20180830:通っていた米代川の今を見て。。。

0

    ども

    疲れた顔してばばんばーん
    おさーん47です
    さて
    最近
    毎月5日ほど
    出張する業務についたおさーん
    結構楽しくやっている
    普段は外へ出ない仕事
    そんなだから
    外の空気を吸いながら仕事ができる
    なんと人間らしいことかなあ
    と思っている
    その業務では
    月に一度
    秋田から津軽へ回っていく一泊の旅がある
    それも
    昔通った
    米代流域沿いなのだ
    おさーんの過去
    それは
    夏は鮎鮎ジギング鮎鮎トキオリシーバス
    みたいな生活
    どちらにしろ
    メインは鮎釣り
    青森市内から2時間もかからずいける
    大鮎ポイント
    それが米代川
    青森市から2時間もかからずいける
    シーバスポイント
    それが米代川
    もう通いまくったのね
    みっちり20年ほど
    八戸来た当初も1年は行ってたので
    かれこれ
    10年は米代へは来ていなかった
    まだ引継ぎ中なので
    同行している形
    けど
    一緒に行ってくださる先輩は
    おさーんの釣りのことは知っているので
    川を見ながらいろいろ話が盛り上がる
    その巡回先の真裏がなんと
    扇田堰堤。。。
    以前は鮎止めの堰堤だった
    扇田堰堤
    故細山氏がのべ竿でサクラマスをあげた映像が
    今でも脳裏に焼きついている
    扇田堰堤
    しかし
    すでに堰堤は改修され
    上流へも鮎は遡上し
    鹿角インターあたりは
    遡上が良好な年には
    大鮎場となり
    関東からもたくさんの釣り人がやってくる地となった
    しかし
    今年は
    その最盛期なのに
    人を見なかった。。。
    平日でも
    人が多い釣り場なのに
    まあ
    今年は天然遡上の状態が悪かったのだから
    しょうがないのだろうけど
    それにしても
    河川の改修が進み
    かつての米代の荒々しさはなくなっていた
    ここ数年
    洪水も多発し
    河川も荒れたからというのもあるが
    ここまでやっていんだろうかという工事も
    こうなると
    河川の自浄能力は極端に落ちてしまうので
    いずれどこにでもある河川と同じように
    河口部は砂で埋まりやすくなっていくのだろうと思う
    おそらく
    ここ数年でシーバス始めた人間なんかは
    かつての環境なんか
    当然知らないし
    20年以上のベテランも
    逆にパターンを作っていくことで
    釣ってしまうから
    そういった微妙な変化に気づいちゃいないだろう
    おさーんが唯一
    シーバスで萌えってきたのは
    米代のトップシーバス
    それも
    鮎釣り場といってもいい
    中流部での釣り
    鮎の遡上期にあわせた
    サミー115での釣りだった
    これにはどっぷりはまり
    シーズン中いけるだけ行った
    まだ六ヶ所で仕事していたころだった
    目の前水面が炸裂して
    サミーをひったくるシーバス
    出るサイズがすべて70アップ
    最大は軽く80を越えていた
    出るサイズが普通にでかいから
    サイズも計測なんかしない
    だからサイズの記録なんか一切ないし
    毎年この時期をよめばいけるなって思いもあったのだろう
    けど
    その年を境になぜかシーバスへは足が向かなくなった
    仕事が変わったからだった
    それ以降
    米代のシーバスはやっていない
    単純明快な釣りで楽しい思い出しかない
    そして
    川の状態も
    でかい自然河川のままだった
    鮎もたくさんいすぎて
    大きくなれないくらい
    ところが
    鮎では継続して通っていたが
    橋ができ
    工事が増えていくに従い
    だんだん鮎も釣れなくなったように感じた
    ある日
    久々に鷹巣へ行くと
    かつての名場所は
    玉砂利だらけの
    石のないポイントだらけになっていた。。。
    (・へ・;
    こりゃもう来ないなここ。。。
    愕然とした
    下手に石を入れたら
    それを境に
    埋まってしまったようだった。。。
    かつては
    一番元気な管区だったのに
    その後
    藤琴管区、早口管区に通ったが
    八戸来て一年目のとき
    早口管区で釣りをして以降
    十和田を越えて通うことは辞めた。。。
    それから10年
    一度だめになった環境は戻るわけはない
    実際
    解禁前の扇田の橋の上からは
    鮎の光る魚影が見えなかった。。。
    これでも関東から来る人には
    名川に映るのだろうなああと
    かつて
    古川トンボが関東から流れて住み着いたころの流れとは
    明らかに変わり果ててしまっただろう流れをみて
    がっかりとしてしまった。。。
    それでも
    各メディアには
    米代の鮎やシーバスの記事が踊っている
    文章の上では
    かつての米代と代わりの無い様子が
    描かれてはいるようだけど
    今後
    この川は
    かつてのような
    すばらしい川に戻ってくれないかなと
    ちょっとした希望でも持ちたいと思ってしまう
    それだけおさーんにとって
    すばらしい川の記憶しか残っていないというお話

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM