2018 GW:おかっぱりヒメマスの仕掛けなど

0

    ども

    おさーん46です
    さて
    おかっぱりのヒメマス
    メソッドや仕掛けとか
    よくわからん人も多いのでは?
    単純に書くと
    遠投ウキサビキである
    どぉーん
    全長40センチほどの自作ウキ
    手本にしてるのは関東の遠投かご釣りのウキ
    たぶん使ってるのはおいらだけ
    地元のおんちゃたちは
    中通しのかごウキを使ってる
    つが
    それしか売ってないのだな。。。
    関東の遠投かご釣りウキを仕入れたら
    おそらく売れる
    さてなんでこんなウキ作ったかというと
    簡単な話
    ○遠くでも見えるということ
    ○食い上げのアタリが一発でわかるということ
    条件が良いと普通に50mは距離が出るので
    中通しの寸胴なウキは見えにくいのよ
    実際に
    初心者のおんちゃが
    中通しウキにアタリが出てるのにわからない
    という場面を良く見る
    仕掛け
    作りたくない人は
    アジ針の6〜7号のピンク系のサビキ仕掛けを使うと良い
    ハリスは2号
    幹糸は4〜6号
    最近
    十和田湖使用のサビキをメーカーでも制作してるようで
    大型店で見かけた
    さて
    おさーんの場合
    買うわけがない
    画像の通りの仕掛けを作成
    針の装飾はウイリー
    ヤマシタの蛍光ピンク
    これを使ってる理由?
    好きなのよ爆
    針は???
    サイズから言うと
    海タナゴ6−7号
    チヌ針1〜2号
    そこから好きなサイズを探してみるといい
    おさーんの場合
    以前は海タナゴオンリーだったのだが
    試行錯誤してるうちに
    先に述べたサイズで
    現在もいろいろ思案のところ
    なので
    これ以上は
    言●え●な●い
    そのぐらい自分でいろいろやったほうが
    おもしろいべ(・へ・?
    釣りの面白さは本来そこにあるはず
    おもしろいヒントともいえることは
    がまかつは
    以前改良チップでは
    針のサイズはワンサイズ、カラーも金のみだった
    しかし
    最近出している新製品を見ると
    サイズにバリエーションができて
    カラーは金ではない
    さて
    どういうことか?
    ベテランは固定観念を捨てる
    中堅、新規の釣り人は
    従来の釣り方に疑問を多少なりとも持ち
    いろいろ模索するべきでは?
    メーカーがそういってるように思えてならない
    サイズや種類はともかく
    針を選ぶときの気にすべき点は知っておくべき
    ○軸の太さ
    ○刺さりのよさ
    ○針先の曲がりや角度
    銀マス、春マスと呼ばれる時期のヒメマスは、
    口が異様にやわらかい
    アジを想像してもらうとわかりやすいだろう
    おまけに
    一気に食い上げてジャンプを平気でするような魚だ
    ある意味
    アジ針を使うのは
    そういう意味でも正解かもしれない
    しかし
    伊勢尼・チヌ針に近い形状が
    改良チップよりも
    北海道や十和田で
    以前から利用されているのは
    それなりの理由がある
    かかりとばれにくさ
    この2点だ
    それががまかつの新しい針には反映されている
    仕掛けの寸法と素材だが
    ハリス2号:フロロ
    長さ4センチ
    幹糸6号:ナイロン
    ハリス間:30センチ
    針数は5本で落ち着いた
    遠投のしやすさを考えるとこの長さになるのだ
    最後に
    錘は15号
    本当は30号とか使いたいところだが。。。
    エサ
    ビッグサシでもいいし普通のサシやベニサシでもいい
    これを房掛けにするだけのこと
    ただし
    これもまだまだ改良の余地はあるはず
    ヒメマスのエサは
    ヨコえび類がメイン
    つまりエサはヨコえびと似たものでも良いはずだし
    それと同じ匂いや味が成立すればいいはず
    ロッドとリール周り
    ロッドはなるべく柔らかいながらも
    15号以上の錘を背負え
    しかも
    ヒメマスがばれにくい竿
    いっとくけど
    メーカーには
    そんなロッドはまず無い
    投げ竿や遠投磯竿でそういった柔らかいものを探すしかないのだが
    ホームセンターによくある
    安いグラス含有率の高いロッドがある
    その中から選ぶのがよい
    おさーんも
    まったくメーカー不明の
    問屋製の遠投磯竿3号4.5mを使用
    ガイドがぱっちもんなので
    よくガイドが破損するが
    そのたびに富士のいいガイドを見つけてきて修理して利用している
    リールはナイロン3号150m巻けるやつで
    ある程度ドラグ性能も確保できるスピニングが良い
    リールだけはできるだけいいの使うと良いと思う
    ラインはナイロン
    間違っても
    PEやフロロは使ってはいけない
    最大15ヒロ
    最小5ヒロ
    特別解禁のころの高活性のときは
    ゼロヒロもある
    基本の棚は
    10ヒロ
    約15m
    早い時期は
    2本とも10ヒロで開始し
    気温が上がってくると
    2本の竿のうち
    片方を5ヒロとする
    その反対の場合は
    片方を15ヒロにするときも
    ただし
    この棚設定は
    足元からドン深のポイントのみの話
    逆に言えば
    そういったポイントが
    一番釣り易いのが
    おかっぱりのポイントといえる
    東側はそういったポイントは多い
    西側は桟橋周りを中心になるが
    そのような場所でも
    大して深さはなく
    大抵7ヒロスタートで開始する場合は多い
    最後に
    メソッドともいえる部分
    基本的に
    十和田湖は竿は2本までなので
    2本をうまく活用する釣りをする
    交互に棚を変えておくことと
    できるだけ遠投するということ
    つまり
    遠投によってエリアを横に大きく広げてさぐり
    交互に棚をかえることで
    縦に大きくさぐることになる
    誘いとかはまったくしない
    やることは
    自分の釣り座の範囲で
    回遊してくるルートを探し出すということ
    そのポイントごとに
    回遊してくるルートが存在する
    それを探し出すことが
    一番のテクニックである
    おかっぱりは
    魚探が使えない
    であれば
    魚探がやっていることを
    釣り人がやるしかない
    実は
    この釣りの一番のおもしろい部分は
    この回遊ルート探しにあるといっても良い
    てことで
    たまに聞かれるので
    このようにつらつらっと書いてみた
    無論
    一緒に行ってみたいという人がいれば
    タイミングが合えば
    同行して教えることもする
    そのほうが一番良いしね
    けど
    この釣りはみなさんが思うほど
    簡単ではない釣りなのは確か
    それをおもしろいと思える人は
    やってみてもよいのでは?
    へばのー

    2018GW:ちょっと早いヒメマス釣り

    0

      ども

      GWも今日で終わりますが
      明日は病院のため1日延長の
      おさーん46です
      さて
      おさーんが八戸にきて
      一番はまったつりが
      十和田のヒメマス
      それも
      おかっぱりのみ
      ボートがあれば
      ボートのほうがたくさん簡単に釣れる
      魚探あればなおさら
      ボートと魚探とサビキさえあれば
      誰でも簡単に釣れる
      そんな魚
      トローリングで狙ってる人も多いが
      理由がちゃんとある
      サイズが良くなるのと
      6月にはいると
      サクラマスがボート主の一番のターゲットになる
      まー
      カヤックや手漕ぎボートでも
      魚探ありゃだれでも釣れる
      販売店で2000円の遊魚券買って
      おとなしくボート出せばいい
      しかしながら
      おかっぱりで狙ったら
      もっと面白そうだなと思ったのが
      八戸にやってきた辺り
      青森だと
      えさがまず手に入らないことが大きいのと
      山越えが大変ということ
      八戸来たら真っ先にやってみる釣りの候補になった
      最初の年は皆目わからないことも多かったが
      震災の前年辺りから
      大体の概要がわかってきて
      その辺りから
      冒険さえしなければ
      ボーズも無くなり
      良い年は
      20匹の制限クリアを2時間ほどで終えるような日もあった
      そんなおもしろいことやってると
      いつのまにか
      雑誌とかでも紹介しはじめ
      ここ2年ほどは
      激込みが嫌なので
      足が遠のいていた
      そんなとき
      ルアーでも春のマスを狙ってる記事が出てきた
      それがこの激込みの要因でもある
      おかっぱり専門のエサ連中は
      回遊コースが近くなっていると解釈し
      一気に十和田へ向かうようになったと考えられる
      そんなこともあって
      しばらくは行くつもりもなかったのだが
      食べるとうまいのよ。。。
      店で売ってないの。。。
      てことで
      記事に出ているルアーのことも気になり
      ルアーも補充し
      GWにためしで出かけることにした
      実はエサ釣りで通ってるときも
      スプーン5〜12gにジグも少々持っていき
      回遊が近いときは普通にルアーでも釣っていた
      ルアーでの釣り方自体は
      およそ35年ほど前には
      おいらの師匠格でもある
      高田さんなどが
      当時の青森の釣り雑誌にも
      メソッドを確か紹介しており
      それ以外にも
      おいらよりちょっと上の世代なら
      誰でも知ってるといえるような話である
      おいらも単にそれを知っていたこともあって
      あわよくば
      ルアーでも
      程度のことでタックルを持参
      泡よくどころか普通にヒットもしたが
      やはり
      エサ釣りの仕掛けのほうが効率は良いなぁ
      という印象だった
      まあ
      今回はその再確認
      ダメなら
      普通にウキサビキで出直すか(・へ・?
      程度
      そして
      本来GWはまだ時期的に早いのだ
      それなのに
      行ってる連中もいるらしく
      いわゆる温暖化なんじゃろうかな
      というのもあり
      その確認もある
      どっちにしろ2年のブランクは大きい
      自分としては振り出しに戻ったという感覚だ
      さて
      初日
      強風の中
      あっちこっち回ってみるが。。。
      いまいち
      ルアー単独では攻めきれない感じ
      水温はかなり低い
      という感じだが
      この時期なら当たり前の水温だろう
      ここ2,3年で始めてる人間には
      低い
      という人は多いのかもしれない
      何人かとも話したが
      やはりここ2,3年で始めた人間らしく
      情報もここ最近の話しかでてこない
      自分にしてみれば
      直近の2年はまったくやってないので
      何かしら目新しい話が聴けるかとも思ったのだが。。。
      ※実際ルアーのヒメマスも大して新しいことではないので
      目新しいわけでもない。。。
      結局その日は上がって
      山菜採りに費やした(それについては記事にする)
      GW中日は、きっちり働き、
      GW後半戦
      予報は全国的に大荒れが続く予報。。。
      とりあえず
      少な目の紅サシ3袋を確保
      (普段は5袋もって行く)
      天気図とにらめっこしながらタイミングを計った
      気圧がなんとなく安定しそうな感じとなり
      深夜1:30に出発
      今回はいつも入る場所へ
      そこもいつのまにか激戦区となってしまったようで
      ヒメマスじゃない用事で通ると
      必ず人が入ってるようになった
      おいらが入るようになったころは
      場所も狭く
      誰も入らない場所だったのだけど
      明るくなって岩場を見ると
      ヒメマスのうろこが残っていた
      サイズも数も出ていない感じ
      時期的に考えてもそんなもんのはず
      しかし
      釣れた痕跡があるなら
      やる価値はあるはずだ
      2投目にはもやもやっとしたアタリがでる
      しかし乗らない
      いいときなら
      アタリがでれば
      20分ほどは群れが止まるはずなのだが
      まったくその後アタリがでない
      1時間後
      ウキが倒れたが
      これでも乗らない。。。
      うーん(・へ・;
      おそらく食いが浅いのだろう
      食い上げのアタリなので
      けして悪い状況じゃないのだけど
      その後しばらくはアタリでず
      ぼけーっとしてると
      ぱたん
      ウキが倒れた
      おもいっきり合わせをくれてみた
      なんとか
      重みが伝わってきた
      サイズは25センチ前後
      おいらからすると
      アベレージ以下
      十和田湖の場合
      アベレージが30センチ程度のときが
      一番型数ともに良いときが多い
      残念ながら
      サイズが良いときは数は少ないという図式は成り立たない
      なにせ
      自然の養殖池みたいなもんだからだ
      歩留まりとサイズはまったく比例しないと思ったほうがいい
      もう一本追加したが
      ここで時化始めてきたので撤収した
      帰りは山菜採りコース周遊後
      十和田湖温泉で一風呂浴びて帰宅
      たった2本のヒメマスなので
      ありがたく刺身にしていただいた
      行者にんにくしょうゆでいただくが
      行者にんにくに負けないくらいの濃厚な味をもつヒメマス
      5,6本あれば
      塩焼きにてんぷらに
      なんでもできるんだが。。。
      まあ
      時期を考えてもこんなもんだわなと
      さて
      なんでまたこんな早い時期にも人が来るようになったのか
      これは大きな疑問を感じた
      釣り人特有の習性を考えたらわからなくも無い
      しかし
      適正な時期に狙えば
      本来難しいルアーでも
      簡単に釣れるはずなのよ
      数さえ求めなきゃ
      実は
      ルアーのほうがエサ釣りより
      簡単に最初の一匹目にめぐり合う可能性は高いと感じる
      答えは簡単なことで
      ルアーは棚の幅が大きく探れるのに対し
      エサ釣りは棚が固定されるからだ
      そもそもエサ釣りだって
      別にエサ着いてるから釣れるなんて要素は無い
      ワカサギ釣りと理論が一緒の部分も多い
      そこをきちんと理解できるかどうかで
      結果は自ずと変わってくるのがこの釣りだと感じる
      さて
      GWの残り記事
      後は山菜しかないのだが爆
      先におかっぱりのヒメマスの解説でも書くかなぁ。。
      へばの

      | 1/1PAGES |

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM