20171014:シーバスと青モンを狙うと青モンが来ます

0

    ども

    くそいそがしー最近の
    おさーん46です
    ある日
    飯食いながら
    ようつべの配信チェックしてると
    最近
    青森でも
    若い釣り人が
    動画を配信してるようで
    結構楽しんで見ている
    たまたまチェックしたのを見ると
    うーん(・へ・?
    いつもおいらが使ってるミノー
    ※通常、海アメ主戦で使用している
    サイレントアサシン140
    ほぼこれでしか釣ってない動画主
    これ
    陸奥湾歩いてる人間ならどこなのか
    ほとんどの人はわかるであろう動画ばかり。。。
    まあ、そんな場所なんかより
    アサシンのフック伸ばされてるのみて
    そりゃそれ
    シーバスじゃないだろうに
    と思う(・へ・?
    そういや
    イワシわんさか陸奥湾でわいてるんだよな(・へ・?
    おさーんは思う(・へ・?
    往復150キロ
    片道1時間程度である
    久々に行くかな(・へ・?
    てことで
    シーバスメインでタックルを組むつもりが。。。
    うーん(・へ・?
    あのフック見たら
    どう考えても(・へ・?
    となり
    リーダーに30ポンドナイロンをチョイス
    いまさらフック交換というわけにもいかず
    新品のST46#4を装着
    リールXGタイプ
    サイレントアサシン主体なので
    これがマストバランスとなる
    ロッドは
    ショアガン106M+フラットエディション
    こいつ5キロくらいのワラサはいけそうな感じだから
    いろいろ重宝しますな
    これで
    狙いは
    シーバス、青物
    で良いバランス
    堤防からだからこれで十分なのよ
    贅沢にそろえるなら
    ヒラスズキタックルでいける
    磯と違うからね
    シーバスタックルでブリまではいけまんがな
    仮眠とって
    しゅったつ
    場所は
    陸奥湾内としておく
    八戸から74キロの位置である
    到着すると
    すでに3,4人
    聞くと
    やはりイワシについたシーバスがでてるとのことだった
    適当にカラーを選びキャスト
    開始は3時半ころ
    シーバスを意識した
    泳ぐか泳がないかの境で
    リーリングするが
    無反応。。。(・へ・;
    うーむ(・へ・?
    通常の泳ぎを意識したスピードでリーリングすると
    こつんこつん
    沖にベイトがいるんだろうか
    ベイトにルアーがあたってる感触がある
    ちょっといけんじゃね(・へ・?
    と思い
    そのスピードでリーリングし続けると
    ごっ
    ルアーががっちりとまるあたり
    シーバスならここで
    ぐわんぐわんと頭を振るはず振るはずふるはず。。。
    ジャあああああああああああああああ
    あれ(・へ・;???
    青物のアタリである。。。
    結構な感じで引くんだけど
    あたりは
    真っ暗闇である(街路灯あるけど)
    となりにいた
    親子連れのわかいお兄さんも
    なんやらと近づいてきた
    しかし
    ワラサなら
    実にジギング現役引退から
    はや13年にもなる
    久しぶりにやりとり
    しかも
    堤防。。。
    (・へ・?
    ロックショアやってたのは20年近く前である(・へ・;
    ドラグはぎりぎりテンションで
    メインラインはPE1.5号である
    余裕はあれど
    体余裕無し
    手前まであと20mほどから
    スクワット気味にリフト
    ライトを照らしてみると
    ぼわんと白く体高あり
    あれしろっぽい(・へ・?
    シーバスかなあ(・へ・?
    一気に反転した瞬間
    イエローラインが見えた
    ありゃぎりワラササイズか
    ネットを準備し
    再リフト
    走りも完全にとまったところで
    ネットイン(いやあ久々のネットいれだね)
    ぐへへ
    65センチ
    ワラサのミニマムといった感じかな
    持った感じで3キロってとこ
    親子連れさんが撮影してくれた
    めったにない物持ちでござる
    〆て腹をさくと
    20センチほどのいわしがごろん
    なるほどなあ
    イワシつきなわけだ
    見事にフロントフックがへし曲がっておりますな
    基準のST46じゃもたにゃいのですよ
    青物がまじで来るとは思えなかったが
    安パイで
    ナイロンで30ポンドを組んで正解だったのかも
    ここでフロロを選択していたら
    フック全滅の可能性大
    シーバスメインか青物メインか?
    と考えた場合
    問題はいつもフックなんだな
    さてさて
    陸奥湾
    ここ数年青物天国でござる
    今年はやや悪い程度なんだけど
    今後も定番化するかは
    エサと水温次第なのかも
    冬場も小泊沖で青物があがるようなら
    来年も可能性は大きいと思う
    今回は手持ち弾が限定的だったが
    できるなら
    ポッパー、ダイビングペンシル
    ももって行くべき
    サイズは14センチ
    もちろんジグは必須なんだが
    湾内の堤防なら
    水深を考えたら
    プラグ系のほうが食いはいいと思う
    竜飛にいってたおさーんも
    ポップクィーン140つかって
    バイトさせてたし
    次回いくときは
    ポップクィーンは忘れてしまわんようにしとく
    では
    ねむくなったの
    へばのー

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM