201606:近郊メバル定点観測〜もぐらたたき〜

0

    ども

    おさーん47です
    戻り梅雨といえばよいのか
    それとも
    単に
    ヤマセ
    なのか
    本日は非常に寒い。。。
    そんな寒い7月に
    6月の定点観測の話
    今年は
    クロソイの定点観測は一切やめる方向で考えている
    時期が来れば
    それなりに遊ぶけど。。。
    やる意味をあまり感じなくなったのは大きい
    定点観測の対象とすることでのメリットがなくなってきたからだ
    その代わり
    メバルを主軸に定点観測を行っていく方向に
    これを機会に
    新たに改廃魚種として
    アイナメは
    ターゲットとして狙うことを
    しばらく辞めることにした
    つい先日
    手持ちのアイナメ用ワームを
    すべて譲渡
    実際には
    ここ2年
    アイナメはまったく狙ってはいないのだが
    カレイ釣りの外道で掛かってくることはあっても
    狙って釣ることはなかった
    しばらくは狙わない理由は
    簡単なことで
    通常の
    おかっぱりやオフショアの釣りでも
    数が激減していることが主な理由
    自分の考えの中に
    激減種は一旦やめて様子を見るという
    考えがある
    今まで狙ってきたものは
    増加傾向にある魚種のみしかいなかった
    これは今後も変えずにいこうと思う
    よく
    新しい釣り方や
    新しいポイント開拓で
    一時的に好調な気配を見せることも魚種によってはあるのだが
    最近の水産統計学的なものを学んだ人なら
    だいぶ認知はされているのだが
    一過性の増加事象を理由に
    危険な状態であるうなぎやマグロを
    まともな規制をせずに
    ますます絶滅に近づける状態に
    現在の日本はなっている
    悪循環を生むだけの規制によって
    さまざまな魚種が激減の一途をたどっている
    釣りは
    生息数に影響しない
    という人は多いが
    それ自体も危険な考えであって
    実際に
    アイナメのような
    群れが大きくない根魚は
    釣りによる局所的な乱獲によって
    生息減少に大きく作用することが
    あらゆる地域でも見られている
    おさーんも
    竜飛のオフショアで実感したことがあるほど
    さて
    新たに定点観測の対象はメバルである
    今まさに八戸で増加傾向にある魚種
    今後の傾向を掴むために必要なことでもあり
    青森から出て10年も経ち
    メバル狙いの勘を戻す意味も大きい
    といいながら
    使ってるルアーは
    ある意味ど変態といわれても仕方ないものを
    今は主軸にしている
    どうってこともない
    シンキングペンシル80〜90mm
    普通のやつ
    (・へ・?
    という人がおそらく2つに分かれているのかもしれないが、、、
    おさーんにしてみれば
    デカイカタクチイワシを襲うメバルを
    人生47年の中で普通に見ているので
    ぜんぜん普通のサイズと思っている
    見てのとおり
    メバルのサイズはこんなもんであるが
    普通に食うんだけどな
    まあ、
    これより小さいサイズ使えば
    入れパクなんじゃね?
    とかいわれそうなのだけど
    いまんとこ
    これでぜんぜんOKなので
    気が向けば
    5センチとかのサイズもそろえるのかも
    といっても
    このサイズを使っているのは他にもわけがあって
    それは今後の活動で明らかにしていくと思う
    かといって
    いつもシンペンというわけでもなく
    自分の定番としてる
    レインズ チビキャロスワンプ
    を使って通常のゲームも
    普通にやっていて
    あるときの夕方
    いつもとは違う場所へ
    堤防の際を観察すると
    ぽわん
    ぴちゃん
    という感じで
    ライズが見えている
    完全なメバルの反応だ
    ロングレンジでライズを叩いていくと
    ワンキャスワンヒット
    20ほどリリースできた
    まるでモグラタタキ
    かつての夏泊でやっていたような風景である
    今の八戸港湾は
    そのようなゲームができるまでになっている
    下手にでかいのを狙うより
    このようなゲームの成立性を探ったほうが
    現状はかなり面白い
    今しか楽しめない
    構築ゲームなので
    今やるしかない
    でかいのを狙いたければ
    昔から狙える場所へ遠出したほうがよい
    そのほうが
    のびのびと楽しめるし
    景色を眺める余裕もできる
    安易な方法で
    近所に大物を求めるような釣りを
    現状の八戸でやる必要も感じない
    とりあえず
    港湾でのパターンは大体見えてきた
    去年と今年の傾向を現在考察し
    わからない部分を埋めていく作業を今後していくと思う
    釣り方なんかは
    全国共通なんだから考察する必要は無い
    ただし
    つかうワームであり
    ルアーサイズであり
    ジアイの動きだって
    地域特性がある
    その辺については
    今までのクロソイの定点観測のデータが照合できる部分もある
    後は
    こつこつと積み立てていくのみである
    てことで
    つぎはどっちだ
    へばのー

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM