201707...閑話休題。。。メバル狙いで考えることもろもろ

0

    ども

    おさーん46です
    さて
    お題目のこと
    最近
    社内でもメバルを狙う人が数人いる
    それだけ楽しい釣りなんだろう
    ある人は
    おいらが青森にいたころから
    メバルにはまっていて
    いろいろ質問もしてくる
    ほぼ生態に基づいた攻略の方法を話したりする(といってもおいらは水産学者ではないけど)
    言われてみれば
    リグやメソッドのことはほぼ話すことがない
    つが
    雑誌見りゃわかんじゃん
    というのが
    正直なところ
    それで飯食ってる人がいて
    書いてるわけなんで
    じゃ
    おいらは雑誌みて
    その通りやってるのかといえば
    さにあらず
    というのが本音
    基本は
    リトリーブとリフト&フォールであるのは変わりないし
    レンジとジグヘッドの重さをどうやってつかいわけるかだろうし
    雑誌でやってるような必殺的なもんは無し
    ただし
    場所によって
    活性によって
    リグは大きく変更する
    といっても
    ジグヘッド単体
    フロートリグ
    の二者択一
    以前は
    ULジギングもあったわけだけど
    めんどくさい
    プラッギングもあったけど
    そんなもんそろえて持ってく気が起きない
    というずぼらな理由で
    ワームを使うなかでの
    二者択一をとっている
    ハード系持ってくと
    ロッド3本はないと結構ね
    今回の夏泊では
    ほぼフロートリグで通した
    なぜかというと
    手前にハエ根がごろごろあるような感じで
    ごろた浜と一緒なの
    となると
    そのハエ根の手前で浮かせないと
    魚取れないという問題が出てくるの
    それに飛距離もでるし
    スローにも引きやすい
    またはステイからのフォールもしやすい
    ??
    フォール??
    という人もいるだろう
    おいらが使うのは
    スローシンキングのフロートが主力
    ドスローでフォールさせる意図があるから
    フローティングはあんまおいらの釣りに意味がない
    そして
    あたりはほぼ
    手感度やラインスラッグでとる
    ウキなんだけど
    ウキであたりはとらない
    メジナのスルスル釣りや
    天狗ウキのウキでフォールさせる釣りなんかとまったく一緒
    もちろん
    明るいうちならウキでもあたりはわかるけど
    ウキは沈んでるので
    ウキの沈む速度であたりをとることになる
    このリグ
    水中でどのようなってるかというと
    フロートを支点に
    ハリスと道糸がくの字の状態になっている
    なのでナイロンなんかではあたりはわかりにくい(信号伝達を考えるとわかりやすいか)
    PEとフロロでライン構成をすることで
    あたりが増幅できる
    このフロートを支点に
    ジグヘッドはフォールするわけだけそ
    フロートへのテンションの掛け方で
    フォールの仕方をかえることができる
    がっちりテンションかけてのフォールを基点にするとわかりやすい
    フロートを浮かせぎみ程度に引いてのテンションなら
    フォールはドスローになるし
    テンション抜けば
    ある程度
    ファストになる
    それを基礎に考えれば
    いろんなことができる
    ちなみに
    フロートの波によって(これを波動とよぶ人がいるが科学上うそなのでやめましょう)
    メバルがよるとかいろいろな話もあるが
    そんなもん一切経験はないな
    リグの方法は
    売ってるフロートにあわせた方法をやればいいと思う
    おいらは自分の使いやすいような方法でリグを作っている
    フロートを選ぶときの注意なんだけど
    フローティングとスローシンキングで
    重さをそろえておけばいい
    潮が早い場所なら
    ジグヘッドの重さで調整すればいいように感じる
    フローティングもそろえておけばいいと書いてるが
    これは
    重めのジグヘッドを使うことで
    スローに沈めることができるということ
    すべては潮流と水深なんかを考えておかないと
    まったく意味は無くなる
    逆に
    堤防のように切り立ってるとこなら
    フロートなんか使わないことがほとんど
    あくまでも
    最終選択の1方法という点で考えながら使うと
    釣り場も広がるし
    自分の不得意なことをカバーもしてくれる
    実際
    この年になると
    適当にやって
    適当に楽しくなんて
    思うようにもなるんだけど
    その適当なことをやるための方法論は
    結局無駄に長いキャリアの積み重ねで得た
    ヒントや経験で見つけたことをやってるわけで
    楽しくなるかどうかは
    その人次第なんよ
    よく釣りの世界の傍観者に
    教える楽しみがあるよねって
    言う人もいるけど
    何も楽しみに思ってるやつなんて
    玄人には皆無なのよ
    請われれば教えることもあるけど
    結局は自分でわからない部分は
    自分で解明したほうが
    どんなこともすっきりするわいね
    仕事でも
    聞くのは
    基礎的な不安な部分であって
    あとは自分で切り開くことが多いはず
    釣りやってると
    教えてくんはたくさんいるし
    教えてあげようくんもたくさんいる
    教えてあげようくんも
    中身はすっからかんなことが多く
    その教えてあげようくんも
    そのことに気づいてない人が多い
    以前は釣具屋でこういう話をしていたわけだけど
    この両名は
    釣具屋でもたいていは他の客に嫌われる
    大概、周りの連中にそういう点を指摘されて
    説教されたりという風景をよくみてた
    自分も20のころは
    教えてくんに成りかけて
    先輩に窘められたし
    教えてあげようくんにもなるなって
    よく言われた
    教えてくんは
    釣りを覚えていく過程で
    誰でもなりえるし
    教えてあげようくんも
    同じ
    けど普通に釣りを覚えていけば
    その手前で回避できるのだけど
    今の釣り人は
    不幸なことに
    釣具屋というサロンがなくなってきたために
    ネットでそういわれてもわからない人が多くなった
    釣具屋ってそういう意味じゃ道場だったんだな
    さて
    最後は脱線してるけど
    こやして
    自分の釣りを振り返るのは
    自分のためだけでしかない
    核心的な部分はあんまかいてないのは
    今後もまたいろいろ変わっていく部分があるはずだから
    釣りってそういうもんですわな
    へばのー

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 20170702 ボートで何釣る?…数年ぶりのシロギス
      たいっつあん (07/07)
    • 20170702 ボートで何釣る?…数年ぶりのシロギス
      むぅ (07/07)
    • 20170619…テンカラ行脚…イブニングにチャンスがあるなら行くでしょ
      たいっつあん (06/24)
    • 20170619…テンカラ行脚…イブニングにチャンスがあるなら行くでしょ
      むぅ (06/21)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM