生々流転:ソルトルアーの古典クロソイ

0

    ども

    やたらと釣り歴のながい
    おさーん46です。
    さて
    日本のソルトルアーって歴史的にどのくらいあるのか?
    井上博司氏を知ってる人は
    そんなにいないとは思う。
    おそらく
    40年くらい釣りをしてる人なら
    知ってる人もいるかもしれない。
    最初にソルトルアーの記事を書いた人とも聞いているが
    1980年代のつり人誌のルアー記事は、
    井上氏が執筆していて
    それを呼んだ記憶が多い
    ソルトの記事はほぼシーバスだったと記憶
    国内でソルトルアーの記事を紹介したのは
    井上氏ということらしい
    おさーんが
    一番古いソルトルアーの記事を読んだのは
    フィッシングというかつて廣済堂で出版されていた釣り雑誌の別冊だった
    それが1978年の発行
    これは叔父が買っていたものを
    たまたまもらったのがきっかけ
    そこには
    平砂浦のジグによるヒラメや
    小高一郎さんと則さんが写っていた
    ボートシーバスの記事など
    おそらく
    まだシーバスも萌芽し始めたころじゃないだろうか
    当時からテツ西山氏は
    フライでのシーバスなどを記事で執筆していた
    それよりも時代は新しくなり
    1985年前後だったと思う
    おさーん中学生のころ
    Anglingというルアー専門誌が
    出始めたころだった
    書店で見かけ立ち読みした記事に
    北里大学の宮古キャンパスにあった
    学生の釣りクラブによる
    ソルトルアーの記事が目に入った
    対象は
    クロソイやアイナメなどのロックフィッシュだった
    使っているルアーは
    スプーンやワームだったと記憶
    おそらくだけど
    記事として最初に掲載された
    ソルトルアーによる根魚の記事だった思う
    これも記憶が確かなら
    奥山文弥氏の記事だったと思う
    当時のAnglingは
    日本のルアー、フライを網羅した最初の雑誌だったと思う
    専門誌ではなく
    ルアーフライ総合誌だった
    当時のソルトルアーは
    まだまだ一般に知られていないころで
    シーバスがメインな記事であり
    現在の主流のひとつである
    根魚の記事は
    ほぼ見たことなかった
    ※ただし記事になっていないところで
    さまざまな人たちがすでにソルトルアーの基礎を作っていた時代
    加来匠氏などの関西以西の人たちが
    その基礎をつくっていたらしい
    さて
    表題の件
    1985年ごろの時点で
    クロソイが記事となって登場しているのだが
    すでに青森市内でも
    ワームを使ったクロソイゲームが一部で始まっていた
    当時存在したルアーを置いてる比較的大きな店舗にて
    その写真が飾られていた
    ライトアクションのスピニングに
    当時はジグヘッドが無かったので
    中通し錘を使ったテキサスリグ
    その後に
    そのスタイルをやっていた人たちは
    北里大学の出身だと聴いたことがある
    ある店では
    奥山さんを知ってるよという人ともあったことがある
    この事実からもわかるかと思うけど
    クロソイは比較的釣り易いターゲットとして
    ソルトルアー開拓分野の最初のころのターゲットだったと
    想像できる
    その後
    30年程度
    クロソイのワームフィッシングの現場を都度目撃し
    自分も20年以上前から
    遊び的に関わるようになった
    クロソイのワームフィッシングが
    定番化したのも
    エコギアがソルトを意識したソフトルアーを製造し始めたのが大きいはず
    エコギア発売時の売り文句などを見ると
    最近のほぼエサに近いようなにおいつきアジつきソフトルアーと
    同じような売り文句だった
    実際
    ターゲットとしてカレイも北海道では範疇にはいっていた
    ソウハチなんかはかなり釣られていた
    さて
    クロソイから派生したスタイルはなんなのか?
    これはあまり出てこない
    強いて言えば
    メバルなんかが
    ダウンサイズされていくことで
    派生していったのかもしれない
    アイナメも
    本来はクロソイと同じスタイルで始まり
    現在のようなスタイルが生まれてきたようだ
    時代的なもので見ていけば
    クロソイは完全なる古典ともいえるスタイルが
    今もそのまま継続している
    当時から
    ハードベイトもソフトもつかっているので
    基本的なことはほぼ一緒
    ルアーの大小や
    メソッドが違うなんかは
    新しいとはいえない
    それではなぜ
    クロソイがあまり全国的に広がらなかったのかといえば
    魚影が濃い地域が
    実は北海道を含めても
    日本全土の一部に過ぎないからだ
    北海道も実のところ
    沿岸の生息域は
    日本海流の影響部である日本海側に多いが
    太平洋岸は東へ行くほど少なくなる
    東北の場合
    青森県岩手県
    宮城県も南下すると少なくなっていく
    秋田県までは結構釣れるが
    山形県まで行くと少なくなると聞く
    確かに沖合いにでれば
    かなりの数がいると思われる海域は存在し
    紀淡海峡でもクロソイが釣り船として成立していたと聞く
    沿岸でのゲーム成立地帯がこの程度なのだ
    これをメバルと比較すれば歴然だろう
    メーカーにしてみれば
    メバルブームのおかげで
    ロックフィッシュ分野の製品を充実することが可能になった
    といえる
    しかしながら
    1980年代の中ごろに
    記事として出てきたクロソイは
    おさーんにとっても
    衝撃的な記事であったのは事実
    放流事業も軌道に乗りかけたころ
    かなりの恩恵も受けた
    なぜなら
    クロソイの稚魚放流は
    漁港で行われたことが多かったからだ
    現在では
    歩留まりの関係なのか
    あまり聞かなくなった稚魚放流
    確実に減っている場所も存在する魚
    逆に
    メバルブームのおかげで
    魚影が一気に増えた地域も
    青森県内には存在する
    意外だが
    クロソイは意外とフィッシングプレッシャーに弱い
    アイナメよりも弱くは無いのだが
    小さなエリアではてきめんと釣れなくなる
    リリースするなら
    釣った場所でするのが適切なリリース方法だといえる
    トーナメントを行って
    リリースしていますよという地域なのに
    魚影が思わしくない場合は
    リリースの仕方が良くないのと
    リリースする場所を間違っている可能性もある
    一番なのは食べる分は一匹として
    キープしない魚は
    一切移動せずに
    そこでリリースが一番のように感じる
    リリースも時には
    魚にダメージを与えてるだけの行為になる
    いろいろと難しいもの。。。

    釣りに行く気がわかない最近。。。そして。。。東京は釣り天国かもしれない

    0

      ども

      もうすぐで
      47になるおさーん46です。
      潮干狩りに2回ほど行って以来
      仕事も立て込み
      おまけに
      釣りに行く気がわかない病が始まる最近
      テンカラも
      投げカレイも
      準備はしているのだけれど
      いまいち
      まー
      以前からそういう時が
      数年置きにやってくる
      なんとなく
      原因はわかる
      やりたい釣りがある程度一巡するとやってくるのだ
      さきにあげた釣り以外も
      やろうと思えばやれるものもあるのだが
      バカなメディアが
      変なはやらせかたしてしまって
      とんでもない数の釣り人(ほぼにわかなんだろうけど)で
      満員の釣り場オンリーな釣りになってたり
      ここら辺で遊ぶには
      いまいち
      サイズもでない釣りだったり
      そう
      何かしら
      変化がないと
      なんかしら
      動きたくもないってのが事実なんだろう
      以前の住んでいた地元なら
      八戸以上に釣りものは多いから
      まだ気の変化みたいなことを期待して
      違う釣りや釣り場にも行っていたのだが
      釣り場でさえもこちらでは
      一巡してしまった感もある
      まあわがままといえばわがまま
      しかし
      40年も釣りを続けているのだから
      いい加減飽きてもおかしくはないし
      かといって
      何もやらずというわけもいかない
      先日東京へいったのだが
      あらためて思ったのは
      東京ほど
      いろんな釣りができる環境がある都会も
      珍しいということ
      実はある程度のお金さえあれば
      日本全国一番に格安でアクセスできるのが東京だったりもする
      おまけに
      日本で最初の釣具屋が今も存在し
      日本橋のそばには
      釣具屋もある
      いつぞや
      東京湾には釣り船が多い話をしていると
      それは人口に比例して需要が多いから
      とか
      もっともなようにのたまう人を見かけたのだが
      おいおい
      きみは
      東京湾ってどんだけ豊かな海かしらないんだろ?
      と言いたくなった
      経済バランスでしか
      物事を見ることが出来ない人も多いのだろう
      そもそも
      そこに豊富な魚がいなければ
      釣りなんか成立しない遊びなのだ
      そういう海域に加え
      内陸にも
      豊富な沼沢地と川が存在していた
      海川ともに
      魚がいたところなのだ
      そんな土地だから
      江戸和竿が生まれ
      横浜沖の漁師ご用達の
      横浜竿が生まれる
      その脈略が今も綿々と受け継がれ
      一度は絶えそうになった和竿の伝統も
      息を吹き返そうとしている
      遊びに東京へ行くときは
      必ず
      都内の釣具屋を回る
      やはり
      その時代の先端の技術は
      釣りも
      東京にあったりする
      関西の流れも
      必ず東京へ流れてくる
      それを拾ってきて
      青森の釣り場へ活かすということもやっていた
      (・へ・?
      あ、そういうことなのかも
      何かしら
      新しいものを見つけてきて
      また
      青森でやってみるための時期が来ているのかも
      なんとなく
      今は釣りに対する壁のようなものが
      漠然とあるのかもしれない
      そんなときなんだから
      今は
      だんまり
      のんびりとしているときなのかもしれない。。。

      20170101:あけてしまいました。本年はどうしよう?

      0

        ども

        あけましたね
        本年も変わらず
        おさーん46です
        毎年
        今の時期に
        年間のある程度の予定を考えるのですが
        今年は
        おそらく
        引退したはずの
        オフショアの釣りへ出かける予定
        メインは真鯛
        辞めて10年目の年に戻るとは
        ねー(。´・ω・)b d(・д・`。)ネェー 
        しかし
        準備もそこそこに出来ている状態
        なので
        これから特別やることも
        ない
        後は
        しゅったつの声がけを待つのみ
        それ以外は
        いつもどおり
        新春からは
        わかさぎ
        春は
        テンカラメインで
        イワナ、ヤマメ
        夏以降は海メインかなと
        8月すぎると
        クロソイメインでのご近所遊び
        ときおり回遊魚にヒラメ
        そんな感じでしょうか
        こう見ると
        オフショアメインで
        いろんなルアーやってたころとは
        まったく違うシーズン計画
        それに昔は
        夏の間は
        鮎を20年やっていたわけで
        以前のようなガチな釣り計画とは
        まったく違う
        ゆるゆるな計画ですが
        それなりに忙しかったりもします
        昨年度は
        いい魚に恵まれたと思います
        ヒラメもキーパーを継続でき
        ヤマメも尺オーバー
        ご近所クロソイもコンスタントに釣る事もでき
        ガチでやんなくても
        楽しい釣りはできるんだと
        それが証明できればいいのかな
        というスタンスはできたと思います
        自分が住む土地で
        最大限に楽しむ釣りが
        今の自分の目標です
        良いことに
        昨年度は偶然の出会いから生まれた友人関係もできました
        一度は
        釣りの世界から半分足抜けしていたのですけど
        今年も
        楽しい仲間と
        気軽に
        楽しく
        良い魚に出会える釣り旅ができればと思います。

        201712:生々流転:釣りをやめた時期がありました

        0

          ども

          おさーん46です

          しばらく釣りもいけずの状態
          昔のことでも


          釣りをやめようと思った時期がありましてな


          それも2回

          しかし
          半年しかつづかんかった

          基本的に不器用なんですな
          いろんなことをやれるような人間ではない
          釣り以外にも
          子供のころは
          水泳
          相撲
          なんかやって
          ある程度結果も残してきたけど
          結局続くようなものじゃなかった

          釣りを辞めようとしてたときに
          釣りに行けって言ってたやつ
          実はいろいろと裏切ってきたようなやつだったりもする


          昔の釣りの付き合いには
          ろくなのおらんかったのもあり
          辞めようとしたのは

          そんな連中と離れようと思ったのも大きい
          結局
          そのインターバルで
          昔の仲間とはほぼ断絶

          自分が釣りなんかやってなきゃ
          もっとマシな仕事や
          もしくは大金持ちなってたのかもしれんなーと

          たまに思うのです

          実際この2,3年前の自分
          釣りからはセミリタイヤ同然で
          一線的な釣りはほぼ辞めていたのです

          結局釣りの世界に
          いま戻りつつあるという状況

          その戻るきっかけは
          八戸で出会った
          新しい釣りの仲間なんだろうなと

          仕事のこともあって
          わかさぎはもうやることはないと思っていた
          けれど
          そうも行かなくなったわけで
          伝えていくべきこともできたし


          仕事のほうも
          今後冬に余裕ができるスケジュールへとなりそうだし

          とりあえず
          次の釣りを辞めるときは
          しばらく
          なさそうだ


          | 1/1PAGES |

          calendar

          S M T W T F S
            12345
          6789101112
          13141516171819
          20212223242526
          2728293031  
          << May 2018 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM