20170428・・・やっとこさ釣れたまこがれい

0

    さて

    いよいよブログ本格的に再開できそうです。
    先週まで
    本命のマコガレイにふられまくれ
    もういいかなんぞ思うこともなく。。。
    朝は、やまうど探しに行きながら
    岩魚をばらし。。。orz
    泣く泣く下山
    餌を確保後
    漁港ストアにてお昼を食べて
    一路
    気になってた場所へ
    県境であります
    今回は漁港なので
    昔懐かしの
    半遊動タイプの胴付仕掛けと
    遠投テンビン胴付
    の2本立て
    それにちょい投げ用にシーバスロッドに全遊動テンビンに吹流しスタイルで
    狙いは
    夕まづめ勝負
    そうそう
    餌は
    エラコ
    釣り場で剥いて塩で〆て使います(それでもフルキャストはほぼしない)
    適当に遠中近したいのですが。。。
    錘単体で底ちぇーーーーく
    砂地はスポット的というより
    ある一帯に広がってる感じ
    ヽ(゚▽、゚)ノ 
    いたらたまってるなこりゃ
    笑いが笑いが。。。
    砂地に3本ぶち込みます
    えらこ剥きをしながら竿先をみますが
    フォローの風強く
    アタリなんだがわがんねおん。。。
    1時間ほどアタリなく。。。
    ちょい投げロッドで、ちょっと大きく場所をずらしてキャスト
    他の2本打ち直し
    しばらくすると
    だるん。。。
    カレイ独特のアレ
    打ち直した2本のテスト仕掛けのほう
    ヽ(゚▽、゚)ノ ウヘヘヘ
    いきなしの30アップ(すんまそん、メジャーなんかもってきてないのです。すべては、仕掛けで長さは判断できるので)
    そこから、20分間隔であたる
    これはちょい投げにきた30アップ
    まあでも35センチ前後やなあと
    贅沢な愚痴(←つい最近まで撃沈してた人のいうことではない)
    ぬお
    きよったヽ(゚▽、゚)ノ ウヘヘヘ
    40アップ
    上針に来たんで激しいアタリではあった
    つかね
    全部30超えてることに
    (・へ・;
    そして
    時間的にまだ2時間もたっていない
    時間に関しては、完全によみどおりではある
    ジアイの想定をその時間と見ていたからだ
    そうなると
    サイズや数なんかより
    その的中に
    ヽ(゚▽、゚)ノ ウヘヘヘ
    が止まらなくなる
    だんだんと日は沈みかけ
    またもや40アップ
    ここから当初の予定では、日没から1時間は釣れる可能性ありかなと思っていたが
    コンディション的には夜はないと判断できた(そこはまだ内緒)
    最後に泣き尺が来て終了。。。
    4時間ほどで5枚
    数が釣れる陸奥湾と違って
    数はこんな感じだろうなと
    でもまあでかいわ
    さて、確認も必要だなと思い翌日も行くことに
    どうなることやら
    胃の中を確認してみたが
    ほぼ消化状態だったけど、
    内容物の色からすると
    えらこそのものを食ってるという印象
    今回感じたのは
    事前に作ってみた塩えらこはぜんぜん見向きもされていないこと
    同じ塩えらこでも、その場で剥いて塩〆したほうが食いはかなりいいように感じた
    これも完全な判断ができるまで難しいかもだけど
    ただいえるのは、青いそめとの使い分けはかなり有効だと感じた
    なにせ八戸に転居するまで
    えらこはすでに手に入らない餌となっていたからだ
    超遠投は青いそめを使った塩いそめ
    それ以外はえらこという算段もできるかな
    まあ、投げ釣りとしては5年ぶり
    カレイの投げ釣りは、15年ぶりのこと
    道具も古くなってガタがきている
    そろそろ少しずつ入れ替えしていく予定。。。
    評価:
    ---
    SHIMANO(シマノ)
    ¥ 20,911
    (2015-04-21)
    コメント:最近の投げ専用リールでおすすめのひとつPEでカレイをやる場合ドラグフリースタイルが最適ナイロンであれば、ドラグ無しでもいけるが、汎用性はよくない。


    | 1/1PAGES |