20180919:おさーん毛ばりというもの

0

    ども
    早朝でて
    定時外で帰ってきた
    おさーん47です
    さて
    昨日の菊リンヒット毛ばり
    この画像の中にある
    深緑のタイプ
    といっても
    基本的に
    この逆さタイプと
    もうひとつは以前にも何度か出してる
    完全ソフトハックルタイプのセンマイ胴
    あとはタングステンビーズヘッド
    逆さは基本的に浮かして流すことが多いが
    最近は糸鉛を仕込んでるタイプもある
    瀬畑さんの針を鉛で再現するのが目的だ
    しかし
    深緑のカディスピューパグリーンは
    完全なるベイトを意識したカラーで
    おさーんは深い迷いから抜け出したときのカラー
    だから
    よく使う
    菊リンもなぜか
    こいつを選んだ
    人間も釣れるのかもなあ
    とふと思う
    さて
    今も巻き巻きしている
    今週末はどこいこかなあ(・へ・?
    てことで
    疲れたので話は短くという話

    20180918:おさーん毛ばり活躍

    0

      ども

      釣り辞めてない
      おさーん47です
      さて
      本日の会議中
      自家用すまふぉが振動
      めったに動かない
      おさーんすまふぉ
      友達いないもんな(遠い目
      終業後開くと
      めずらしい
      LINEから
      約1名だけ
      LINEでつながってる仲間
      上州スタッフ菊リン
      いきなし
      おさーんの毛ばりきたっすー
      とおたけびの書き込み
      よく見ると
      おさーんの得意針
      カディスピューパグリーンで巻いた
      レッドヘッド逆さ
      これほんとよく釣れるので1軍になった毛ばり
      そして
      クロカワ虫の飛ぶ直前の激釣パターンなんだけど
      なぜかこの時期のヤマメでも食うんかぁ
      ちょっと意外である
      しかしまた
      菊リンは釣るよね〜
      テンカラでこの時期
      ヤマメはやらないおさーん
      ちょっとだけだが
      のこり期間
      ちょっとやりにいってみるかぁ
      しょうがないので
      次の青森にプライベートで行くときに
      上州屋にもっていくか
      毛ばり。。。
      なんか後で見返りでももらえるだろう爆

      20180912:テンカラ最終の日のために

      0

        ども

        三連荘日帰り出張も終わった

        おさーん47です
        さて
        きのこ採り場ばかりやってる最近ではあるが
        ひそかに
        テンカラ最終の準備もしている
        つーが
        きちんと
        テンカラタックルは常備済み
        先日の出張で買ってきた針を使い
        仕込み針を巻いておいた
        左上の三つ
        胴に鉛を巻いている
        つまり
        やや沈む針
        瀬畑式の溶着テープと考えは同じもの
        とりあえず
        今週末の入る場所で
        どうするかは決まる
        やはり岩魚
        もっかい釣っておきたい
        結局まともに毛ばりを振ったのは
        数度もない
        今年は本業の釣りを怠けてしまった
        まあ
        本流のヤマメがあんましよくなかったのも
        大きいけど
        ※一応本流のロングレベルラインのヤマメ狙いが
        ここ2年のメイン
        でも
        テーパーラインでの岩魚狙いがえらく面白いので
        来年はもっと岩魚やりたいけど
        他の釣りもやらないと
        ぜーたくな悩みという話

        20180825:それでも山に行きたくて

        0

          ども

          見事にスコンクくらった
          おさーん47です
          昨日の昼から数時間
          台風による大雨
          (・へ・;
          うーんうーん
          微妙な降雨量で
          下手すれば
          最悪
          うまくいけば
          絶好調なコンディション
          になりそうな
          十和田方面の山岳渓流
          出張の帰路
          川を渡っていくたびに
          川の増水状況が気になる
          本日の朝
          ぴーかんの青空
          おまけに
          くそ暑い。。。
          焼山へ向かった
          本日は
          午前中はきのこ採り
          昼から山岳渓流の日程
          幸先よく
          うすひらたけがあり
          はたけしめじ^^
          しかしこれ以降は。。。
          まあー
          昨日のあの雨で
          無事なきのこなんぞ
          ほぼあるわけもなく
          しかしながら
          いいサイズのミズもあったり
          なかなか食には困らない
          にしもっちゃんと吉永くんから
          ならたけ、こうたけ、ちちたけのおすそ分けもあるので
          これで撤収
          そして
          蔦川へ
          いつもより若干水が多い程度
          これはいけるなあ^^
          とテンカラをふれど。。。
          (・へ・;
          (・へ・;
          (ノД`)・゜・。
          水温がちょっと低いかなぁ
          前日の雨で
          一気に下がった可能性もある。。。
          素直にあきらめ
          今度は谷地まで昇り
          きのこを探す
          しかしあんましいいものもなく
          撮影会状態
          あんだがわがんない
          つきよたけとうすひらたけ
          うだうだ山をうろつくも
          やはりダメになってるきのこばかり
          そうしてるうちに腹もへってきて
          大衆食堂上高地にて
          ばら焼き丼おいしゅういただきました
          十和田市民の家で
          猿倉からひっぱってきてる温泉につかり(300円)
          帰還
          来月一杯は
          山へ行く予定
          きのこと岩魚を狙う日々が続くの巻

          20180821:最近のテンカララインの使い分け

          0

            ども

            昨日すっかり更新を忘れた
            おさーん47です
            最近というか
            ここんとこ
            瀬畑式テーパーラインを源流部で使うようにしておりましてな
            やっとこ前回目的が果たせたわけで
            10年ちょっと前の
            テンカラをはじめたころ
            最初はテーパーラインだったのだけど
            なかなか魚に出会えない
            ただ
            当初は里のヤマメがメインであって
            狙い方も
            天野さんのような釣り方での
            本流狙いだった
            これも
            レベルラインを使うことで
            なんとなく
            自分なりの釣りができるようになり
            今では
            本流山女は
            レベルラインを使って
            ビーズヘッドでの釣りがメインとなった
            一方
            ヤマメと並行して
            もちろん
            岩魚もやってはいるのだが
            レベルラインだと
            いまいち釣り難い場面も多い
            ピン撃ち
            狭い空間での遠めの打ち込みとか
            レベルラインの性質上やむをえないのだとも思う
            いくら張りがあって
            重めのフロロカーボンでも
            振ったときに
            ラインの動きが
            まっすぐになるわけがない
            つまり
            軸がぶれてる
            ラインが長くなればなるほど
            着水点は
            左右どちらかにぶれる
            だから
            それを予測した振りかたが必要になる
            なので
            源流部にあがっていくと
            ラインの振り方は
            制約がでてきしまう
            予測した振り方には
            それだけのバックエリアも必要になる
            (・へ・?
            そうか(・へ・?
            (・へ・?
            瀬畑式テーパーラインの場合
            太くて思いうえに
            先は急テーパーなわけで
            フライラインの
            DFと同じということ
            そうか
            ピン撃ちとかなら絶対やりやすいわな
            作成を開始
            とりあえず
            5m
            4.5mを完成
            5mは一組
            にしもっちゃんに渡しておく
            その後早速振ってきたのが
            こないだの八甲田山中でのことだった
            通常なら
            レベルラインなら竿一杯にラインをとるけど
            それよりも長い5mでも釣りができる
            振るのもそんなに力必要でもない
            おつりとかいうけど
            ベタで這わせればいい
            魚が影をみるとかいうけれど
            ハリスを1ヒロで長めにしておけば
            アップキャストかアップクロスすればいい
            かなり使いやすいことに気づく
            さて
            これをもとに
            現在考えてるのが
            ショートロッドでのシステム
            2.5m前後のテンカラロッドを見つける
            または作成し
            3m程度のテーパーラインを組んで
            もっと狭い源流部の攻略
            なにせ
            青森県の通常の源流部は
            ボサ川だらけ
            ルアーのほうが
            ぜんぜん釣り易い
            そういう場所で
            テンカラをどれだけ振れるかが
            今後の目標としているところ
            てことで
            本日は書き忘れなかったぞという話

            20180819:おさーんのテンカラ針その1

            0

              ども

              ねむいおさーん47です
              本日は新しい釣り場のチェックをさらっとやってみたんだけど
              それはあらためて
              本日は
              おさーんの最近のテンカラ針のこと
              ここ最近使ってるのは
              今日も補充で巻いている
              ぜんまい胴のもの
              針は短軸のもので10番程度
              ミノ毛は雉
              このタイプが最近のメイン
              これと逆さ毛ばりを一緒にローテーション
              このパターンは
              いわゆるソフトハックルなので
              このままフライロッドでも使えるはず
              針は何でも良いとはよく言われるけど
              実際には
              季節や水温
              活性によって
              針の選択は必要だと思う
              今の季節なら
              魚は上を見てるわけなんで
              そんなに神経質にはならないけど
              針のサイズやボリュームで
              バリエーションをもたせて
              ローテーションを意識することは多い
              ただし
              胴の色は変えていない
              いや
              厳密には
              逆さはクロカワ虫のさなぎの色のボディ材を使い
              このような陣笠は
              ぜんまい胴のみ
              と分けている
              あとは色は使わない
              これらの色の設定は
              おさーんが最初苦戦中に釣れた色を残しただけの話
              これらを上州のきくちーとかにもあげて
              試してもらってるが
              かなり釣れてるようだ
              ちゃんと食われている虫の色とあってんだろう(ということにしておく)
              さて
              しばらく岩魚狙いで動くつもり
              今年はぜんぜん川に入ってないからだ
              禁漁まであとわずかだけど
              十分に楽しんで終われればいいなと思う

              20180812:日記:ガイドのお手伝い

              0

                ども

                十三湖で惨敗した
                おさーん47です。
                それについては
                次回あたりに
                休みの前
                にしもっちゃんがオーバーブッキングで大弱り(´ε`;)
                いいよ
                1タイムならやるよー
                釣具屋勤務時代以来
                久々のガイドへ
                つっても
                渓流のガイドなんざ初めてではある
                しかし
                今年に入ってから
                源流に近い領域へは
                実は一度も入っていない。。。(・へ・;
                あ(・へ・;
                まーなんとかなるべ
                接客させていただいたの
                お年を召した女性とそのご子息さま
                ご子息は経験者であったので
                女性の方へつきっきりで
                技術指導しながら
                ポイントを説明して
                お手本見せてから
                釣っていただく形
                なんと2匹のイワナが顔を出した
                初心者のかたを説明しながらのガイドなんて
                わかさぎくらいだったから
                少しばかり緊張もする
                なんとか喜んでいただけたかなあ(´・_・`)
                最後にちょっとしたハプニングもあったけど
                何事もなく終了
                にしもっちゃんはピストンで次のガイドへ
                おさーんは
                ドロノキの綿毛舞い散る中を
                着替え
                次の行く先である十三湖へ向けて
                八甲田越えと車を走らせた
                というお話

                20180618:ご近所本流スコンクの旅

                0

                  ども

                  出張先から
                  たまってる
                  記事を書く
                  おさーん47
                  ぼーずな話なので
                  さくっと
                  夕方狙いでご近所本流
                  実はまともにテンカラを振ってないおさーん
                  マダイにいったり
                  メバルにいったり
                  いろいろ
                  楽しみが増えてこまる最近
                  しかしながら
                  本業忘れてしまってはいけないなと
                  やーまめちゃーん♪
                  おらんかえーっと
                  下流からチェック
                  しかし
                  先行者2名。。。
                  とりあえず
                  薄暗くなるあたりに渓谷へ。。。
                  しかし
                  虫が飛び始めてる様子もなく
                  (・へ・;
                  あかんなこれ(・へ・;
                  まあでもやんべ(・へ・;
                  いつものように
                  上流から振り下り。。。
                  でない
                  ぜんぜんでない
                  筋をちがえても
                  でない(´;ω;`)ブワッ
                  魚の気配があんまりない
                  やや水が高い程度他に間違い要素は感じない
                  (・へ・;?
                  うーん。。。
                  今年は外れ年なのかなあ
                  まあ
                  去年は確かに魚多かったしなあ(´・_・`)
                  しょーがない
                  ということで帰宅。。。
                  うーんしかし
                  今年まともな魚をテンカラで釣ってないなあ
                  という
                  ここ2年では珍しいことが。。。
                  こんな年は早々と気持ちを切り替えて
                  違う魚を狙うのも気分転換になる
                  7月にはいると
                  今度はやや標高が高い川へ一度いってみようかな(・へ・?
                  だって
                  イワナも何本かリリースしたいよなあ(´・_・`)
                  と言いながら
                  実は
                  違う釣りで遠征を3本ほど予定
                  マー予定は予定です
                  次回またもやスコンクの巻
                  ではへばのー

                  20170625〜8…テンカラ行脚…苦もあれば楽アリ

                  0

                    ども

                    楽しい釣り
                    してますか?
                    おさーん46です
                    日曜
                    ちょっと遅く起きて
                    いつものご近所へ
                    しかし
                    すでにフライの先行者(とても珍しいのだ)
                    はてと
                    やや下へ
                    いつもは
                    外しているポイント
                    案の定
                    勝手が違うのか
                    2ばらし・・・
                    テンカラ
                    まだまだ修行だね
                    いいサイズじゃないのが
                    まだ救いかな
                    つっても
                    うにゅんうにゅんはするので
                    機会を見て
                    またもや直行してみるが
                    ちゅどーん
                    ウグイのみ
                    いいさいずの
                    ういぐー
                    実は
                    ビーズヘッド
                    逆さ
                    の2本立てなのだが。。。
                    ラインが逆さに合わない(・へ・;
                    準備不足。。。
                    しゃあない
                    そして
                    きーんこーんかーん
                    仕事はよおわたな(・へ・?
                    いぐべ
                    今度は
                    いつもの場所
                    しつこくビーズヘッドを流していくと
                    がちゅんぐりぐり
                    いきなしきりもみ
                    いただいかなあ
                    ふん。。。
                    ばれた(・へ・;
                    あかーん
                    もういっちょ。。。
                    やつはすぐに来たのであった
                    オソ合わせの縦合わせを心がけての
                    冒頭のカット
                    8寸クラスである
                    苦の2日に楽の本日
                    楽しい釣りってこうなんだよね
                    誰よりも釣って自慢したい
                    仕事みたいな釣りよりも
                    いろいろ策を練って
                    攻略方法を考えて
                    思い通りの結果を見つけて
                    自分の定番化にする
                    数やサイズなんかよりも
                    こっちのほうは釣りは確実に楽しくなる
                    他の釣り場でも攻略の基本を根幹に持てるから
                    ある程度心配なく釣りができる
                    誰よりも釣って自慢したいだけの釣りには
                    実はまったく中身はなかったりする
                    単にあすこであれをたくさんでかいの釣った
                    なんて釣りは
                    おいらには不要です
                    たとえば
                    ここはこのようにやると釣れます
                    ここまでなら誰でもできるし
                    できない人も多い
                    本当は
                    ここはこのようにやると釣れます
                    なぜか?
                    ここはこのようなところなので
                    このやり方が一番いい方法だから
                    そう
                    釣れる理由付けができる人が
                    本当のうまい人であり
                    玄人の釣り
                    どこそこの場所で
                    その障害物にひっかっけて
                    リアクションで食わせるなんて
                    説明は
                    理由付けがない
                    結果論だけで作り上げてしまった理論
                    他の場所で応用できないようなメソッドなんて
                    ただの無駄な自己満足でしかないと思う
                    いつだか
                    ネットの大親友が紹介していたブログ
                    そのブログ主の釣り場の釣る為の解説が圧巻だった
                    角度
                    干満
                    ベイトの入る方向
                    すべて計算されていた
                    下手なフィッシングライター顔負けであった
                    自分が求めている理想の理論構築だった
                    楽しい釣りとはそんな釣りでもある
                    自分にとってのテンカラは
                    今まさに途上中の釣りである
                    毎回が楽しい
                    今やってるのはまさに
                    計算されたテンカラスタイルの構築。。。

                    20170623テンカラ行脚・・・今年はライン変えた

                    0

                      ども

                      おさーん46です。
                      いきなしアフィな画像で説明ですが。
                      今年からこれの2.5号を使ってるのだ。
                      いまんとこのメインが
                      ビーズヘッド。
                      なので
                      細めのほうがターンしやすいわけ。
                      その算段で使ってるのだが。
                      通常の逆さでも十分使えるのだ。
                      本流テンカラNP44に
                      これを6mほど
                      ハリスは1.5m出すときもある
                      これは飛ばすというより
                      たるみを多く出して
                      前に飛ばすイメージ
                      これでハリスが短いと
                      乗らない
                      意外とハリス長さは
                      重要っぽい
                      このシステムで
                      ルースニングシステムも組んでいる
                      ルースニングもけして万能ではない
                      一長一短なとこがおもろかったりする
                      さて今日は青森へ
                      県美に展示を見に
                      帰りはどこで振って帰ろうかなあ。。。

                      | 1/2PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM