20171110・・・ご近所ヤリイカのたび

0

    ども

    すっかりブログ書いていない
    おさーん46です
    たぶん10日だったのであろう
    記事を
    前週
    マダイは中止
    その次は19日。。。
    その合間をどこへいこうか(・へ・?
    やりいかいくか(・へ・?
    場所をいろいろ考え
    南下
    しかし
    おきにーの堤防。。。
    テトラポッド増築。。。
    2度と来ないここ。。。
    てことで
    北上
    いつもの国境の漁港。。。
    入っていくと
    先客
    あら(・へ・?
    やりいかゲットの模様
    こんばんわー
    と会話
    すると
    100円ショップのエギで釣れたらしい(ぬお)
    それも初心者。。。
    てことは
    (・へ・?
    空いてる場所でキャスト
    2,3投で
    あら見切れてる
    まーサイズは例年よりも小さめ
    陸奥湾と似たようなサイズ
    棚は中層より下
    活性は悪くないのだけど
    のりが悪い
    3杯ほど抜けてしまったが
    とりあえず4杯ゲット
    反応も低くなったので
    撤収
    銭湯によってから就寝
    翌日の夜はお決まりのお刺身
    いつもならこれで一杯分のイカの量なんだけど。。。
    しかし
    太平洋岸のヤリイカ狙いでは
    エギのサイズに難儀する
    最近はディープタイプがあるので
    非常に楽になった
    以前なら
    2.5号のエギに
    糸錘を巻くことで
    足場の高さをフォローしていた
    高いところでは
    7mの足場も普通にあるのが太平洋岸
    通常の2.5号エギの質量では
    ラインがうまいぐあいに張ることもできないし
    PEラインでは
    いくら細くしても
    飛距離が出ても
    堤防下からの風による揚力で
    ラインが吹き上げられてしまう
    最近おさーんが使ってる
    太平洋岸のラインシステムは
    PE0.4号
    サブに
    フロロ5ポンド
    PEに組むリーダーは
    6ポンド
    フロロは
    ダブル直結
    さて
    フロロを使う理由は
    質量を利用しているのである
    PEは質量がないので
    根本的に風に負けてしまう
    フロロであれば
    質量があるので
    ある程度風に勝てる
    風があると
    フロロのほうが飛距離はでる
    ここで
    フロロだとある程度伸びがあるんじゃないか?
    といわれるだろうけど
    ヤリイカでのしゃくりの強さと
    アクションの大きさを考えてみてほしい
    アオリイカのしゃくりなんかより
    ソフトなんだから
    フロロでも十分なの
    これは
    おいらの中学の後輩であり
    イカ大臣といわれてた男も
    実は
    ヤリイカではフロロ愛用者だった
    ちなみに
    よれがひどくならない限り
    交換することもない
    吸水しないからええのだ
    このラインシステムであれば
    足場の高い堤防でも
    2.2号ディープ程度のエギで
    大抵の場所はカバーできる
    まあ
    陸奥湾のように
    足場が低い堤防が主だった場所なら
    ここまで気をつかわんのだけど
    さて
    実は次週の予定も
    マダイは中止となった
    なので
    書くねたが
    ここで切れた爆
    もしかすると
    明日あたり
    どこかへ旅に
    へばのー

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM