閑話休題:流れの中の釣り

0

    ども

    この前音楽記事書いたけど不評だったようなので
    もとにもどる
    おさーん47です
    閑話休題ってとこで
    流れの中の釣り
    テンカラやってると
    止水で釣ることの難しさをよく感じますな
    以前
    バスやギルを相手にテンカラをたまに振ってました
    目的はキャスト練習
    しかし
    非常におもしろいことを感じたのです
    通常
    テンカラは流れのあるところを流して
    渓流魚を相手にしますわな
    ところが
    バスって止水にいるんですわな
    決定的な違いは
    流れ
    意外や意外
    この流れがないことが
    テンカラ含めた
    毛ばり釣りを
    異様に難しくするのですよ
    しかし
    同じ毛ばりでも
    フライなら
    さまざまなやり方やパターンで
    食わせることができる
    それは
    動かしたり
    はては
    ロングステイのみ
    真逆だわな
    ただそれも
    フライの特徴をよく理解している人ならよいけど
    止水の釣りを経験していないフライフィッシャーは
    ほぼ苦戦してるそうな
    そういう風景はよく見るけどね
    ちなみに
    テンカラもそこを理解できれば
    フライと同じように食わせることはできるわけで
    その理解度で
    食わせることができるかどうかが
    決まってくると感じる
    どちらにしろ
    流れの中の釣りのほうが
    流れによって演出を助けてもらってることに
    気づいておくと
    いろんな釣りの考え方の構築に
    大きく役立つことは間違いない

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM