閑話休題:今やってる釣りが自分にとっておもしろいかというわけじゃない

0

    ども

    結構暇なおさーん47です
    ええ
    入院が流れたので
    さて
    お題の件
    正直なところ
    今やってる釣りは
    自分にとって満足のいくものじゃないのは確か
    ほんとに今一番やりたいのは
    鮎なんだな
    ソルトのルアーなんて
    実のところ
    やりたいものの3番手くらいともいえる
    しかし
    いま鮎をやるにもロッドがないのだ
    これはある事情で数年前に全部処分
    それ以来
    鮎つりはやっていない
    20年釣れないときも行っていた釣りをやっていない
    先日と本日
    地元の鮎河川を見て歩いていた
    無論
    ロッドなんかないので
    川見だけである
    意外なほど下流にも確認したりで
    いろいろな発見もあって
    逆に鮎やりたい病がでてきそうになって
    逃げかえってきた
    ほんとは
    鮎じゃなく
    オイカワが目的ではあったのだけど
    なんとなく自己嫌悪にもなりそうな感じである
    一年中やれるなら
    どんな釣りがよいですか?
    と問われたら
    鮎釣り
    と文句なくこたえるだろう
    けど
    残念だけど鮎は季節の釣りでしかない
    毎年6月になると
    針巻きを毎晩やっていたのを思い出す
    あれだけ狂ったジギングの現役中も
    夏はびっちり鮎をスケジュールに入れていた
    なにがおもしろいの?
    といわれてもはっきりいって
    説明なんかできない
    釣れるからでしょ?
    という人もいるけど
    申し訳ないけど
    数なんか別にどうでもいい
    やはりいいサイズを適宜な数でゲットできるかどうか
    そんだけなんだよね
    それと似たような感覚でやってるのが
    ワカサギだったりする
    ある意味年間の釣りのモチベーションは
    冬のワカサギで維持できてるようにも感じる
    そんな今やってることがあんまモチベーション維持には役立ってないこともあり
    新たに夏場のポジション的な魚をいろいろ調査している
    これは八戸でやってもすでに釣れる魚種に限界が見えてるので(そもそも魚種が極端に少ない)
    必然として一番近い陸奥湾エリアを目指すことになるのだが
    うまい具合にいい結果がでない
    今一番に考えているのは黒鯛だ
    これは以前十三でやっていたのだけど
    これを陸奥湾でも成立させていくことを目指している
    さすがに十三までなんか毎週通うのが無理な
    資金力もない貧乏人なのだから
    それに近接エリアでも
    過去には黒鯛の実績はあるのだから
    できないことはないと考えている
    シーバスなんかよりも
    黒鯛のほうが
    今の自分には一番の獲物ということでもある
    ではなんで黒鯛なのか?
    といわれると
    やはり
    昔の津軽の釣り人の血みたいなもんだと感じる
    かけたときの引きはシーバスの比じゃない
    メバルとクロソイの差みたいなもんだろう
    さて
    今後のシーズン
    黒鯛狙いを続けるかどうか
    ちょっと考え中でもある
    今年は
    あんまり普段のレギュラーな釣りをやっていない
    それはそんな考えもあるからだろうと感じている
    まあ
    こんなこともできるのは
    一人ということもあるのだろうけど
    そろそろ一人もあきてきたなあって思う最近だったりもする
    残りのリフレッシュ休暇
    なにをやったらいいのか
    ちょっと悩む日々

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM