201709??〜八戸メバル調査とその傾向

0

    ども

    今日はまじめな考察的なもので
    おさーん46です。
    さて
    ここ最近
    八戸港湾一帯
    メバルブームのようで
    夜にちょっと出かけて見ると
    メバル狙いの人がかなり。。。
    八戸からわざわざ夏泊に通ってる人も多かったので
    そういう人たちにはうれしいことなのでしょう
    そんな
    おさーん46も
    ちょっと調査的な意味合いで
    いい時間をスポット的に
    それも人がいないところを狙っています
    結論からいけば
    釣れます
    数やサイズうんぬんは抜いて
    まず傾向としては
    レギュラーサイズは
    ミニマムの10センチ程度かなと
    時折場所によっては
    25クラスも
    おさーん46は
    こないだ20クラスを確認
    うーん(・へ・?
    となっている状態
    生育域は全域
    北浜方面から蕪島エリアすべてで確認
    時速でいい時は10本
    底は1本とかもあり
    ジアイ
    まずめはあたりめーに出るし
    潮さえ動いてれば食いはそこそこ
    なんせ
    ご近所釣りは
    フルレングスでなんかやりません
    そんな非効率なことは
    やれる年齢ではない(・へ・←おさーんだから
    ちなみに
    使ってるルアーは
    調査なので
    1種のみ
    チビキャロスワンプ択一
    それをカラーローテのみ
    カラー傾向は
    水質のせいなのか
    マット系のものが良い感じ
    陸奥湾ならクリアー系しか使わないんだが(・へ・;
    こんなサイズが普通にぽこぽこあたる
    もちろんキーパーには程遠い。。。
    はっきりいえば
    なんで急激に釣れるようになったかは
    要因がはっきりしない
    昨年の今頃は
    さびきかなんかで釣れてのだろう
    岸壁に5センチくらいのを捨てるやつがいた(こういうやつは赦されない)
    おそらく去年のその群れが定着してる可能性が高い
    では
    この状況が今後も続くのか?
    と言う話
    これは期待していない
    なぜかといえば
    八戸港湾から階上にかけての沿岸部
    メバルやってる人間なら
    メバルにとっていい環境なのかは
    気づくはず
    自分も
    この状態で
    よく
    海タナゴがいるよなあっていつも関心するくらい(←ここがきも)
    夏泊から青森湾にかけてのメバルポイントと比較すれば
    おのずと期待できるかどうかは見えてくる
    昆布畑じゃメバルは繁殖できない
    結構シビアな魚なんだな
    逆に
    かさごのほうが
    増えるかもな
    という感想
    そして
    メバルにとっての一番のえさの存在
    これは
    こうなごなんだけど
    今年はこうなごがわいたからね
    これが好調維持してる要因なのかも
    まずは
    今後も釣れ続くだろうけど
    それがキープできるかどうかは
    いまんとこ
    50:50
    ではないか?
    小型のリリースはもとより
    港内の水質が
    藻の繁茂に適していくように
    環境を考えていくことも重要だと思う
    てなことで
    へばのー

    20170825〜クロソイ行脚。。。尻労方面ぷちっと遠征

    0

      ども

      本日も台風の影響でつりがぼしゃってる
      おさーん46です
      8・25のブログを今書こうとしてるのですが
      あーめんどくせーな感じで
      すぅいまてぇえええええん
      本題
      給料日
      天気良好
      (・へ・?
      今のうち行っとくか(・へ・?
      晩秋ころに向けて
      いろいろクロソイ関連の下調べでの行動ちう
      なのですが
      この長い青森太平洋岸の漁港は
      じつんとこ
      八戸以北は
      数えるほどしかなく
      その割りに
      移動距離も長い。。。
      実にめんどくさいエリア
      まあ
      2時間もあれば
      尻労まではいけます
      いくべ(・へ・?
      ちなみに
      尻労と書いて
      しつかり
      do you understand?
      でっぱつ
      途中、氷かいーの
      めしかいーの
      市内抜けたのは19時
      一直線に走り
      21時ころ現着
      だーーーーーーーーーーーーーーーーれも
      いない
      漁港
      むつから遠いわけでもないのだが。。。
      17年ぶりくらいにきたな(・へ・?
      これで5回目。。。
      型はそんなに大きいの釣った試しはない
      しかし
      数だけは
      おそろすいいいほど
      いるはず
      いるはず
      いるはず
      れ(・へ・;
      最初に入った場所は
      なんか依然と地形が違う。。。
      あんれ(・へ・?
      あ(・へ・;
      漁港
      なんかかわってんな(・へ・;
      昔の記憶をたどり
      ぴゅ
      やはり大きくないが
      ごん
      と一発で食ってくる
      しばらくわんきゃすわんひっと状態
      サイズあがらんなー(・へ・;
      よくてこんなとこ
      一番良い時間は
      外してる
      いい時間に
      いい潮だったら
      もっとすんごいだろうなあと
      は思ったのだが
      やはりでかいの欲しい
      てことで
      いろいろ叩いていくと
      どす
      やや大きめ特有のアタリ
      いらっさい
      アタリの割にはまあキーパーかなというサイズ
      この後もでるがこまい
      うーん(・へ・?
      水深が意外と浅い
      昔の記憶から考えても
      そんなもんだとは記憶している
      てことで
      一番魚の薄そうなほうへ
      というのも
      今の時期
      こちらの黒ソイの特性上
      ベイトにべったりし始める時期でもある
      それを外して考えてみた
      突堤先端へ向かってみる
      ぴゅ
      手前でリトリーブをややとめると
      すん
      これも大型に良くあるアタリ
      おっとちょっとこれいんじゃねええ(・へ・?
      あ、ないな(ノД`)・゜・。
      そして
      いろいろポイントを叩き続けてみるが
      潮どまりとともに。。。
      終わった(・へ・;
      てことで
      移動したのであった
      次回は次のブログー
      へばの

      20170819ご近所クロソイ。。。シャローは鍵

      0

        んちゃ

        おさーん46です
        だいぶ前の釣行を書いていますが
        本音を言えば
        めんどくさい
        自分だけおもしろかったという感じでもええのかな
        ともたまに思うけど
        記録なので
        書きます
        これが後々の楽しい釣りになるわけで
        土曜出勤も終わり
        ちょいと行くか(・へ・?
        港湾へ
        以前から港内周りするときは
        まだやってない場所を叩くことが
        日課
        みたいなもんかな
        今回は
        あ、ここまだやってねえなという
        とこを見つけている
        ひとしきりたたき
        本命場
        対岸に一人
        ここはドシャロー絡み
        六ヶ所時代も似たようなとこよくやっていた
        こういう場所は
        ノーシンカー一択なんだけど
        まずはボトムチェック
        やっぱおるなあ
        おちびちゃん
        ワンキャスワンヒット
        はらへったので帰宅
        おまんまくって時計を見ると
        まだいけそやね(・へ・?
        また戻ってみた
        今度は地形把握したので
        ゲリヤマ4インチグラブノーシンカー
        すると
        どん
        まーまーのさいず
        すると
        友人のIくんからメッセージ
        階上で遊んでたらしく
        こちらへ来るという
        しばらくするとやってきた
        まずは
        例のロッドを試しに振ってもらう
        いろいろ目からうろこだったようだ
        それからいろいろと秘密の昔話
        時計を見るといい時間
        おらさきもどるーへばのー
        ってことで終了
        その後I君
        今回のポイントでの攻め方を早速地元で試して結果を
        出してきた
        タイトルにも書いているが
        これ夏のキーポイントだと
        感じる
        ベイトの種類にもよるのだけどね
        シャローに集まりやすいベイトが多ければ
        必然的にシャローを攻めればいい
        そのときの水面観察が非常に重要
        そして
        アジがメインベイトな場所は
        必然的に
        ディープなポイントを攻めるべき
        そこはみなさんけーすばいけーすでー

        20170814?〜クロソイ行脚六ヶ所めぐり〜

        0

          ども

          今年は梅雨明けと同時に長雨で
          ご機嫌ななめだった
          おさーん46
          今年は盆休みが長いので
          久々に六ヶ所へクロソイへいくべと
          。。。
          。。。
          。。。
          ずっとヤマセに雨
          話にならん(・へ・;
          少しだけ天気が上向きそうな日が
          行くか。。。
          明るい時間からでかけ
          チェックしていくが
          かつてのポイントの大半は
          立ち禁
          以前から知ってるのだけど(それもあり行くのを控えていた)
          ここまで入れない場所だらけだと
          逆に絞込みもしやすい
          そこで
          北上し
          他の漁港もチェックしていく
          今回の目的は
          これからのシーズン以降の下調べ
          なので
          釣りよりはポイントチェックのほうが優先でもある
          こんなサイズが中心
          ぽつぽつと出る
          泊のほうが魚は多い感じ
          一晩かけてチェックをしていき
          最後に
          うなぎ犬
          もとい
          どんこのでかいのがきたとこで終わり
          朝にサバの回遊待ちをしていたが
          Noサバだったので
          終了
          まあ、だめだめな釣行だったかな(・へ・?
          へばのー

          201707後半・・・久々の相棒なロッド

          0

             

            ども

            楽しい釣りしてますか?
            おさーん46です
            さていきなりのロッドの画像
            久々にルアーロッドを”誂えて”いただきました
            製作は
            Custom rod 英咲 - hanasaki
            アメブロ時代に出会った
            西谷さんがカスタムビルダーとして活躍しているブランド
            オーダーメイドロッドのメーカーです
            なので
            ”誂えた”わけです
            今回のロッドは
            真狂SP
            青森にも数本入ってるロッドです
            青森では主にマダイのひとつテンヤで活躍しているロッド
            しかし
            このロッド
            シーバス、キジハタ、黒鯛 などなど
            実に汎用性に幅のあるロッド
            先はソリッド
            先端側のガイドはDBガイドです←このロッドの実は重要な部分
            ついでにリールのストラディック2500sを新調
            これはすでに導入した2000HGSから
            今後の定番として購入
            到着してから2,3日後
            いつものように定時終了で港湾へ
            まずは
            西やんから聞いてた特長を考えながらキャスト
            実に楽に飛ぶという印象
            シンカーは5gでスタート
            着底感度は
            ソリッドとは思えない手感度
            ワームはベビードラゴン2インチ
            小型の割りにやや微振動が強いワームなんだが
            リフトすると
            ビリビリと振動が伝わる
            ^^!
            実に欲しかった感度
            ソリッドで手感度があるロッドを探していたのだが
            西やんからこのロッドを聞くまで
            このようなロッドにあたったことがない
            ※感度を店頭で確かめる独自な方法があるんだけどね
            慣れないと簡単にはわかりません
            さて
            リフト&フォールを繰り返すと
            こっ
            アタリだ!
            通常チューブラーだとここから神経戦的な駆け引きが始まるときもあるのだが
            すーーーっ
            とワームを吸い込んでもっていく感触
            いつもの感覚であわせると
            25クラスのクロソイ
            いつもならこのタイミングであわせても
            口元にかかるけど
            完全に飲み込んでいた
            つまり
            ソリッドのおかげで抵抗感が軽減されているわけだ(・・;)
            そしてDBガイドを配置することで
            通常のソリッド穂先よりも
            戻りが早い=感度増大などたくさんの優位性が出てくる
            ※この感覚を身近に知る方法として
            カレイ竿でDBガイドのものと
            現在のKガイドのものと比べてみるとわかるはず
            一投目でかけて
            すぐリリース
            そして再度キャスト
            珍しいゲスト
            八戸で最近増えているカサゴ
            おかっぱりでは初めての魚だ※竜飛では1度ジギングで釣っている
            なかなかおもしろい魚だった
            調査のためにキープ
            翌日
            同じ場所へ
            数投げで35アブラメ
            こいつもサイズ的にはなかなかバイトをヒットに持ち込みにくいのだが
            最初のバイトを外した後
            再度誘いし
            セカンドバイトをややテンションで食い込ませた
            これもソリッドの強みといえる
            そして
            パワーも余裕でぶち抜き
            パワーのあるメバルロッドでは抜くには躊躇するサイズ
            その後も練習とテストのために
            時間を見ては港湾に
            わかってきたのは
            クロソイやアブラメのサイズを
            バイトで判別、見切りがしやすくなった
            それだけ感度の向上は大きいといえる
            さて今回これをオーダーした最大の理由は
            クロソイハントが主力であり
            対アブラメも余裕でいける港湾用ロッド
            サイズはもちろんすべて40オーバーまでを範疇にしたものを
            想定している
            つっても
            80マダイやシーバスの70クラスが
            普通に揚げられているロッド
            なので
            一見オーバースペックにも思えるかもしれない
            けどね
            簡単に勝負できないような場所に
            40クラスのクロソイって結構おりますな
            六ヶ所時代
            なめて掛かったポイントで
            取材中謎のラインブレイク多発
            その敵討ちで次入ったとき
            かなりきつめのタックルで勝負したのが
            こいつらだった
            目的はこのサイズよりも上
            しかし
            このサイズをとれる場所
            さまざまな難関もある
            そのために
            9mのタモの柄と
            ネットも新たに新調
            そして
            そもそも
            繊細なアタリもとれて
            ロッドもパワーがないと
            勝負できない
            そんなロッドを探して
            たどりついた
            これがそんなロッド
            てことで
            ひさびさに
            戦えるロッドをもった
            おさーん46
            今後がいろいろと楽しみなのでR
            へばのー

            20170709…まあ身近にだっているのよメバル

            0

              ども

              本日より
              社会復帰した
              おさーん46です
              みなさん
              たのしい釣り
              しましょうね
              ここ最近
              周囲でもたのしい釣りしてる人が増えてるようで
              ええこってすな
              すべては
              自然への感謝と
              日ごろの修練の積み重ねなんでしょう
              しかし
              その感謝と積み重ねを
              自分のすべてのものとして
              鼻が伸びてくると
              いつかは
              辛い釣りが始まるもので
              おさーん46も
              若かりしころに通過しましたな
              さて
              楽しい釣りを身近でもできるようにするのも
              普段の積み重ねなわけでして
              釣れない釣りも
              いつかは楽しいことへの積み重ねでござる
              そんな
              釣れない釣り覚悟のなかでの
              今回のメバル釣り
              すべては
              浜であったMくんの
              小女子わいてますよ^^
              から始まったのです
              こりゃメバル入ってるかもな(・へ・?
              今のうちにやっときゃ
              今後のデータの裏づけになるな(・へ・?
              その日の夜に以前からのめぼしい場所をちょこちょこチェック
              しかし
              でない
              (・へ・?
              メバルのライズらしきものを2,3見たのだが(・へ・?
              時間を変えよう(・へ・?
              夏泊での爆タイムをそのまま設定
              その時間まで
              階上境まで下り
              ベイトチェック
              まづめに近づくにつれて
              小女子の沸く度合いが強くなった
              これだけわけばライズでるわ(・へ・?
              小女子をチェックしながら
              港湾まで戻ってきた
              ふーむ(・へ・?
              さているとすりゃあすこだな(・へ・?
              ここで
              今まで釣った数少ないメバルポイント(つっても、トータルで10本も釣ってない)
              へ行こうとも思ったのだが
              すべてそこは消去
              小女子が沸いていて
              基本的なメバルポイントを思い浮かべた
              タナゴ釣りしてればわかると思うのだが
              そこは今回ここでは書かないでおく(謎解きのお楽しみ)
              普段タナゴののっこみで入る釣り場へ
              何人か釣り人はいるけど
              ソイ釣りもやってない
              入ってみるか(・へ・?
              入っていくと
              小女子がやはりわいているのだが
              時折わくボイル
              子メバルのライズそのものだ
              1gのジグヘッドでフォール
              ボトムからただ巻きデッドスローで引いてくると
              こつっ
              あがってきたのは冒頭のメバル
              撮影後
              すぐにキャスト
              すると
              揃ったように10から15センチまでのおこちゃまサイズばかり
              撮影もやめてとりあえずツ抜けするまで狙ってみた
              難なく
              ツ抜け達成
              そして
              夕闇がせまると
              ぴたっと終了
              なぜここで止まるかは
              小女子の習性なんじゃないかと思う
              小女子は昼行性なのよ
              だから夜焚き漁が行われていたわけなんだわな
              おそらくだけど
              釣れた場所を考えると
              やや沖目から
              小女子の群れについてきた可能性もある
              小女子次第だけど
              少しは楽しめるかもしれない
              メバルの釣り方を学ぶにいい機会ですよ
              へばのー

              201707...閑話休題。。。メバル狙いで考えることもろもろ

              0

                ども

                おさーん46です
                さて
                お題目のこと
                最近
                社内でもメバルを狙う人が数人いる
                それだけ楽しい釣りなんだろう
                ある人は
                おいらが青森にいたころから
                メバルにはまっていて
                いろいろ質問もしてくる
                ほぼ生態に基づいた攻略の方法を話したりする(といってもおいらは水産学者ではないけど)
                言われてみれば
                リグやメソッドのことはほぼ話すことがない
                つが
                雑誌見りゃわかんじゃん
                というのが
                正直なところ
                それで飯食ってる人がいて
                書いてるわけなんで
                じゃ
                おいらは雑誌みて
                その通りやってるのかといえば
                さにあらず
                というのが本音
                基本は
                リトリーブとリフト&フォールであるのは変わりないし
                レンジとジグヘッドの重さをどうやってつかいわけるかだろうし
                雑誌でやってるような必殺的なもんは無し
                ただし
                場所によって
                活性によって
                リグは大きく変更する
                といっても
                ジグヘッド単体
                フロートリグ
                の二者択一
                以前は
                ULジギングもあったわけだけど
                めんどくさい
                プラッギングもあったけど
                そんなもんそろえて持ってく気が起きない
                というずぼらな理由で
                ワームを使うなかでの
                二者択一をとっている
                ハード系持ってくと
                ロッド3本はないと結構ね
                今回の夏泊では
                ほぼフロートリグで通した
                なぜかというと
                手前にハエ根がごろごろあるような感じで
                ごろた浜と一緒なの
                となると
                そのハエ根の手前で浮かせないと
                魚取れないという問題が出てくるの
                それに飛距離もでるし
                スローにも引きやすい
                またはステイからのフォールもしやすい
                ??
                フォール??
                という人もいるだろう
                おいらが使うのは
                スローシンキングのフロートが主力
                ドスローでフォールさせる意図があるから
                フローティングはあんまおいらの釣りに意味がない
                そして
                あたりはほぼ
                手感度やラインスラッグでとる
                ウキなんだけど
                ウキであたりはとらない
                メジナのスルスル釣りや
                天狗ウキのウキでフォールさせる釣りなんかとまったく一緒
                もちろん
                明るいうちならウキでもあたりはわかるけど
                ウキは沈んでるので
                ウキの沈む速度であたりをとることになる
                このリグ
                水中でどのようなってるかというと
                フロートを支点に
                ハリスと道糸がくの字の状態になっている
                なのでナイロンなんかではあたりはわかりにくい(信号伝達を考えるとわかりやすいか)
                PEとフロロでライン構成をすることで
                あたりが増幅できる
                このフロートを支点に
                ジグヘッドはフォールするわけだけそ
                フロートへのテンションの掛け方で
                フォールの仕方をかえることができる
                がっちりテンションかけてのフォールを基点にするとわかりやすい
                フロートを浮かせぎみ程度に引いてのテンションなら
                フォールはドスローになるし
                テンション抜けば
                ある程度
                ファストになる
                それを基礎に考えれば
                いろんなことができる
                ちなみに
                フロートの波によって(これを波動とよぶ人がいるが科学上うそなのでやめましょう)
                メバルがよるとかいろいろな話もあるが
                そんなもん一切経験はないな
                リグの方法は
                売ってるフロートにあわせた方法をやればいいと思う
                おいらは自分の使いやすいような方法でリグを作っている
                フロートを選ぶときの注意なんだけど
                フローティングとスローシンキングで
                重さをそろえておけばいい
                潮が早い場所なら
                ジグヘッドの重さで調整すればいいように感じる
                フローティングもそろえておけばいいと書いてるが
                これは
                重めのジグヘッドを使うことで
                スローに沈めることができるということ
                すべては潮流と水深なんかを考えておかないと
                まったく意味は無くなる
                逆に
                堤防のように切り立ってるとこなら
                フロートなんか使わないことがほとんど
                あくまでも
                最終選択の1方法という点で考えながら使うと
                釣り場も広がるし
                自分の不得意なことをカバーもしてくれる
                実際
                この年になると
                適当にやって
                適当に楽しくなんて
                思うようにもなるんだけど
                その適当なことをやるための方法論は
                結局無駄に長いキャリアの積み重ねで得た
                ヒントや経験で見つけたことをやってるわけで
                楽しくなるかどうかは
                その人次第なんよ
                よく釣りの世界の傍観者に
                教える楽しみがあるよねって
                言う人もいるけど
                何も楽しみに思ってるやつなんて
                玄人には皆無なのよ
                請われれば教えることもあるけど
                結局は自分でわからない部分は
                自分で解明したほうが
                どんなこともすっきりするわいね
                仕事でも
                聞くのは
                基礎的な不安な部分であって
                あとは自分で切り開くことが多いはず
                釣りやってると
                教えてくんはたくさんいるし
                教えてあげようくんもたくさんいる
                教えてあげようくんも
                中身はすっからかんなことが多く
                その教えてあげようくんも
                そのことに気づいてない人が多い
                以前は釣具屋でこういう話をしていたわけだけど
                この両名は
                釣具屋でもたいていは他の客に嫌われる
                大概、周りの連中にそういう点を指摘されて
                説教されたりという風景をよくみてた
                自分も20のころは
                教えてくんに成りかけて
                先輩に窘められたし
                教えてあげようくんにもなるなって
                よく言われた
                教えてくんは
                釣りを覚えていく過程で
                誰でもなりえるし
                教えてあげようくんも
                同じ
                けど普通に釣りを覚えていけば
                その手前で回避できるのだけど
                今の釣り人は
                不幸なことに
                釣具屋というサロンがなくなってきたために
                ネットでそういわれてもわからない人が多くなった
                釣具屋ってそういう意味じゃ道場だったんだな
                さて
                最後は脱線してるけど
                こやして
                自分の釣りを振り返るのは
                自分のためだけでしかない
                核心的な部分はあんまかいてないのは
                今後もまたいろいろ変わっていく部分があるはずだから
                釣りってそういうもんですわな
                へばのー

                20170701、06...ああメバルなり。地元な釣りは楽しすぎる

                0

                  ども

                  いい年こいて
                  未婚のおさーん46です
                  たのしい釣りしてますか?
                  さてさて
                  10連休最終ちょっと前の本日
                  めんどくさいと思いつつ
                  ブログ書いています
                  でも
                  書かないとダメなような気もするので
                  お題はこいつです
                  0701
                  西本ちゃん、藤巻さんと私3人は
                  キス釣り目的で夏泊半島にやってきました
                  まあ、ボートキスなんで
                  当日でも良かったのだけど
                  前の晩にいろいろやりたいとの話
                  おいらてきには
                  そこらへんで
                  どこでも
                  メバルなら釣れるべ(・へ・?
                  アジもな(・へ・?
                  といっていて
                  は(・へ・?
                  と気づく
                  八戸では
                  この2種目
                  簡単に普通には釣れない
                  その年の海流や水温で釣りができるかどうかという代物
                  メバルも八戸きた当初においらもいろいろやってみたが
                  メバルやんなくてもソイとかいるしね
                  アジも鯖やイワシいるし(まあ、こっちは負け惜しみ。過去にアジングを2013年当たりにやっている)
                  さて
                  テントを張って寝る準備も完了し
                  弁当も食って
                  へばいぐか(・へ・?
                  そこらへんを3人でほっつき歩いて
                  よさげな場所を見つける
                  そこは
                  おいらが青森にまだいたころから
                  いい魚は出てるし
                  よさげなんに
                  なぜか
                  そこだけ
                  よく考えると
                  竿出してなかった
                  (・へ・;
                  われながら
                  ポイントとして認めてなかったのか(・へ・;
                  (・へ・?
                  あれやったかもしれんか(・へ・;
                  ブログ書いてて
                  記憶があやふやとなってきた
                  2人には
                  終わったあとやったことねがったかもー
                  といってたが
                  なにせ
                  夏泊半島なんざ
                  自分の庭といえるくらい
                  仕事が終わってからもよく走っていった場所でもある
                  だから
                  とりたてて
                  遠征とも思えないし
                  じつんところ
                  そんなに釣れるとは思っていない
                  しかし
                  そこそこ釣れるだろうという思惑とは違い
                  3人とも爆ってしまった(・へ・;
                  あれれ(・へ・;
                  こんな釣れたっけかあ(いや昔は釣れたとかそういう問題じゃなく)
                  正直画像なんか取ってる暇ない(これ以降撮影めんどくさくなった)
                  西本ちゃんも藤巻さんも
                  うまそうなサイズを選んでキープ
                  おいらはキーパーを二人のバッカンにぶち込んでおいた
                  あとはリリース
                  やがて
                  日がだいぶ傾くと
                  ぴたっと止まる
                  メバルのジアイってそんなもんだから
                  潔く辞めて
                  西側の適当な漁港(都合上適当ってかいとく。場所書くとうるさい人も多くてねほんと)
                  狙いはアジなんだが
                  当方アジングなんて4年ほどやっていない
                  適当に釣れるさ
                  すると西本ちゃんがまあまあの豆アジを
                  おまけに良型のクロソイも
                  そしてここも
                  適当にメバルがこんばんわでござった
                  あれなんね
                  アジングブームで誰もメバルやってないとかいう話は
                  まんざら嘘でもないようだ
                  さすがに次の日もあるので撤収
                  両名のクーラーには満貫のクロメバル。。。
                  (・へ・;
                  なんかいんじゃねこれで(・へ・;
                  という感じ
                  おそらく3人で60匹以上は釣って
                  半分はリリースしてる感じである
                  まあ
                  時期的には本来落ち着く時期なはずなんだけどね
                  ハイシーズンよりも数が出てるかな
                  ちなみ
                  パワーは断然今の時期が強いし
                  釣るのも今の時期のほうがおいらは簡単だと思う
                  後はポイントの絞り方だと思う
                  なにせ
                  メバルをやっていたころも
                  ハイシーズンよりも
                  6,7,8,9月にばっかりやっていたことは多かった
                  寒いの嫌いだから
                  さてさて
                  0706
                  10連休をうだうだしてるのもアレで
                  夏以降の準備もしていたのだが
                  (・へ・?
                  予報とちがって天気もいいしな
                  いくが(・へ・?
                  メバル道具積んで
                  夏泊へ
                  前回と同じ場所で気になることもあって
                  ついたのは15時
                  まだジアイでもないが
                  とりあえずジグやらなんやらでやってみるが
                  思ったとおり
                  あたりはなし
                  今回の場所は前回のエリアなんだが
                  ちょいと場所は変えている
                  詳しいことはやめとくが(画像見れば場所わかると思うけどね)
                  単に試したいことがあったのでそこを選んだ
                  基本的なメバルポイントの条件でひとつ重要な
                  潮のあたる場所
                  その検証でもある
                  前回やったときに気になった場所
                  実は潮はあまりあたらない場所なんだけど
                  棲家としては最高なはずなんだけどなあ
                  ということ
                  しかし
                  思いのほかあたらず
                  10センチが2匹
                  あれ(・へ・?
                  つうことはこっちか(・へ・?
                  ちょうどジアイとよんでる17時半
                  こん
                  ぐぃーん
                  キタ━(゚∀゚)━!!キタ━(゚∀゚)━!!
                  15クラスのメバルを皮切りに
                  ワンキャストワンヒット状態となり
                  リリースも場を荒らすので
                  ぶくぶくバッカンに入れていく
                  時折20オーバーも来るが
                  25クラスがなかなかでない
                  (・へ・;
                  おいらの食う分くらい欲しいな(・へ・;
                  途中バッカンからだして数えると30は越えてる
                  しかしここで大失敗に気づく(・へ・;
                  ぶくぶくが死んでる(・・;)
                  うわああ
                  リリースできたのは10匹程度
                  orz
                  罪悪感どーん
                  しゃーないので
                  かかってはリリース状態が続く
                  途中25クラスもキタ━(゚∀゚)━!!
                  これはぎり25以内って感じ
                  ワンキャストワンヒット状態が続き
                  画像取る暇なんてない(・・;)
                  60くらいまでは数えていたが
                  途中でやめてしまった
                  止め魚。。。
                  結果的にキーパーは7本追加できた
                  終了後
                  藤巻さんがまかないに出してくれるとのことで
                  20匹ほど山車小屋のまかないに寄付することに
                  終わった時間もちょうどよく
                  なんとか山車小屋の開いてる時間にぶつは届けることはできた
                  自分のミスで殺してしまった魚を
                  きちんと成仏させてもらうことにとても感謝した
                  さて自分のいただく分は数匹
                  翌日の夜に刺身にしていただく
                  これは本当にうまい魚だなといつも思う
                  だから余計にリリースなんて
                  というのもあるけど
                  ぼくらが釣り始めたころは
                  まだ資源回復期だったこともある
                  あのころはもっと小さなサイズがたくさんとかだったな
                  資源安定期に入ったのかもしれない
                  いろいろ反省もあるメバル釣行だったけど
                  失敗は今後は繰り返さなきゃいい
                  ここで
                  僕自身冬から春のメバルは
                  メバルを休止せざるを得なくなった数年前のあたりでも
                  ほぼやらなくなっていた
                  スポーニングの時期よりも
                  初夏から秋にかけてのメバルのほうが僕的にはおもしろかった
                  もともとはじめたころも
                  5月以降にやっていた記憶がある(これはメバルの創成期よりも数年前のこと。メバル専用ワームはスクリューテールがあったくらいのころ)
                  今の時期はスポーン明けでちょうどパワーも戻り
                  実際に脂ものっている
                  あたりも明確だし
                  初心者でもやりやすいんじゃないかな?
                  初めての人なら
                  お勧めの時期でもあると感じる

                  河北より転載なのだ:201611のお話。。。クロソイらぷそでぃ

                  0

                    どうもども。
                    一ヶ月のおまっとうさんです(←古い枕でございます)
                    愛用のPCがUPDATEしたら、いわゆるぐるぐる状態になり。。。
                    おにゅうのPCを待つことになりましてな。。。

                    そんな中でも、釣りには行くのです。

                    えぴろーぐ

                    寒さがそろそろというころ。
                    小羽いわしが港内にわんさかわきました。
                    もうおいらも、釣りまくってはオイルサーディン、丸干し、メザシと堪能。。。

                    はて。。。このいわしがいるのなら。。。

                    あるとき、まっぴるまに、ワームを持ちでかけまして。

                    d926048755bbfacda1dd6a2f36a3a2a8.jpg
                    あれ。。。
                    ca8052c428f57b4907bf7171cda4381f.jpg
                    あんだってキタ━(゚∀゚)━!!

                    いやや狙ってるのはアイナメなんだが(・・;)

                    どんよりとした昼間。。。

                    (・へ・?

                    朝かなぁ。。。でもこの光でソイか(・へ・

                    その週の朝。。。夜明け前にまたくると。。。

                    a0706124a2b6ba0572def5a6e511316f.jpg
                    キタ━(゚∀゚)━!!

                    アブラメもキタ━(゚∀゚)━!!

                    けど、圧倒的にクロソイ。アイナメは37センチ。。。それも最後に。。。
                    クロソイのアタリが増えたのは、夜明け前。薄暮状態。。。

                    うぬぬ。。。やっぱり明るくなるとき。。。

                    うぬぬ(・へ・?
                    またくるべ(・へ・

                    そして同じ時間に同じ場所。。。

                    で。
                    bda9115c4aa482e5a14dfd32ddeca9b5.jpg

                    うんわキタ━(゚∀゚)━!!

                    完全に読みがあたる。。。



                    最大サイズを並べてみるとこれまた迫力あるある。。。
                    3116b552ec479b7559f11ebc8eec6806.jpg


                    釣ってる間はこんな感じでライブウエルに入れて、場あれを防いでいる。

                    パターンは最初はクロー系から始まり、後半2回は、シャッド系のフォールとてろまき。
                    あたり出たら、とめて食い込ませる。
                    でないとのんない。
                    それなりに学習はしている。

                    その後、釣れたパターン外しで検証すると、やはり光量が鍵であるという感じ。

                    久々に燃え燃えしてた早朝の釣りでござる。。。

                     

                     

                    評価:
                    ---
                    Berkley(バークレイ)
                    ¥ 580
                    ()
                    コメント:このときのヒットルアーのひとつこれと通常のグローをローテーション

                    評価:
                    ---
                    JACKALL(ジャッカル)
                    ¥ 510
                    (2015-06-03)
                    コメント:TGシンカーでのテキサスリグ3から5g


                    | 1/1PAGES |

                    calendar

                    S M T W T F S
                         12
                    3456789
                    10111213141516
                    17181920212223
                    24252627282930
                    << September 2017 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    • 20170702 ボートで何釣る?…数年ぶりのシロギス
                      たいっつあん (07/07)
                    • 20170702 ボートで何釣る?…数年ぶりのシロギス
                      むぅ (07/07)
                    • 20170619…テンカラ行脚…イブニングにチャンスがあるなら行くでしょ
                      たいっつあん (06/24)
                    • 20170619…テンカラ行脚…イブニングにチャンスがあるなら行くでしょ
                      むぅ (06/21)

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM