20180714:下北へ行ってみた第2弾〜猿のいる地からシーバスリバーへ

0

    ども

    3連休の最終日
    非常に眠い
    おさーん47です
    さて
    前回の下北のはしっこ釣行に続き
    今回もメバルを主に
    さまざまな準備をし
    またもや
    下北のはしっこ脇野沢へ向かった
    前回と地域はまったく同じではあるのだが
    目的は
    磯場
    水温の上昇とともに
    メバルも岬先端へ向かうはずとの算段
    そして
    今回のメインはハードルアー
    それも
    7〜8センチ台の
    メバルには大きいプラグ
    および
    久々のULジグラフェスタ7g
    でのアタック
    地元の定点観測での
    8センチ台のシンペンを使った練習は
    今回に向けてのもの
    無論
    シンペンだけではなく
    フローティング、シンキングの
    スリム系ミノーもちゃんと用意している
    それにジグを絡めていく
    今回攻める岬の先端は
    ちょーーーーーーー激流なので
    先端はジグ
    入江側は
    プラグ系
    という考え方で攻め方を考えていくことに
    現着すると
    投げ釣りの先行者が多く
    目的の岬も埋まっていた
    もう少しすれば満潮。。。
    時期にあくなああすこ
    とりあえず
    周辺を叩くが
    まだジアイでもないため
    大した反応はない
    そこで
    まだチェックしていないポイントをやってみるが
    風が安定しない(・へ・;
    こりゃこまったなあ
    と思っていると
    投げ釣りのお客が撤退。。。
    いけるなあ^^
    今回は満潮になると20センチほど浸水する磯もあるため
    念のために鮎タイツを装備
    足袋もフェルトスパイク
    ボトムはこんな感じで
    上半身は
    腕がでないような服装程度
    あくまでも
    浸水を考慮した装備
    メバル釣りで
    荒磯状態の磯場で釣りは
    成立しない
    岬へ入り
    流れをチェックすると
    ごうごうという音がしそうな感じの流れだ
    シンペン8センチをキャストするが
    ぴゅーっと流される
    こりゃジグだな
    ということでラフェスタ7gグリーンをキャスト
    しばらくすると40クラスのアイナメ(※メバルのことしか頭無いので画像なし)
    その後
    何投目だろうか
    ラインが落ちもしないし
    流れもしない
    (・へ・?
    あーーーーー
    糸ふけをとってあわせると
    ごんごんごん
    という大きなアタリ
    27センチクラスだ
    ジグ丸のみ(・へ・;
    すぐにキャストするとまた同型
    しばしよいかなと思ったら
    近くを小さな客船が通過
    おおきなうねりがくる
    軽く磯場を波が洗う
    これは予想していなかった
    鮎タイツはいててよかった(・へ・;
    次回の対策を考えないと。。。
    しかし
    岬の先端で浮いていた群れは消えてしまった
    うねりで沈んでしまったのか。。。
    客船の馬鹿やろー(ノД`)・゜・。
    流れもさっきより強くなった
    おそらく
    落ち込みの影へメバルも逃げ込んだのかも
    この流れでは定位もきついように感じた
    ここを見切り
    やや内湾側へ
    ここでは
    シンキング7センチで丹念にトレース
    こんな感じでいろいろアタックしてくるが
    ガヤもメバルも20クラスばかり
    目的外なのでどんどんリリースしていく
    しかし
    30くらいリリースすると沈黙
    太陽はかなり高いが
    後30分ほどで沈みそうな感じ
    公園まで撤収し
    前回の場所でいろいろやってみる
    しかし
    20クラスまでがぼこぼこ出てくる程度
    しばらくすると
    もきいいいいい
    ぎゃあああああ
    きゃああああ
    へ(・へ・?
    へっ(・へ・;
    ニホンザルの親子グループが山から降りて来た
    うるさい割には襲ってくる風でもないので
    無視して
    キャストの繰り返し
    ぽつぽつとしかでないので終了
    記念にニホンザルをぱちり
    よーくみるとわかります
    さて
    前回と同じく
    手前の明るい漁港で一遊び
    常夜灯周りで
    子メバル
    ムラソイ
    の入れ食い。。。
    やたら
    ムラソイが多い
    水温上昇も関係してるのかも。。。
    だんだんとヤマセの影響で
    風が強くなり気温も下がり。。。
    むつ市内へ戻った。。。
    (・へ・?
    あ(・へ・?
    ついでだから
    シーバスリバーよってこ。。。
    河口の大岸壁を見て回っても人はほとんどいない。。。
    (・へ・?
    河口の最初の橋付近へ
    人が数名
    おそらくシーバス狙い
    おさーんもここでやることに
    シンペンを流してみるが。。。
    あれ(・へ・;
    一本轟沈(ノД`)・゜・。
    ボトムには牡蠣ガラのついたストラクチャーがごろごろありそうな感じ
    (・へ・?
    まてよ
    となり
    車へ戻って
    黒鯛ワーム関係をベストに追加
    以前も聴いたことあるのだが
    黒鯛もいるよという話
    いてもおかしかない場所
    橋の上から全域を見ていると
    牛丼屋の傍らがどシャローに
    なぜかそこだけ
    ベイトっけに
    魚っけが満々とある
    (・へ・?
    川岸へ降りると
    ちょおおおおおおおおおおおおおどシャロー
    手前水深30センチねえかなあ(・へ・;
    手持ちにシャローランナーがなく。。。
    黒鯛を期待して
    ベビードラゴン2インチを3.5gのビーンズヘッドでキャスト
    2投目
    底にすぐ着底
    ずるずるとひくと
    ばこん
    ぐわんばしゃん
    へ(・へ・?
    浅い割には姿を見せずにファイトする魚
    しかし
    これエラ洗いだわぁ(・へ・;
    しかも
    結構なサイズ
    使ってるロッドは
    英咲ロッド 真狂SPである
    まあ
    お江戸じゃ
    シーバスでも使われてるだけあって
    かなりのパワーでねじ伏せてる感じ
    5,6回ほど綱引きしたら観念したようで
    シャローへずりあげ
    手尺で65程度
    またもや
    まともに狙っていない状態で
    シーバスを釣ってしまう(・へ・;
    しかしまあ
    こういうパターンて成り立つんだろうか(・へ・;
    あきらかに
    かにかぼけジャコ系の甲殻類食ってるんだろう
    ※ぼけじゃこなんだけど陸奥湾にも生息しているというのをつい先日確認済み
    リリース後
    先に来てた若い子らとちょっとばかり
    最近はマイクロベイトがベイトなのか
    メバルで使うようなワームでばかりという
    その子もセイゴを掛けていた
    ふーむ(・へ・?
    たまたまかなあおいらの場合
    さて
    八戸に戻ろうと思ったけど
    ちょっと野辺地によって
    チェック
    メバルのことで気になっていたポイントをチェックしてみたが
    期待に反して反応は薄い
    来年のシーズンのチェック事項かな(・へ・?
    そしてようやく八戸に向かう
    八戸に入ってから
    なぜか
    港湾へ
    気になるのは
    朝方のメバル
    そして
    案の定
    入れパクだった
    場所は
    以前の定点観測地点(最近は河口周りでやっていた)
    漁港の角スミってたまるんよね
    そして
    完徹であったorz
    さて
    今年は
    もう1,2回
    行けるかな下北。。。
    脇野沢は遠い。。。
    まっつぐいって
    3時間半
    次回行くタイミングは
    焼き干しのためのカタクチイワシ漁が始まるタイミングもしくは
    回遊が始まったらか
    実際
    今回のベイトは
    イワシかなにかは特定できないが
    5センチもないベイトが見えていた
    そしてあまり多くはなかった
    おそらくメインベイトはプランクトン系ではないか?
    アイナメの腹も甲殻類と骨の太さからイワシではない青物系の小魚が入っていた
    メバルの腹はほぼ解けていてわからない状態
    ポイントの状況を見ても
    すぐそばが40mも落ち込むようなポイント
    そうなると
    何かしら大きな群れでイワシでも入らない限り
    大型のメバルは浮いてこない可能性もありえる
    そして
    シーバスリバーの今回のパターン
    シーバスなんてまじめにやってた時期は
    おさーんもかなり短期間
    嫌いな釣りだった時期が長い
    そんなこともあり
    どシャローで黒鯛ワームのずる引きで
    シーバスが出るなんてありえるのかも
    正直わからんという状況。。。
    てことで
    この川仕様で
    シャローランナーを3本見繕ってみた
    脇野沢まで行く前に
    もっと手前でいろいろやってみたくなってしまった
    この歳にして
    シーバス少しまじめにやってみっかな(・へ・?
    では
    次回はどっちだ
    へばのー

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM