20180911:船釣りの手返しはイカ釣りで覚えた

0

    ども

    若い衆が
    イカメタルを海峡でやってるのを聴き
    少しうれしい
    おさーん47です
    おさーんの船釣りキャリアのスタートは
    カレイ釣り
    そして
    手返しなどの技術を覚えたのは
    マイカ釣り
    最近では
    イカさびきとか言われる仕掛けがあるが
    本来で言う
    ツノ仕掛け
    針数は10本
    一ヒロ感覚なので
    結構な仕掛けの長さ
    ツノはあんな感じでカンナ針がつく
    簡単に上げ下ろしさえも
    できない
    そんな仕掛け
    当然のごとく
    仕掛けさばきで釣果に差がつく
    当時の夏のイベント釣行が
    マイカ釣り
    ※津軽では本来イカヅケという
    10箱という単位で
    数が釣れる
    ※サイズによって数は決まる。大体150から200杯程度か
    釣れたマイカは
    翌朝
    お中元代わりに配って歩く
    そういう時代があった
    おさーんの最初のイカ釣りは
    竜飛ブリジギング開拓最初のころ
    夜ブリしか船が出ないため
    夜の船に乗っけてもらいながらの開拓
    おそらく95年より前のころ
    確かに2,3度目の乗船
    ぱいせん坂本さんと一緒に
    しかしながら
    100g程度のジグを降ろすと
    ふわんどん
    という
    なんじゃこれ(・へ・?
    というアタリ
    揚げてみるとただただ重い
    ぶしゅー
    上がってきたのはマイカ
    それも良いサイズ
    坂本さんと一緒にマイカを釣りまくる
    そのときは確か1束くらい
    ブリ用のクーラーが
    イカだらけ(´ε`;)
    これに嵌り
    次回も同じようにイカ狙いながらのジギング
    しかしうまくはいかないんで
    2回目はあまり釣れず
    ※イカ角でもよくなかった
    そして
    ジギングも定着したころ
    当時の船頭さんの平助さんに
    イカさこねが(・へ・?
    といわれ
    自分なりに
    イカ角仕掛けを準備
    もちろん秋田針も。。。
    そして
    大爆釣。。。
    行く前にシュミレーションし
    いつもはほめない平助さんにもほめられた
    まあそれがきっかけで
    平助さんとの信頼関係も生まれていく
    平助さんとの対話のなかで
    釣り子の腕は
    イカ釣りでみるんだ
    ということ
    初めての人でも
    うまい人、もしくはうまくなる人がよくわかるということ
    手返し勝負の釣りなので
    段取りの良し悪しがよくわかるということだった
    無論おさーんは不器用なので
    それなりに工夫をしてはいた
    揚げたときに必ずもたつく
    ならば
    全掛けすれば効率は良いだろう
    10杯かければ
    10回降ろせば100
    そういう考えでやってみていくと
    うまい具合にいくもの
    この掛けかたは
    手釣りの解説を見ていくとよくわかると思う
    船釣りのムック本とかみるとよろし
    そして
    揚げてからの手前祭り防止とかも基本の基本
    最後までできなかったのは
    片手でイカツノを持ち
    錘投入すると
    ぱらぱらと
    イカツノを投入していく方法
    これはかなりの難易度だった
    さて
    こないだのイカメタルの話から
    この話を思い出したわけだけど
    マイカとヤリイカでは
    どんな釣り方でも
    誘いの方向
    つまり
    上からなのか
    下からなのか
    この違いが実はある
    マイカは下から
    ヤリイカは上から
    この基本を抑えていると
    結構役に立つ
    マイカは
    基本的に
    下から誘い上げると
    オイノリが始まる
    なので
    イカメタルも
    基本は底から
    順番に棚を上げていけばいい
    マイカは集魚灯で浮きやすいのもあるしね
    ヤリイカの場合
    基本的に底で止まることが多かったので
    上から誘いおとしていく方法で
    イカツノはのることは多かった
    といってもヤリイカは大したキャリアを
    船では経験していないので
    なんともいえない部分ではある
    イカも最近は漁獲が減っているけど
    海峡の沿岸部ではそれなりに釣れてはいるようだ
    以前は釣りをしない人でも
    マイカ釣りにはいく
    という人も多かったもの
    どうせなら
    イカメタルのようなシンプルで
    ゲーム性のある釣りが面白いと思う
    やってることを教えてくれた
    加藤クンからの話では
    メタルスッテは50〜60号とのことだった
    通常のイカメタルの感覚では
    津軽海峡ではゲームは成立しないので
    通常のイカメタルロッドでは通用しないだろう
    そこはみなさんもいろいろ試行錯誤を
    おさーん加藤君の購入ロッドを見ていて
    あーあれいいかもと
    ふと思った
    おさーんの場合
    誘いの釣りが好きなので
    どうもイカメタルロッドのあの感覚
    おさーんはちょっとという感覚があった
    イカ釣りやってる関東の人なら察しはつくですな
    しかし
    すぐ前がイカの海の八戸に
    夜炊きの出来る釣り船が無い
    =イカ釣りできない
    という土地
    八戸来て思うのは
    船でイカできないということ
    やれたとしても
    昼の300mラインでやるとかいう
    イカ釣りの面白さがまったくないよなあという
    まあできないからシャーないので
    いつか
    仲間集めて夏のイカ釣りツアーでもやってみたいという話

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM