20180929:野暮用前にきのこ採り

0

    ども

    明日は台風直撃時に
    日帰り出張へ向かう
    おさーん47です
    今日は手短に
    前回みつけたかっくい山と同じ山域のまつきのこ地帯に
    かっくいは3日ほど遅かったが
    瓶詰めに出来る程度の確保はできた
    来年のかっくい確保は
    この山を重点的に行くことにした
    今年のシーズンは勉強と割り切ったおかげで
    良い場所を見つけることができた
    圧巻だったのは
    誰も気づかなかったのだろう
    一帯が流れてしまったかっくいの群生
    これがまともな状態だったら
    おそらく米袋2,3つの騒ぎじゃないくらいだった
    つくづくサラリーマンなんかやってるのが
    馬鹿らしくなるような光景だった
    自由に時間が取れる仕事なら
    毎朝この場へ
    シーズンは来てるだろうなぁ
    まつきのこは
    はつたけ
    あみたけとらくよう
    クギタケ
    すでにアミタケはシーズンが終わってきてるのだろうか
    数はなかった
    らくようが3つほど
    らくようも数が出る場所を見つけることができないなあ
    クギタケは大小さまざまで確保
    クギタケももっと数がまとまればいんだけど
    ヤマブドウも確保
    これでジャムを2びんほど作成した
    これできのこ採りもあと1,2回かなあ
    来週は8日あたりに
    このかっくい山の状況を確認する目的に入ってみることに
    そうそう
    この山のすごいところは
    タラの木がたくさんあるということ
    春先も楽しみができた
    しかし
    かっくいは
    藪に生えるという傾向もあるため
    ノバラのあるとこもターゲット
    必然として衣服装備も考え直す必要が出てきた
    レインウエアでは話にならない
    頑丈なつなぎを来年購入することに
    そして
    のこ鎌とのこぎりも必要だなあ(´・_・`)
    かっくいの出る山の特徴もなんとなくわかってきた
    山を見た印象で
    あまり木の生育状態がよくない山は
    かなり有望なんだということ
    かっくい=ならたけは
    木を腐らせるきのこ
    そうなると必然として
    木が健康的に生長している山は
    ナラタケも少ないのだろう
    自然の摂理と密接につながってるんだな
    さて
    おさーんのきのこ採りには
    高級キノコ狙いなんてものは
    ほぼ無い
    今年からまた始めたのは
    子供のころに親しんだ
    ナラタケ=かっくい=さもだし
    アミタケ=いぐち
    ハナイグチ=らくよう
    ハツタケ
    この4つのキノコを
    単に昔のように食べたい
    たったそれだけ
    きのこ名人になりたいとか
    採って売るとか
    そんなことはいっさい考えちゃいない
    けど
    この4つのきのこをほしいがために
    毎週往復200キロ以上走ったおかげで
    アカヤマドリ、ボルチーニ、タマゴダケ
    なんかのこちらではあまりメジャーではないキノコとも出会えた
    とても面白いし
    おいしいきのこ採り
    今後もほそぼそと続けたい

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM