スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.08.04 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    あなたは海難事故に遭遇したことがありますか?経験者しか知らない救命胴衣の話。。。なぜ、救命胴衣が必要か?

    0

      いつも軽いノリのおいらのブログですが、、、

      たまには、真面目な記事でも(昔は真面目な原稿も書いてたんですよ)

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      あれは、20数年前のこと。
      乗船していた漁船がいきなり故障し、船底に穴が開きました。

      季節は2月。

      極寒の津軽海峡。

      沖合い300mでのできごとです。

      喫水線がだんだんと、海面に近づいていきます。

      船長は、

      みな、救命胴衣のまた紐しめたか?

      とびこむぞ!!

      乗船者は確か6名だったと思います。

      覚悟を決めて飛び込みました。

      そのまま沈んでしまえば、私たちは船に巻き込まれ、間違いなく、死の近道を歩むことになります。

      岸までは、目視で300mほど。

      行けそうだと、僕は思いました。

      飛び込んだ瞬間、海は温かった。

      当然でしょう、いくら晴天でも、外気温は、氷点下。

      海水温は、9℃程度。

      生暖かいのです。

      ぼくらは暢気に泳ぎだします。

      けれど、だんだん力が抜けていきます。。。

      でじょぶかああ???

      気づくとぼくは、小さな伝馬船の乗船者に、首根っこを引っつかまれ、

      そのまま、先に見えていた砂浜まで、

      水の中に体半分浸かったまま、引っ張られていきました。

      そのまま、救急車へぼくらは押し込まれ、病院へ搬送。。。

      その中で、ぼくは吐きました。それだけ消耗していたのです。

      一人は、死に掛けました。低体温症候群。。。

      なんとか全員助かりました。

                           ※当時の模様は、青森の地元新聞にも掲載されました。。。


      ぼくらは運が良かったのです。

      いつもなら出稼ぎに出てしまうような時期に、漁協の監視に詰めていた漁師さんが、私たちをみつけたのです。

      遭難から救助までものの10分ほどだったそうです。

      漁師さんは、すぐに消防を手配、べたなぎの海を小型の伝馬船2艘で救助に来たのでした。

      でもそれだけで助かったのでしょうか???


      ”みな、救命胴衣のまた紐しめたか?”

      これが一番の要因なのです。

      冬の船の釣りは、みな着膨れの状態です。

      その状況で救命胴衣なしで飛び込んだら、みな溺死でしょう。。。

      救命胴衣の大きな役目は、浮力です。

      泳ぐためのものではありません。

      浮かぶためのものです。

      この状況で泳ぐことは、実は命を縮める行為です。

      泳ぐことで、ぼくは、体力を奪われていったのです。

      お医者さんは言いました。


      後、20分遅れたら、全員死んでいたと。

      救命胴衣が無ければ、今回の救助タイムでも皆さん死んでいましたよと。

      まさに僕らは救命胴衣に助けられました。。。

      この救命胴衣、これで4枚目です。

      最初に購入した救命胴衣は、この事故のときに着用し、僕を助けてくれました。

      その後、サブとして今も実家の倉庫の奥に眠っています。

      その後もいろいろと自分なりに選び、毎回、安全性を確認しながら購入しています。

      このほかにも、自動膨張タイプのものも所有しています。

      基本的な着用方法を守らないと実は、なんの役にも立ちません。

      海に落ちた際に、頭から、すっぽ抜けます。

      着用タイプは2種存在し、

      釣りで使用するものは、

      また紐装着タイプが主です。

      海難救助品に多いのは、胴を締め付けて着用するタイプですが、

      動きの多い釣りでは、使うことがほとんどありません。

      また紐タイプに30年以上お世話になっています。

      これは釣りに限った話ではありません。

      水辺で遊ぶ人にとって、事故はつき物と言ってよいでしょう。

      そして、災害時にも救命胴衣は、必ず役立つものです。

      モンベルさんでは、震災のことを考え、子供たち用の救命胴衣も考案、リリースしています。

      最近では、お子さん用のレジャー用救難胴衣もたくさん販売されています。

      ぜひ、水辺で遊ぶときには、着用をお願いいたします。

      今回は、ちょっとしたさわりとして、基本的かつ重要なことだけを書かせていただきました。。。

       


      | 1/1PAGES |

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM