センチの場合
            針間8センチ
            ハリス長4.5センチの場合
            針間12センチ
            での6本としている
            6本としたのは
            単純に偶数にしたかっただけ
            主戦場は現在姉沼
            最大水深4mなので
            仕掛けはみじかめで十分
            手繰りで手返しよくやったほうが手っ取り早い
            内沼なら
            最大水深は6m越えるので
            やや長めで作ることになる
            おさーんの仕掛けの最大の特徴は
            夜光留めにしていること
            これは光というより
            この色に寄ってくるのですよ
            これは見釣りで確認済み
            最近あるメーカーのに
            黄玉というのがあったが
            使えそうな感じがする
            ※金針なら買うな
            ほんと
            本音言うと
            作りたくはない( ̄へ  ̄メ) 
            めんどくさいのだもの
            欲しい仕掛けの最低条件は
            金針
            夜光留め
            これだけ
            これで号数があるなら
            冬のなすぼーでまとめ買いして終了。。。
            でもねえんだよ( ̄へ  ̄メ) 
            作ってくんねーかなーメーカーで( ̄へ  ̄メ) 
            金針が有効なのは昔から知られていること
            やたら刺さりいいだけの針よりも
            金針だよ
            まじで( ̄へ  ̄メ) 

            20180102:おそらく3連敗の初釣り

            0

              ども

              本日
              爆沈してきた
              おさーん46です
              とまぁ
              柳の下ににしんはおらず
              全体で6本ほど
              うーむ
              この爆風のなか
              行ってみたけど
              あかんときはあかんのでして
              しかし
              帰宅中にふと思い出し
              そういや
              ここ2,3年
              決まって
              六ヶ所村で
              初釣り
              そして
              爆沈
              ・・・・・・・
              実際
              初釣りなんて釣れなくてもいいや
              なんて思うようにしていきながら
              爆沈すると
              それはそれで
              orz
              となるわけで
              爆沈のときこそ
              どうやって
              おもしろおかしくブログかきゃいいのかって
              思うときもありーので
              そんないろんなことを頭に思い浮かべながら
              爆風の帰り道だったのれす
              しばらく
              南下していると
              (・へ・?
              そうか!
              初釣り爆沈している年は
              案外楽しい釣りの連続だったと
              おおお!^^!
              八戸に戻ると
              隠れていたお月さんが見えてきた
              そうか
              今日は満月かぁ
              まあ正月なんだな
              前向きになった
              おさーん46です

              20170101:あけてしまいました。本年はどうしよう?

              0

                ども

                あけましたね
                本年も変わらず
                おさーん46です
                毎年
                今の時期に
                年間のある程度の予定を考えるのですが
                今年は
                おそらく
                引退したはずの
                オフショアの釣りへ出かける予定
                メインは真鯛
                辞めて10年目の年に戻るとは
                ねー(。´・ω・)b d(・д・`。)ネェー 
                しかし
                準備もそこそこに出来ている状態
                なので
                これから特別やることも
                ない
                後は
                しゅったつの声がけを待つのみ
                それ以外は
                いつもどおり
                新春からは
                わかさぎ
                春は
                テンカラメインで
                イワナ、ヤマメ
                夏以降は海メインかなと
                8月すぎると
                クロソイメインでのご近所遊び
                ときおり回遊魚にヒラメ
                そんな感じでしょうか
                こう見ると
                オフショアメインで
                いろんなルアーやってたころとは
                まったく違うシーズン計画
                それに昔は
                夏の間は
                鮎を20年やっていたわけで
                以前のようなガチな釣り計画とは
                まったく違う
                ゆるゆるな計画ですが
                それなりに忙しかったりもします
                昨年度は
                いい魚に恵まれたと思います
                ヒラメもキーパーを継続でき
                ヤマメも尺オーバー
                ご近所クロソイもコンスタントに釣る事もでき
                ガチでやんなくても
                楽しい釣りはできるんだと
                それが証明できればいいのかな
                というスタンスはできたと思います
                自分が住む土地で
                最大限に楽しむ釣りが
                今の自分の目標です
                良いことに
                昨年度は偶然の出会いから生まれた友人関係もできました
                一度は
                釣りの世界から半分足抜けしていたのですけど
                今年も
                楽しい仲間と
                気軽に
                楽しく
                良い魚に出会える釣り旅ができればと思います。

                20171230:釣納め:六ヶ所の沼にしん

                0

                  ども

                  おさーん46です
                  釣り納め
                  何にしようかのう(・へ・?
                  といろいろ考えていたのだが
                  メバル
                  ビッグママの時期なので
                  虐めるのがちょっといやな時期
                  ヤリイカ
                  やりたい場所がこの時期風でかなり高い確率で
                  中止になる
                  その他
                  ・・・
                  いつも思うのだけど
                  テンカラのできる管理釣り場が
                  青森のどこかにあればなあって考えるのは
                  こういう釣り納めの時期
                  場所の選択が面倒な時期にこそ
                  管理釣り場で遊びたいものである。。。
                  さて
                  六ヶ所でにしんの話が立て続けに出てきた
                  おいらが六ヶ所にいたころ
                  通称沼にしんこと
                  尾駁ニシンは大激減していた
                  あるとき
                  なんじゃこりゃっていう魚が釣れて
                  (・へ・?
                  水族館に同定してもらおうとなった
                  すると
                  この子
                  尾駁ニシンですねえ
                  激減してるので
                  なるべく公にしないでいただくと助かります
                  という返事
                  10センチほどのニシンの幼魚だった

                  それ以来このニシンは
                  と片付けていたのだが。。。
                  数年前
                  元職場の話(釣具屋)から
                  尾駁にしんが爆釣しているという話がきて
                  あの幻が復活したのかぁ
                  と驚いたものである
                  今では
                  六ヶ所村の冬の釣りものローテーションの一部なっている
                  冬になると
                  ワカサギ、海アメ、海サクラ以外には
                  釣りものがない六ヶ所にとっては
                  かなりの売り物になっている
                  と長い前置きとなったが。。。
                  うーむむ(・へ・?
                  沼にしん
                  旨いのな(・へ・?
                  仕事終わりに釣具屋にいき
                  仕掛けなど調達。。。
                  つっても
                  使えるサビキを買い揃えるしかないのだけど
                  ちなみに
                  ニシンはプランクトンを食ってるので
                  内臓はかなりちいさい
                  そのかわり
                  数の子か白子が
                  どおおおおーーーーーーーーんと
                  つまってる
                  なんともまあ不思議なお魚なのだな
                  また
                  ここ最近の青森の釣りなので
                  メソッド知らない人が大多数だと思う
                  単に投げサビキなんだよね
                  12〜15号程度の錘をキャストできるようなサビキ仕掛け
                  ロッドはキャストできるロッドならなんでもいいと思う
                  リールもスピニングに12ポンド程度のナイロンをまいておけばいい
                  PEとかでも良いけど
                  サビキの向こうあわせなので
                  ある程度伸びのあるラインが優位になる
                  こんなかんじの釣りなので
                  今回持っていったタックルは
                  4.5mの3号磯竿
                  ヒメマスウキ釣りで使ってるノーブランドロッド
                  こういう釣りには向いてるはず(ただし重いけどな)
                  リールはスピニングのダイワで出してる廉価版のやつ
                  これもヒメマス用
                  このタックルの揃え方
                  下手にブランドものだと
                  逆に弊害が多いのね
                  こういうタックルが魚がばれにくかったりするから
                  釣りってわからんよね
                  仕事を1日早く納め
                  翌日の30日
                  昼ころに八戸をしゅったつ
                  向かうは
                  なつかしの六ヶ所原燃輸送港
                  あの近辺での回遊魚サビキの定番ポイントである
                  現着すると
                  小羽いわしが
                  わいわい釣れている
                  ためしに仕掛けをおろすと
                  ありゃま
                  オオナゴ
                  これが入ってくるということは
                  マス系の接岸が始まってる可能性が高い
                  実はこの場所のそばが
                  海鱒系のサーフが並ぶのである
                  うーん(・へ・;
                  鱒タックルもってくりゃ(・へ・;
                  なんだかんだ言っても
                  本来はそっち方面の人
                  釣れてくるいわしも
                  がりがりにやせている
                  なんで接岸してるのかがちょっと不思議である
                  この時期
                  ここらへんの港湾は一気に透明度が高くなる
                  つまり
                  プランクトンが大激減する時期
                  植物プランクトンが主食のイワシがこれだけ寄ってる理由がわからないところ
                  今回も透明度はかなり良くなっていて
                  プランクトンがそんなにあるように思えなかった
                  とりあえず
                  イワシ、オオナゴはリリースを繰り返す
                  そろそろ時間だよなと思い
                  ロングキャストを開始する
                  しかし
                  まわりのおんちゃたちの言葉には
                  昨日は4本しか釣れなかった
                  とか
                  釣れなかった
                  とか
                  そんな話ばかり
                  そんなもんだよなって
                  思いながら
                  黙々とキャストする
                  しばらくすると
                  狭いエリアに
                  親子連れが
                  何も断らず
                  割り込んできたり。。。
                  一言くらい声かけてくればいいものを。。。
                  そうしていると
                  ニシン親父(ニシン専門おんちゃたちをそう呼ぶ)たちが
                  一人二人やってきた
                  仕掛けも遠目から確認できるような仕掛け
                  みんな点滅ライトなどを装着している
                  なるほどな
                  と関心
                  これが後ほどヒントにつながってくるのだ
                  こつん
                  ありゃなんか来てるな
                  いきなりのニシン子である
                  あれれ(・へ・;
                  でも差し込んでるのかも
                  繰り返していくが
                  イワシイワシおおなご(´ε`;)
                  うーん
                  こりゃダメかなぁ。。。
                  ヤリイカでもやってみるかなあ
                  なんて思っていると
                  キャストして
                  ボトム付近を
                  ジャークしてくると
                  がつんがつん
                  とラインに何か当たる
                  (・へ・?
                  巻き上げ
                  そのアタリがあった付近に軽くキャストしてフォール
                  その後
                  しゃくると
                  グングングワン
                  え(・へ・;?
                  かなりの重さである
                  ドラグもそれなりに出てるが走らない
                  海面に目を向けると
                  どう見ても
                  35センチクラス
                  それも一荷(・へ・;
                  こりゃぶり揚げ無理だ(・へ・;
                  ラインを掴み
                  そろそろ揚げて取り込む
                  となりのおんちゃが
                  きたなあああああああ^^
                  これがジアイ開始の合図だった
                  ぼこぼこ釣れ始まる
                  すべてが30センチオーバー
                  このサイズなので
                  イワシなんかのように
                  鈴なりなんかあるわけがないのだが
                  ニシン親父たちの竿がつぎつぎ曲がっていく
                  すべてこのサイズなのだから
                  ちょっとしたお祭り状態なのだ
                  見る見るうちに
                  9本が雪上に
                  しかし
                  食い渋りがやってくる
                  こうなると
                  小型ライト使ってるおんちゃたちが
                  優位に釣っている
                  (・へ・?
                  これもすかすて(・へ・?
                  エギングで使用しているフラッシュを取り出し
                  サビキの夜光留めを光らせ
                  再度キャストすると
                  2本追加
                  光物に極端に弱いのかもしれない
                  11本の釣果
                  バラシ2本
                  アタリはずれも数本あった
                  今回使った仕掛けは
                  針8号
                  ハリス2号
                  モトス4号
                  6本針
                  ハリマは25〜27センチ
                  長くないと
                  ニシンでかいからね
                  そこをまず考えて仕掛けは選ぶべき
                  今回のアタリ仕掛けは
                  オーロラハゲ皮の夜光留め
                  ジアイは
                  4時半から5時半まで
                  たったの1時間
                  この短時間で効率的に数を伸ばす方法を考えるべきなのかも
                  針数を5本とかにするのもありかもしれない
                  意外と早く終わったジアイのため
                  20時前には八戸戻り
                  何人かにおすそ分けし帰宅
                  しかしまあ
                  なんという(・へ・;
                  さすがにこのサイズがばかりとは思わず
                  ほとんど数の子入りだった
                  早速
                  沼にしんといえば
                  刺身なのだ
                  小骨が多いので
                  そぎきりにしていく
                  骨を切っていくかんじで
                  しょうゆが脂ですぐにごってくる
                  この魚のうまさは
                  この脂のうまさにある
                  キングオブ刺身だと思う
                  さて
                  沼にしんは実に釣期が長い
                  12月から3月初旬まで
                  今年のように
                  12月から釣れているのは早いのかもと思ったのだが
                  よくよく考えてみると
                  まだ開拓が始まったような釣りなので
                  まだまだわからない部分でもある
                  北海道と照合してみれば
                  早くもないのだ
                  ワカサギの合間や
                  夕まづめのなのでその帰りに狙ったみるのもおもしろいかも
                  てことで
                  無事本年も生きながらえました
                  来年もまいぺで
                  楽しい釣りをしていくおさーん46です
                  では
                  へばのー

                  201712:なぜかビッググラブなクロソイ

                  0

                    ども

                    おさーん46です

                    ここしばらく何してたかというと
                    クロソイゲームなわけですが
                    おさーん
                    この時期はあんまし好きじゃない
                    確かに
                    大きなサイズは今の時期
                    結構出ている
                    けど
                    寒い。
                    でもやることがないので
                    いく
                    さて
                    使ってるワーム
                    いまのとこで気づく人はいるはず
                    でかいんだよね
                    そこそこ
                    グラブがね
                    ゲーリーヤマモト6インチグラブ
                    釣れてるクロソイは20センチ程度
                    このサイズがなぜか高反応してくる
                    ベイトはカタクチ、チカといったところだと思うのだが
                    このサイズとベイトがあってるわけじゃない
                    うーむむ(・へ・?
                    と頭を捻っていたのだが。。
                    いまだ答えは見つからず
                    来年の持ち越し課題とした
                    サーチベイト的に使っていたのだけど
                    メインベイトになってるという。。。
                    だから釣りはおもしろいという典型な日々

                    201712:そろそろワカサギ:誘いおさらい編

                    0

                      ども

                      最近はショートでクロソイやりながら
                      メインはワカサギ仕掛け作成の夜の
                      おさーん46
                      ついこないだのこと
                      ある集まりにおよばれ(いや押しかけか)
                      ある女性(ほぼ釣り女子になった人たち)たちから
                      わかさぎの誘いってどうすんですか?
                      という問い。。。
                      雑誌の解説では
                      何秒間に何回の誘いとか
                      間を何秒持って
                      小さな誘いいれるとか
                      いろんな表現がされている
                      しかし
                      慣れて来ると
                      そういった誘いのパターンは
                      何を意識するべきなのか?
                      という
                      問題にあたるはず(あたらない人はたぶん天才的に釣れる人おさーんはそこそこの人)
                      おさーんの基本の誘い
                      手バネでやってる動作という風にみてほしい
                      1:ふわふわで一旦停止2秒これの繰り返し
                      2:1を3セット程度繰り返した後大きくしゃくってすとんを1回
                      つまり
                      2の大きくしゃくってすとんの動作
                      この動作は
                      釣りはじめのとき
                      ワカサギに見せ付けてアピールするというのを意識している
                      これがアタリを作り出す動作としている
                      そして
                      アタリがあっても乗りにくいという現象が出てきたとき
                      この大きくしゃくってすとんの動作が
                      集まっているワカサギに対しての
                      リセット動作という位置づけになるのよ
                      なぜか?
                      大きくしゃくって
                      わかさぎの群れから一旦仕掛けを引き離す動作となるため
                      次に仕掛けが落ちてくると
                      新しい何かが落ちてきた?
                      という意識をワカサギに持たせることになる
                      さて
                      ふわふわの部分
                      これは電動のたたき釣りのメインの誘いという位置になるわけだけど
                      これは
                      猫じゃらしと同じように
                      ワカサギに
                      じらしとアピールを仕掛けている動作と考えている
                      これ
                      魚探を持たずにワカサギをやっているということを忘れないでほしい
                      魚探があれば
                      最初の大きくしゃくってすとんの動作
                      これはある程度省略できることになる
                      魚探がないおさーんの場合
                      ある程度
                      場所を割り出して穴決めをするわけだが
                      そこにワカサギが確実に入ってくる保証がない
                      それだけ不利なのだが
                      そこをどうするかというのも
                      ひとつのゲームの組み立てと
                      現在は割り切っている
                      その不利な部分を
                      10数年
                      誘いと釣り場の割り出しで
                      カバーしてきた
                      以前はそれでも1000越えを数回やることもできた
                      なんとかなるときはなったりもする
                      正直
                      魚探は欲しい(本音)
                      魚探を持つと
                      おそらく誘いは変わるかもね

                      | 1/14PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 20170702 ボートで何釣る?…数年ぶりのシロギス
                        たいっつあん (07/07)
                      • 20170702 ボートで何釣る?…数年ぶりのシロギス
                        むぅ (07/07)
                      • 20170619…テンカラ行脚…イブニングにチャンスがあるなら行くでしょ
                        たいっつあん (06/24)
                      • 20170619…テンカラ行脚…イブニングにチャンスがあるなら行くでしょ
                        むぅ (06/21)

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM