201709??〜八戸メバル調査とその傾向

0

    ども

    今日はまじめな考察的なもので
    おさーん46です。
    さて
    ここ最近
    八戸港湾一帯
    メバルブームのようで
    夜にちょっと出かけて見ると
    メバル狙いの人がかなり。。。
    八戸からわざわざ夏泊に通ってる人も多かったので
    そういう人たちにはうれしいことなのでしょう
    そんな
    おさーん46も
    ちょっと調査的な意味合いで
    いい時間をスポット的に
    それも人がいないところを狙っています
    結論からいけば
    釣れます
    数やサイズうんぬんは抜いて
    まず傾向としては
    レギュラーサイズは
    ミニマムの10センチ程度かなと
    時折場所によっては
    25クラスも
    おさーん46は
    こないだ20クラスを確認
    うーん(・へ・?
    となっている状態
    生育域は全域
    北浜方面から蕪島エリアすべてで確認
    時速でいい時は10本
    底は1本とかもあり
    ジアイ
    まずめはあたりめーに出るし
    潮さえ動いてれば食いはそこそこ
    なんせ
    ご近所釣りは
    フルレングスでなんかやりません
    そんな非効率なことは
    やれる年齢ではない(・へ・←おさーんだから
    ちなみに
    使ってるルアーは
    調査なので
    1種のみ
    チビキャロスワンプ択一
    それをカラーローテのみ
    カラー傾向は
    水質のせいなのか
    マット系のものが良い感じ
    陸奥湾ならクリアー系しか使わないんだが(・へ・;
    こんなサイズが普通にぽこぽこあたる
    もちろんキーパーには程遠い。。。
    はっきりいえば
    なんで急激に釣れるようになったかは
    要因がはっきりしない
    昨年の今頃は
    さびきかなんかで釣れてのだろう
    岸壁に5センチくらいのを捨てるやつがいた(こういうやつは赦されない)
    おそらく去年のその群れが定着してる可能性が高い
    では
    この状況が今後も続くのか?
    と言う話
    これは期待していない
    なぜかといえば
    八戸港湾から階上にかけての沿岸部
    メバルやってる人間なら
    メバルにとっていい環境なのかは
    気づくはず
    自分も
    この状態で
    よく
    海タナゴがいるよなあっていつも関心するくらい(←ここがきも)
    夏泊から青森湾にかけてのメバルポイントと比較すれば
    おのずと期待できるかどうかは見えてくる
    昆布畑じゃメバルは繁殖できない
    結構シビアな魚なんだな
    逆に
    かさごのほうが
    増えるかもな
    という感想
    そして
    メバルにとっての一番のえさの存在
    これは
    こうなごなんだけど
    今年はこうなごがわいたからね
    これが好調維持してる要因なのかも
    まずは
    今後も釣れ続くだろうけど
    それがキープできるかどうかは
    いまんとこ
    50:50
    ではないか?
    小型のリリースはもとより
    港内の水質が
    藻の繁茂に適していくように
    環境を考えていくことも重要だと思う
    てなことで
    へばのー

    20170825後半〜朝はいくでしょサーフヒラメ

    0

      ども

      今年は天候不順でとじこもりぱなし
      おさーん46です
      前回の続き。。。
      尻労から移動。。。
      泊でやるか六ヶ所までもどるか
      ヒラメには早いので
      まずめ前にクロソイチェックをと。。。
      悩んだ挙句
      六ヶ所へ戻り
      クロソイチェック。。。
      しかし
      ちびっ子が4インチシャッドばっくりやってきた以外は無反応。。。
      六ヶ所もポテンシャル落ちてるのか
      まだ早いのか。。。
      あのころは、夏場が一番数でたのになぁ。。。
      と思いながらサーフへ
      車止めにはおいらだけ。。。
      うーむ台風で誰もこんかっただろうし。。。
      さくっと準備し
      今回は40センチの活かしバッカンも持つ
      クーラーと違って
      行きは軽い
      釣れたら
      海水入れてポンプ回して盛ってくればいい
      長さは40センチだから
      45クラスまでは余裕ではいるわけだ
      ※長さ40センチのバッカンでも斜めにすりゃ入るかんね
      意外とこれはいいのよ
      さて
      キャストしながら歩いていく
      長期間の台風によるうねりで
      ポイントはつぶれてしまった
      必然とカレントに絞っていく
      幸運なことに
      数箇所
      グッドなカレントが見えている
      がつんぐっ
      およ^皿^
      刺身だな^^
      43センチ
      活かしバッカンにぴったりのサイズである
      その後も
      かなりアタるが
      放流も放流サイズ
      25サイズが数枚ぴらん
      比較で入れてみた
      青森は
      35センチ以下は放流であるので
      もちろんリリースとなる
      それでも
      おいらの見てる前で
      2人ほど持ち帰る人たち
      見た目でわかるから困るんだな
      移動のたびに
      リリースサイズばかりなので
      終了
      その日は
      半身を薄作りにし
      3日後くらいに
      ひらめ漬け丼に
      殺めたものは
      丁寧に仕事して
      おいしく
      いただく
      てことで
      一晩かけてのプチ遠征
      まあまあ
      いい結果に終わったかなと
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      さて
      これを書いてる本日まで
      しばらく、
      八戸周辺でメバルをターゲットにして調査
      すでに
      港湾の主な釣り場では
      いろんな人たちが
      それなりに釣っていて
      釣り人を見かけるような状態
      まあ
      陸奥湾ほどでなくても
      それなりに
      釣れてるので
      必然なんだろうなと
      サイズは20センチまでは出てるらしく
      ※ちなみにおいらは15センチまでは確認
      アベレージは10センチ程度
      なので
      食べるサイズでもないし
      まとまった数も出るわけじゃない
      この傾向は
      陸奥湾復活前の兆候に似ている
      次回の記事は
      これについての記録とちょっとしたまとめを
      へばのー
      追記:
      ここ数週は
      みなさんが狙っていない場所
      つまり
      調査なんで
      開拓というより
      いったいどこで繁殖し生育してるのかの検証をしてる感じ

      20170825〜クロソイ行脚。。。尻労方面ぷちっと遠征

      0

        ども

        本日も台風の影響でつりがぼしゃってる
        おさーん46です
        8・25のブログを今書こうとしてるのですが
        あーめんどくせーな感じで
        すぅいまてぇえええええん
        本題
        給料日
        天気良好
        (・へ・?
        今のうち行っとくか(・へ・?
        晩秋ころに向けて
        いろいろクロソイ関連の下調べでの行動ちう
        なのですが
        この長い青森太平洋岸の漁港は
        じつんとこ
        八戸以北は
        数えるほどしかなく
        その割りに
        移動距離も長い。。。
        実にめんどくさいエリア
        まあ
        2時間もあれば
        尻労まではいけます
        いくべ(・へ・?
        ちなみに
        尻労と書いて
        しつかり
        do you understand?
        でっぱつ
        途中、氷かいーの
        めしかいーの
        市内抜けたのは19時
        一直線に走り
        21時ころ現着
        だーーーーーーーーーーーーーーーーれも
        いない
        漁港
        むつから遠いわけでもないのだが。。。
        17年ぶりくらいにきたな(・へ・?
        これで5回目。。。
        型はそんなに大きいの釣った試しはない
        しかし
        数だけは
        おそろすいいいほど
        いるはず
        いるはず
        いるはず
        れ(・へ・;
        最初に入った場所は
        なんか依然と地形が違う。。。
        あんれ(・へ・?
        あ(・へ・;
        漁港
        なんかかわってんな(・へ・;
        昔の記憶をたどり
        ぴゅ
        やはり大きくないが
        ごん
        と一発で食ってくる
        しばらくわんきゃすわんひっと状態
        サイズあがらんなー(・へ・;
        よくてこんなとこ
        一番良い時間は
        外してる
        いい時間に
        いい潮だったら
        もっとすんごいだろうなあと
        は思ったのだが
        やはりでかいの欲しい
        てことで
        いろいろ叩いていくと
        どす
        やや大きめ特有のアタリ
        いらっさい
        アタリの割にはまあキーパーかなというサイズ
        この後もでるがこまい
        うーん(・へ・?
        水深が意外と浅い
        昔の記憶から考えても
        そんなもんだとは記憶している
        てことで
        一番魚の薄そうなほうへ
        というのも
        今の時期
        こちらの黒ソイの特性上
        ベイトにべったりし始める時期でもある
        それを外して考えてみた
        突堤先端へ向かってみる
        ぴゅ
        手前でリトリーブをややとめると
        すん
        これも大型に良くあるアタリ
        おっとちょっとこれいんじゃねええ(・へ・?
        あ、ないな(ノД`)・゜・。
        そして
        いろいろポイントを叩き続けてみるが
        潮どまりとともに。。。
        終わった(・へ・;
        てことで
        移動したのであった
        次回は次のブログー
        へばの

        20170819ご近所クロソイ。。。シャローは鍵

        0

          んちゃ

          おさーん46です
          だいぶ前の釣行を書いていますが
          本音を言えば
          めんどくさい
          自分だけおもしろかったという感じでもええのかな
          ともたまに思うけど
          記録なので
          書きます
          これが後々の楽しい釣りになるわけで
          土曜出勤も終わり
          ちょいと行くか(・へ・?
          港湾へ
          以前から港内周りするときは
          まだやってない場所を叩くことが
          日課
          みたいなもんかな
          今回は
          あ、ここまだやってねえなという
          とこを見つけている
          ひとしきりたたき
          本命場
          対岸に一人
          ここはドシャロー絡み
          六ヶ所時代も似たようなとこよくやっていた
          こういう場所は
          ノーシンカー一択なんだけど
          まずはボトムチェック
          やっぱおるなあ
          おちびちゃん
          ワンキャスワンヒット
          はらへったので帰宅
          おまんまくって時計を見ると
          まだいけそやね(・へ・?
          また戻ってみた
          今度は地形把握したので
          ゲリヤマ4インチグラブノーシンカー
          すると
          どん
          まーまーのさいず
          すると
          友人のIくんからメッセージ
          階上で遊んでたらしく
          こちらへ来るという
          しばらくするとやってきた
          まずは
          例のロッドを試しに振ってもらう
          いろいろ目からうろこだったようだ
          それからいろいろと秘密の昔話
          時計を見るといい時間
          おらさきもどるーへばのー
          ってことで終了
          その後I君
          今回のポイントでの攻め方を早速地元で試して結果を
          出してきた
          タイトルにも書いているが
          これ夏のキーポイントだと
          感じる
          ベイトの種類にもよるのだけどね
          シャローに集まりやすいベイトが多ければ
          必然的にシャローを攻めればいい
          そのときの水面観察が非常に重要
          そして
          アジがメインベイトな場所は
          必然的に
          ディープなポイントを攻めるべき
          そこはみなさんけーすばいけーすでー

          20170814?〜クロソイ行脚六ヶ所めぐり〜

          0

            ども

            今年は梅雨明けと同時に長雨で
            ご機嫌ななめだった
            おさーん46
            今年は盆休みが長いので
            久々に六ヶ所へクロソイへいくべと
            。。。
            。。。
            。。。
            ずっとヤマセに雨
            話にならん(・へ・;
            少しだけ天気が上向きそうな日が
            行くか。。。
            明るい時間からでかけ
            チェックしていくが
            かつてのポイントの大半は
            立ち禁
            以前から知ってるのだけど(それもあり行くのを控えていた)
            ここまで入れない場所だらけだと
            逆に絞込みもしやすい
            そこで
            北上し
            他の漁港もチェックしていく
            今回の目的は
            これからのシーズン以降の下調べ
            なので
            釣りよりはポイントチェックのほうが優先でもある
            こんなサイズが中心
            ぽつぽつと出る
            泊のほうが魚は多い感じ
            一晩かけてチェックをしていき
            最後に
            うなぎ犬
            もとい
            どんこのでかいのがきたとこで終わり
            朝にサバの回遊待ちをしていたが
            Noサバだったので
            終了
            まあ、だめだめな釣行だったかな(・へ・?
            へばのー

            20170805・・・新井田のハゼは例年並

            0

              ども

              ハゼ大好き
              おさーん46です
              去年の今頃は
              はぜ三昧だった記憶
              しかし
              試しの状況がすこぶるわるい。。。
              台風の増水も重なり
              このタイミングは厳しいかもと思ったけど
              餌が冷蔵庫にあるので
              やってみるが(´・_・`)
              小さいでしょ?
              ここできはぜの沸く場所
              見えませんのはぜが
              これはこまったねえ
              いつもなら15センチサイズがかなりでるのに。。。
              ここをあきらめ
              八仙裏へ
              すると関東ナンバーの親子
              どんですう?
              いやあそこそこ
              30はいったかな(・へ・?
              えええ?
              みせてみせて^^
              するといつものレギュラーサイズが活かしバケツの中で元気に泳いでいる
              いやあ先週までぜんぜんだめだったんですよう(´・_・`)
              といろいろ話し
              いつもの5.4mのべ竿を継いだ
              タイミング的には一旦ジアイは小休止なので
              アタリをつけて
              たまってる場所を探していく
              ジアイのころ
              おおお
              いつものさいずだ^^
              そこからコンスタントに抜いていく
              しかし
              例年よりもサイズはやはり小さめが多い
              それでも数の出方が例年と変らず
              去年はかなりよかったので
              それと比較すると
              7割程度のアタリの出方
              最終的には42匹(デキサイズはリリース済み)
              もちろん
              これでしょ^皿^
              楽しい釣りですな^^
              さて
              今年は去年のように
              数ばかりは追いません
              まだまだ冷蔵庫には
              たくさんのお魚おりますので
              では
              楽しい釣りを楽しみませう
              へばのー

              201707後半・・・久々の相棒なロッド

              0

                 

                ども

                楽しい釣りしてますか?
                おさーん46です
                さていきなりのロッドの画像
                久々にルアーロッドを”誂えて”いただきました
                製作は
                Custom rod 英咲 - hanasaki
                アメブロ時代に出会った
                西谷さんがカスタムビルダーとして活躍しているブランド
                オーダーメイドロッドのメーカーです
                なので
                ”誂えた”わけです
                今回のロッドは
                真狂SP
                青森にも数本入ってるロッドです
                青森では主にマダイのひとつテンヤで活躍しているロッド
                しかし
                このロッド
                シーバス、キジハタ、黒鯛 などなど
                実に汎用性に幅のあるロッド
                先はソリッド
                先端側のガイドはDBガイドです←このロッドの実は重要な部分
                ついでにリールのストラディック2500sを新調
                これはすでに導入した2000HGSから
                今後の定番として購入
                到着してから2,3日後
                いつものように定時終了で港湾へ
                まずは
                西やんから聞いてた特長を考えながらキャスト
                実に楽に飛ぶという印象
                シンカーは5gでスタート
                着底感度は
                ソリッドとは思えない手感度
                ワームはベビードラゴン2インチ
                小型の割りにやや微振動が強いワームなんだが
                リフトすると
                ビリビリと振動が伝わる
                ^^!
                実に欲しかった感度
                ソリッドで手感度があるロッドを探していたのだが
                西やんからこのロッドを聞くまで
                このようなロッドにあたったことがない
                ※感度を店頭で確かめる独自な方法があるんだけどね
                慣れないと簡単にはわかりません
                さて
                リフト&フォールを繰り返すと
                こっ
                アタリだ!
                通常チューブラーだとここから神経戦的な駆け引きが始まるときもあるのだが
                すーーーっ
                とワームを吸い込んでもっていく感触
                いつもの感覚であわせると
                25クラスのクロソイ
                いつもならこのタイミングであわせても
                口元にかかるけど
                完全に飲み込んでいた
                つまり
                ソリッドのおかげで抵抗感が軽減されているわけだ(・・;)
                そしてDBガイドを配置することで
                通常のソリッド穂先よりも
                戻りが早い=感度増大などたくさんの優位性が出てくる
                ※この感覚を身近に知る方法として
                カレイ竿でDBガイドのものと
                現在のKガイドのものと比べてみるとわかるはず
                一投目でかけて
                すぐリリース
                そして再度キャスト
                珍しいゲスト
                八戸で最近増えているカサゴ
                おかっぱりでは初めての魚だ※竜飛では1度ジギングで釣っている
                なかなかおもしろい魚だった
                調査のためにキープ
                翌日
                同じ場所へ
                数投げで35アブラメ
                こいつもサイズ的にはなかなかバイトをヒットに持ち込みにくいのだが
                最初のバイトを外した後
                再度誘いし
                セカンドバイトをややテンションで食い込ませた
                これもソリッドの強みといえる
                そして
                パワーも余裕でぶち抜き
                パワーのあるメバルロッドでは抜くには躊躇するサイズ
                その後も練習とテストのために
                時間を見ては港湾に
                わかってきたのは
                クロソイやアブラメのサイズを
                バイトで判別、見切りがしやすくなった
                それだけ感度の向上は大きいといえる
                さて今回これをオーダーした最大の理由は
                クロソイハントが主力であり
                対アブラメも余裕でいける港湾用ロッド
                サイズはもちろんすべて40オーバーまでを範疇にしたものを
                想定している
                つっても
                80マダイやシーバスの70クラスが
                普通に揚げられているロッド
                なので
                一見オーバースペックにも思えるかもしれない
                けどね
                簡単に勝負できないような場所に
                40クラスのクロソイって結構おりますな
                六ヶ所時代
                なめて掛かったポイントで
                取材中謎のラインブレイク多発
                その敵討ちで次入ったとき
                かなりきつめのタックルで勝負したのが
                こいつらだった
                目的はこのサイズよりも上
                しかし
                このサイズをとれる場所
                さまざまな難関もある
                そのために
                9mのタモの柄と
                ネットも新たに新調
                そして
                そもそも
                繊細なアタリもとれて
                ロッドもパワーがないと
                勝負できない
                そんなロッドを探して
                たどりついた
                これがそんなロッド
                てことで
                ひさびさに
                戦えるロッドをもった
                おさーん46
                今後がいろいろと楽しみなのでR
                へばのー

                20170801 三社大祭初日の風景〜まちに残る風景〜

                0

                  ども

                  おさーん46です
                  みなさん
                  祭り大好きですか?
                  おさーん46も
                  昔は
                  ねぶたバカのひとり
                  そんな八戸に流れてきてからも
                  三社大祭のすばらしさに酔う季節である
                  画像は
                  今年のYS山車組の作品
                  そんなまつりがまちにしっかり残ってる
                  本日の一こま

                  ------------------------------------------------------------------------------------------

                   

                  毎度のことながら


                  宝来食堂ののれんをくぐると


                  祭り初日はいつものように


                  がらんとした風景

                   

                  そんなときは
                  かあさんと2,3の会話を交わす

                   

                  いつもの
                  らーめんとてんぷらが運ばれてくると

                   

                  鍛冶町の山車組の門付け

                   

                  かあさん


                  引き出しから
                  ご祝儀袋を出し
                  志を入れて手渡す

                   

                  組の長が
                  御礼の言葉を言った後

                   

                  音頭取りが

                  口上とともに
                  音頭を謡う

                   

                  ひとしきり終わった後

                   

                  長が

                   

                  子供たち10人ばかりいいですか?

                  かあさんも

                  いいよ

                  今年は暑くもない祭りだが

                   

                  町内を歩きまわった子供たちに

                   

                  長から料理が振舞われる

                   

                  そんなまちかどに

                   

                  祭りの風景が

                   

                  今も残っているのが

                   

                  八戸というまち

                  -------------------------------------------------------------------------------------------------

                  とまあ
                  久しぶりにブログへ
                  まじめな文章かいてみたのだん
                  へばのー

                  20170722太平洋岸のシロギス。。。

                  0

                    ども

                    今年はどうやらハゼが不調そうなので
                    次の楽しい釣りを考えちゅう
                    おさーん46です
                    楽しい釣りしてますか?
                    さて
                    前回のヒラメのとき
                    実は
                    初回は2本立てで釣行
                    そのもうひとつの目的は
                    シロギス
                    おさーん46の釣りのルーツに
                    投げ釣りがR
                    小学生からずーっとやってるものが
                    投げ釣り
                    しかし
                    シロギスのような投げてさびくような釣りは
                    短大時代からだった
                    当時は一所懸命に投げていた
                    しかし
                    今のシロギスのスタイルは
                    シーバスロッド10ftに10号自作テンビンで5本針
                    時には10本もだすけどね
                    ライトタックルで中近投で数を狙う釣り
                    これがまたたのしーーーーー
                    本題へ。。。
                    ヒラメのジアイもすぐに終わり
                    そそくさと移動
                    六ヶ所村周辺は太平洋岸でもコンスタントとはいかないが
                    狙ってシロギスが釣れるのだ
                    しかし。。。
                    あら(・・;)
                    いつもの場所でアタリがでない。。。
                    (・へ・?
                    はずれ年かな(・へ・?
                    いんやあすこもあるか。。。
                    ちょいと移動して数投。。。
                    キタ━(゚∀゚)━!!
                    まあまあ悪くないサイズで15センチクラス
                    しかし
                    このポイント。。。
                    いわゆるちょい投げで狙える範囲でアタリがある上に
                    それ以上投げると
                    根がかり
                    まあ
                    春のマコガレイでもちょー遠投かちょーちょい投げかのポイント
                    しかし
                    その根がかり場は
                    アマモが密生
                    シロギスがつくのも納得である
                    結構太いのも釣れて来た
                    しかし
                    大雨警報の村内放送が。。。
                    やむなく撤収となる
                    温泉入って戻ってきた
                    ほんの1時間であれば妥当な匹数かな
                    六ヶ所港湾でのキス釣りポイントは
                    港内の砂場を探せば
                    眠ってるポイントはかなり出てくる
                    ただし
                    できれば
                    ツータックル
                    おさーん46が使ってるようなシーバスロッドでの引き釣りタックル
                    (※これはあくまでもおさーん46お楽しみなタックルである)
                    のような釣り方は、通常の投げ竿20号程度の引き釣りタックルを持ち込めばOK
                    そして
                    いわゆる今流行のちょい投げタックルで
                    2本針仕掛けのもの
                    この2つあれば
                    楽しい釣りができるはず
                    今回のポイントは
                    本来なら
                    ちょい投げタックルで十分釣りができる
                    このようなライトタックルでシロギスを狙ってみると
                    わかるのだが
                    とんでもなくでかいアタリがでる
                    シロギスの醍醐味は
                    このアタリだと思う
                    9月一杯までは釣れ続くはず
                    また
                    六ヶ所より北へ行けば
                    新たにポイントはみつかるかもしれない
                    てんぷらの旨さは天下一品
                    日本海のように
                    100匹を狙うことはできずとも
                    食べる分なら
                    誰でも釣れますへ
                    へばのー

                    201707後半ヒラメ行脚の再開

                    0

                      ども

                      10連休も終わり
                      あと少しで祭りも終われば
                      冬がやってくる土地に住む
                      おさーん46です
                      みなさん
                      楽しい釣りしてますか?
                      連休中からメバルやらなんやらしてますが
                      去年であった友達のMくん
                      今年も順調に
                      ヒラメキラーとして連日の浜通い
                      先日、今年度50枚目到達したそうな
                      さすがであるなー
                      おいらニャ無理だorz
                      小女子沸いてる話から
                      ご近所港湾のメバルいれぽん状態につながるんだけど
                      まあ、ヒラメもいいなあって
                      おい
                      元砂ふぇちだったべお前
                      (・へ・?
                      あ(・へ・;
                      そういえば
                      震災の起きる前
                      八戸の界隈のサーフをいろいろ歩いてみた
                      それなりに結果も出してはいたのだが
                      当時は休日の一番の時間にサーフを歩いても
                      釣り人を見たことがなかったな、、、
                      いまでは人が並んでる場合もある
                      10年一昔とはよういったもんで
                      そんなこと思い出しながら
                      海アメに使っていたショアガンフラットエディションを携えて(←そもそもヒラメ専用)
                      自分ものっかってみた
                      そもそも小女子の話を聞いたのも
                      なんとなし
                      サーフにいったらMくんと出くわしたことからでもある
                      そのときは完全すこんくである(予想通り)
                      さて
                      仕切りなおし
                      15年以上前のホームである
                      六ヶ所村方面へ
                      2年間すんで毎日が釣り漬けだった場所である
                      チャンスは夜明け寸前だろうなと
                      そそくさ支度し
                      サーフへ
                      ルアーはスピンビーム
                      最近流行のヒラメ専用タイプジグ
                      Mくんお勧めのフリッパーとこれを主体にローテーションの予定
                      しかし
                      いきなし
                      がつん
                      数年ぶりのヒラメのあたり
                      以下にもぎり放流サイズである
                      ちゃちゃっとリリースしすぐキャスト
                      がつんぎゅん
                      これは食えるサイズだなこりゃ
                      もう最近はサイズはどうでもよく
                      キープできるかどうかでよくなってるおさーん46である
                      38センチ
                      なかなか40の壁は高い
                      まあ、目的はこれだから
                      おいしゅういただきました
                      そして次の週
                      そう昨日のこと
                      同じように出かけるのだが
                      気象は持つ予報ではない
                      朝の数時間しか勝負タイムじゃないからすぐに向かう
                      いやん
                      ソゲもソゲがぴらん
                      少し粘るが出そうな雰囲気もなく
                      空から遠雷の音
                      こりゃやばいか(´・_・`)
                      陸にあがってもしばらくは
                      雨もなかったが
                      移動中に降ってきた
                      そして温泉に入って帰宅
                      その後本日は大雨と増水状態である
                      とりあえず
                      今後は、時間を見てご近所へも通ってみる予定
                      感じたのは
                      ベイトよりも
                      個体数がここ2年で増えてる感じはしている
                      これが吉となればいいのなー
                      実際に、サバ狙いで外道のヒラメという定式はすでに決まってきてる
                      それだけ数はいるという見方
                      依然よりは攻略の幅は広いのではないか
                      そんな感じで見ているおさーん46
                      では
                      へばのー

                      | 1/11PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 20170702 ボートで何釣る?…数年ぶりのシロギス
                        たいっつあん (07/07)
                      • 20170702 ボートで何釣る?…数年ぶりのシロギス
                        むぅ (07/07)
                      • 20170619…テンカラ行脚…イブニングにチャンスがあるなら行くでしょ
                        たいっつあん (06/24)
                      • 20170619…テンカラ行脚…イブニングにチャンスがあるなら行くでしょ
                        むぅ (06/21)

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM