20170625〜8…テンカラ行脚…苦もあれば楽アリ

0

    ども

    楽しい釣り
    してますか?
    おさーん46です
    日曜
    ちょっと遅く起きて
    いつものご近所へ
    しかし
    すでにフライの先行者(とても珍しいのだ)
    はてと
    やや下へ
    いつもは
    外しているポイント
    案の定
    勝手が違うのか
    2ばらし・・・
    テンカラ
    まだまだ修行だね
    いいサイズじゃないのが
    まだ救いかな
    つっても
    うにゅんうにゅんはするので
    機会を見て
    またもや直行してみるが
    ちゅどーん
    ウグイのみ
    いいさいずの
    ういぐー
    実は
    ビーズヘッド
    逆さ
    の2本立てなのだが。。。
    ラインが逆さに合わない(・へ・;
    準備不足。。。
    しゃあない
    そして
    きーんこーんかーん
    仕事はよおわたな(・へ・?
    いぐべ
    今度は
    いつもの場所
    しつこくビーズヘッドを流していくと
    がちゅんぐりぐり
    いきなしきりもみ
    いただいかなあ
    ふん。。。
    ばれた(・へ・;
    あかーん
    もういっちょ。。。
    やつはすぐに来たのであった
    オソ合わせの縦合わせを心がけての
    冒頭のカット
    8寸クラスである
    苦の2日に楽の本日
    楽しい釣りってこうなんだよね
    誰よりも釣って自慢したい
    仕事みたいな釣りよりも
    いろいろ策を練って
    攻略方法を考えて
    思い通りの結果を見つけて
    自分の定番化にする
    数やサイズなんかよりも
    こっちのほうは釣りは確実に楽しくなる
    他の釣り場でも攻略の基本を根幹に持てるから
    ある程度心配なく釣りができる
    誰よりも釣って自慢したいだけの釣りには
    実はまったく中身はなかったりする
    単にあすこであれをたくさんでかいの釣った
    なんて釣りは
    おいらには不要です
    たとえば
    ここはこのようにやると釣れます
    ここまでなら誰でもできるし
    できない人も多い
    本当は
    ここはこのようにやると釣れます
    なぜか?
    ここはこのようなところなので
    このやり方が一番いい方法だから
    そう
    釣れる理由付けができる人が
    本当のうまい人であり
    玄人の釣り
    どこそこの場所で
    その障害物にひっかっけて
    リアクションで食わせるなんて
    説明は
    理由付けがない
    結果論だけで作り上げてしまった理論
    他の場所で応用できないようなメソッドなんて
    ただの無駄な自己満足でしかないと思う
    いつだか
    ネットの大親友が紹介していたブログ
    そのブログ主の釣り場の釣る為の解説が圧巻だった
    角度
    干満
    ベイトの入る方向
    すべて計算されていた
    下手なフィッシングライター顔負けであった
    自分が求めている理想の理論構築だった
    楽しい釣りとはそんな釣りでもある
    自分にとってのテンカラは
    今まさに途上中の釣りである
    毎回が楽しい
    今やってるのはまさに
    計算されたテンカラスタイルの構築。。。

    20170623テンカラ行脚・・・今年はライン変えた

    0

      ども

      おさーん46です。
      いきなしアフィな画像で説明ですが。
      今年からこれの2.5号を使ってるのだ。
      いまんとこのメインが
      ビーズヘッド。
      なので
      細めのほうがターンしやすいわけ。
      その算段で使ってるのだが。
      通常の逆さでも十分使えるのだ。
      本流テンカラNP44に
      これを6mほど
      ハリスは1.5m出すときもある
      これは飛ばすというより
      たるみを多く出して
      前に飛ばすイメージ
      これでハリスが短いと
      乗らない
      意外とハリス長さは
      重要っぽい
      このシステムで
      ルースニングシステムも組んでいる
      ルースニングもけして万能ではない
      一長一短なとこがおもろかったりする
      さて今日は青森へ
      県美に展示を見に
      帰りはどこで振って帰ろうかなあ。。。

      20170619…テンカラ行脚…イブニングにチャンスがあるなら行くでしょ

      0

        んちゃ

        おさーん46です
        もやもやもやもやもや
        うにゅにゅうにゅにゅ
        ・・・・・・・・・・・・
        そりゃもううっぷんはたまるわけで
        きーんこーんかーん。。。
        定時で仕事が無事終了。。。
        ちゃりにまたがり
        (・へ・?
        あ。。。
        いけるもんね(・へ・?
        アパートに着き
        着替え。。。
        そりゃね
        車で20分だもん
        ちょうどイブニング寸前でごじゃる
        今回は釣り下らず
        スタートへ一気に入り上る算段
        すかーす
        こない(・・;)
        ライズは見えない(・・;)
        うぬぬんうぬぬん(・・;)
        ルースニング
        毛ばりは
        対40ヤマメ使用の10番フック。。。
        (・へ・?
        もすかして。。。
        突如いつもどおりの
        102Y11番に戻し
        場所移動。。。
        いつものドリフトで
        真正面にフィーディングゾーン(食うポイント)を設定
        すると
        すん!
        ラインが走った
        おし!
        スパンと合わせ
        ロッドを下流へ寝かせた
        すべては昨日のバレや乗せの悪さを考えての行動。。。
        かなりのやり取りであがったのが。。。
        25クラス
        しかし太いのだ
        リリース後
        やや上を流してみる
        すると小型がライズ
        その周りには必ずいるはず
        すん!
        軽くラインが入る。
        ひゅううううんひゅんひゅんひゅん。。。
        本流テンカラがいいように満月を描く
        ハリスは1号
        通常なら楽勝の強さであるが。。。
        きりもみ動作でハリスをまきつける。。。
        (・へ・;
        やべえな(・へ・;
        ゆっくりと岸際へ
        なんとかネットイン(・へ・;
        うんわあふってええじゃ(・へ・;
        胴体にハリスをまきつけた後ががっちり。。。
        32センチ
        これでも昨日のばらしたのよりは
        まだ小さいと思う(・へ・;
        アレいったいなんやろな。。。
        完全なスーパーヤマメ
        戻りヤマメ特有のぎらぎらボディなのだ
        気づくと
        日もかなり翳っている。。。
        やさしくリリースし
        まちへと戻った。。。
        確実にいえるのは。。。
        40近いなんかおるなぁ(・へ・;
        鯉じゃないなありゃ。。。
        完全に大ヤマメだろうな
        昨日で自信が消えかけたおさーん46
        今日で再度浮上でござる。。。

        20170618…テンカラ行脚…ご近所本流釣行。。。ああばらしの嵐

        0

          んちゃ

          おさーん46です
          ご近所本流テンカラ
          しょっぱなこの25クラス
          いやほんと指がまわらんのですよ太くて。。。
          まあ、これで帰ったら
          うぬぬ
          うひょおお
          うんぎゃあ
          って
          悩まずにすんだのに
          こいつをリリース後
          釣り下っていったのですが
          流しきった後にショートバイトなんぞがおきたり
          ピックアップに食ってきてバレ
          うにょにょうにょお
          っと悶絶
          「なんでやああああああああああああ」
          と雄たけびが峡谷に響きます
          最後の場へ
          なんかでかいのが見えます。。。
          一投目
          ラインがいきなしとまり
          おしゃ!
          合わせたとたん
          ひゅううううううんひゅんひゅんひゅん
          糸なりが全開
          もらったああああ
          と思った瞬間
          ふにゃん
          あへ(・へ・;
          あふあふいってるおさーん46
          姿はぼやけてはいたが浮いてきていた
          あきらかに35アップ
          正真正銘の大ヤマメだ。。。orz
          one more chance
          なのだが
          実は来週は青森へ行き
          再来週も予定決まり。。。
          あふあふあふ(・・;)
          ああちっきしょーーーーー
          とりあえず
          バレは、スプリングバックによるものであるのは決定的。。。
          102Yなんかを使ってるから
          本流では無理があるのは明白なのだ(ノД`)・゜・。
          甘く見てるのはおいらでありまして(ノД`)・゜・。
          9300と112TRで巻き巻きしておこう
          (ノД`)・゜・。
          へばのー

          20170610…テンカラ行脚…突然のどちゃぶりにはかなわん。。。

          0

            んちゃ
            歳に似合わない枕ではじまる
            おさーん46
            昨夜の予報は
            本日は大気が不安定となり急な雷や雨、風に。。。
            まあ、しゃあないか
            Zzzzz
            4時半におき
            一路北へ
            いつもの山奥手前の集落。。。
            昨年の出水であっちこっち
            工事中である
            その割にはあまり影響はなさそうだ
            川をこそっと覗き込むと
            >゜)))彡が泳いでるのが見える
            さてやっか(・へ・?
            ビーズヘッドウエットをつないで誘い入れながら流したら
            一発目で冒頭の7寸サイズ岩魚(なぜか今年はこんなの多い)
            その後は続かず。。。
            ちょこちょこ場所がえしていくと
            10センチ岩魚が出てくるのだが。。。
            いいのがこない(なので撮影もしない)
            すると
            ぽつぽつ。。。
            ごろごろごろごろー
            雨と雷だ。。。
            (´・_・`)降りるか。。。
            林道のそばを見ると
            ミズがおがってきていた
            太いのだけつまみ。。。
            お(・へ・?
            エゾハルゼミが。。。
            もう初夏なのね(・へ・
            お土産は
            はしりの割りに太いのあったミズ
            今時期はたいていこれを土産に帰るのだ
            ゆでておけば
            2,3日はもつし
            サラダでもきんぴらでもなんでも旨い山菜である
            そして着替えあと
            どしゃああああああああああああああああああああああああ
            と降ってきた
            ささけるべけるべ
            と今もどったのだーん
            へばのー

            河北からの転載なのだー:おいら的テンカラの考え〜毛鉤ってどなのよ?水面〜水面直下の巻

            0



              おばんです。
              源流遡行準備中のため、2週も釣りに行かない中の人です。

              さてそんなときのネタとして、おいら的テンカラの考えのお話。

              つい最近、youtubeで、テンカラの名士といわれるかたがたのトーク会の模様を見ました。

              テンカラってつい最近まで、

              なんでも毛鉤はええんやでーというのが、雑誌に解説されていたと感じますが。。

              吉田毛鉤の吉田さんや、老眼テンカラの倉上さんの注目で、毛鉤セレクトがそれなりに多様化したと感じています(はい、これでも元業界の隅に居た人なので、仕事上、テンカラという分野をずっとみてきましたので)。

              このトーク会は、それまでの名士のみなさんの毛鉤に対する考えがかなり整理されたトーク会で、吉田さんや倉上さんが従来のテンカラの中では、かなり変わった位置と見られていたと思われるのですが、釣り場という観点でいけばかなり合理的な思考で、あのようなバリエーションとなったということがわかります。

              石垣先生や瀬畑翁の釣り場は、天然河川、吉田さん、倉上さんは、放流河川でリリース多し。
              この差は歴然ですね。
              一般的にはスレてるという表現の河川(ぼくは、スレという表現は好みません)は、学習してるわけで、餌と毛鉤を見極める力があるわけです。
              実際に真逆な例だと、天然河川のイワナを増水時に釣って、腹を割くと、ゴミがたくさん入っています。
              流れてくるものは餌という認識が強いからだと思います。
              これが学習された魚の多いとこになると、ゴミは食べるのに、毛鉤は見向きもしないとなります。
              これはそのときの餌の流れ方に反応してる度合いなんだと感じます。
              科学的にデータ化するのは難しいのですねえ(はい、一応、社会人スタートはとある研究職の私です爆何を道まちがったんだろう)。

              枕が長いので本題に_( ̄▽ ̄)ノ彡☆ばんばん!

              冒頭の毛鉤画像。今年の、水面から水面直下までのメインです。
              わかる人はわかると思うのですが、日本古来のテンカラ針のマテリアルのみで仕上げています。
              羽根は、メスキジの胸毛、胴はぜんまい綿です。

              不思議で非常にアタリが多いのです。今年、とあるとこで、ぜんまいを見つけ、綿毛を確保です。
              ためしに巻き(この綿毛非常に難しいですの巻くの)、持参すると、

              ぱふんぱふん食ってきます。

              おいら思ったね、フライライト600円はらわんでもええがな( ̄皿 ̄)

              まあ、実際沈める毛鉤も、この同系に近い色の、ハーズイヤープラス。。。

              そして、昔の人は、きちんと釣れる素材をしっていたんだということを痛感します。

              この毛鉤、水に浸すと、かげろうが水から飛び出すような形になります。


              この画像の毛鉤。
              そうです、自己融着テープは使ってませんが、瀬畑式の逆さ毛鉤です。
              水面から水面直下では、これが去年までの主力でした。
              ちなみに、この胴の色しか使いません。
              蛍光グリーンは、テレストリアル全般、蛍光オレンジは、おそらくこれテレストリアルなんでしょうけど、魚の意識下の闘争スイッチが入る感じがします。
              クロっぽいのカディスピューパグリーン、トビケラの色。これが唯一毛鉤っぽい色。。。
              でも実際にこの色は、何が意識されて食ってるのか

              わがんね。

              ちなみに、ほかにもたくさん色変えたの作ったけど、定番のクロやクリームは撃沈。。。
              瀬畑さんの記事の画像見ると、このオレンジと黄緑、あとは自己融着テープのソリッドなブラックばかりだったり。。。瀬畑マジックなんだろうか(^^;

              まあでも、これで出てくる時期とパターンはだいぶわかってはきたので、定番の一角。
              ないと困る。

              前出のぜんまい胴が、この毛鉤の前の時期を埋めてくれたのでとてもシーズンのつながりが生まれてきたのですよ。

              で。。。


              たぶん、永遠のサブとしての位置にある。
              パラシュートたち。
              フライやってる人はわかりますよね。どてーーーーーーーばんの夏のフライ。
              おいら、最初はわからんのでこういうのもいっぱい巻いてました。
              けど、釣ったのはそんなにない。
              ありんこパラ(真ん中のなんかそれ)くらいかな。
              これでぽつぽつでてるとこに、瀬畑逆さ打つと、普通にぽこぽこ出ることのほうが多い。
              これは完全にフライの特性なんだなと。こいつら基本、動かしちゃだめでしょ?
              ドラックかかったりとか。テンカラじゃドラック上等なわけで。
              今年からハリスを2mくらい出すときもあるんで、その場合ならいけるのかも。。。
              ともう少し使ってみたいなって。
              でもねこの子たち、まき方をもちっと工夫したいと感じるのが、スパイダーパターンとかなの。
              レッグラバーとか使ったタランチュラも面白いなあって思うし、マシュマロパターンとかも、テンカラで使えそうだし。
              けどけど、振りやすさとか見ると明らかに、従来の逆さや順毛は一枚上。
              振るためのシステムがシンプルだから、なるべく抵抗になるものは減らしたいからね。
              そういう面でも、テンカラの針としてのフライパターンは工夫が必要だし、いろいろやってみる価値がある。マシュマロなんか出来そうだからね、なんかさ。

              テンカラやってる方はみなさんたくさんのパターンあるはずですやん。
              でも、パターンはあっても色はひとつとかね。
              もっとバリエーション殖やしていけば、普通の釣り場でもそこそこ遊べるんで、トライアウトしていきません?
              魚いないとか、この毛鉤にでにくいとかで、辞めちゃうのはね、もったいない。
              僕自身、餌やりながら、ルアー時代の考えをもってきたり、餌の中でみつけたヒントをテンカラに入れてやってみてます。ぜんまい胴も、実は、見た瞬間、餌釣りで見つけたヒントにはまった胴の素材です。

              そういう感じで、いろんなことを複合して考えていったのが今年から本格的に始めたパターンです。

              そちらは気が向いたらねー。

              外は、雷雨になりました。梅雨ですね。
              すでに、30日からの追良瀬中流部遡行の準備が進み、楽しみですね。
              1日下山し、その日の宿まで、小さな河川をテンカラで回り、
              2日は、白神トレッキングして戻ります(実家だけどねー)


              過去ログより:岩手渓流解禁の厳しさ

              0

                 

                去年の解禁は安家川からでした。

                水温も低い。
                餌でやっと2,3のヤマメ。。。
                そう3月初めなんて岩手はまだ冬でございます。
                では
                そんな状況でどう攻略していくのかっていつも考えながら釣ってるわけです。
                餌なら流さずに止めて釣ったり。
                必然とちょうちんで釣ってるなんてこともあります。
                テンカラではどうするのか?
                ここで、餌とルアーのいいとこどりな面も出てくるわけで
                ルースニングは止めもドリフトもできるうえに
                毛ばりの動きや色はルアー的要素があります。
                本流テンカラでぼくがビーズヘッドよく使うのは
                ルアー的要素を期待していますので
                解禁はまだ行けないのですけど
                テンカラで一発目はやりますけどねー
                評価:
                ---
                土肥富 マルト(MARUTO)
                ¥ 710
                ()
                コメント:早くまかないと(・へ・;


                明日は岩手渓流解禁なのだ!解禁からテンカラで遊ぶ

                0

                   

                  ども

                  解禁とわかさぎの延長で困ってるおさーん45です。
                  解禁からテンカラで
                  という無難とはいえない遊びを
                  去年から実践しているおさーん45
                  簡単なことで
                  ニンフを使えばいい
                  インジケーターもあれば
                  なおよし
                  というスタンス
                  これを始めたおかげで
                  テンカラで釣れない釣れるが若干理解できてきたの
                  ニンフなんて結構簡単に巻けるしね
                  タングステンのヘッドありゃなんとかなる
                  これで普通にえさ釣りと同じくアタリは取れるわけです
                  昨年度は
                  こんなのがいきなし。。。
                  てことで
                  たぶん解禁はおいらもすこし後だなぁー
                  わかさぎできそうならそちら優先
                  へばのー
                  評価:
                  ---
                  土肥富 マルト(MARUTO)
                  ¥ 710
                  ()
                  コメント:去年からテンカラニンフで使ってるフック。TMCよりも安いし遜色はありません。

                  評価:
                  ---
                  フライマート
                  ¥ 580
                  ()
                  コメント:初期のテンカラニンフはこのサイズを使っています。大きな河川では4mmも。ま、ルースニングなんで、基本、ラインをトレースできればいんだよう


                  | 1/1PAGES |

                  calendar

                  S M T W T F S
                      123
                  45678910
                  11121314151617
                  18192021222324
                  252627282930 
                  << June 2017 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  • 20170619…テンカラ行脚…イブニングにチャンスがあるなら行くでしょ
                    たいっつあん (06/24)
                  • 20170619…テンカラ行脚…イブニングにチャンスがあるなら行くでしょ
                    むぅ (06/21)

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM