20181101:そんなに深くはないがあんだーぐらうんどな音楽が好き

0

    ども

    おさーん47です
    ちょっとだけ一息ついた
    わかさぎ準備
    そんなときは音楽も聴くのだけど
    音楽は全般的にいろいろ聴く人間だ
    でも
    なにが一番好きなのかといわれると
    昔から
    どんなものでも
    気に入れば好き
    と答えてきた
    実際そんなもんだけど
    しかしながら
    聞き返していくと
    結構アンダーグラウンドな世界の音楽に偏った時期もあり
    いまだに
    そういう音楽をまとめて聴くときがあり
    最近はそんな感じでもある
    たとえば
    アンダーグラウンドといえば
    みなさんが思い浮かぶ世界は
    寺山修司の世界なんかを思い浮かぶんだろうけど
    音楽は
    その見る角度で
    個々の捉え方は微妙に違うようにも感じる
    遠藤賢司の音楽も
    結構自分としてはアンダーグラウンドな見方をしている
    アンダーグラウンド
    というより
    アングラよりでメジャーといえば
    筋肉少女帯
    なんかはそのものだと思う
    ※おさーんの中高時代、妹がかなり聞いていた
    さて
    アンダーグラウンドとはいったいなんなのか
    とたまに思う
    おさーん自身
    雰囲気でしか意識したことがない
    というものの
    おさーんの世代なんてみんな
    そんな捉え方してるんじゃないかと思う
    おさーんの先輩世代の
    テクノなんかを
    がっちり聞いたりしてる先輩方のように
    音楽を事細かに語れるものなど
    一切ないと感じる
    1970以降生まれの
    世代的な空気には
    そういった
    極める的な聞き手が
    周りにはいない
    先輩方には
    リアルなつきあいの方々は
    みな極めるくらいの聞き手がたくさん存在している
    そんな難しいことなんか
    実際どうでもよいもので
    いまじゃ
    youtubeを
    だらだら流してると
    アルゴリズムかなんか知らないが
    時折
    おさーんの的に当たるような音楽が
    ぽろぽろ
    流れてくる
    それでいんだと思う
    そんな晩秋の寒々とした
    夕方の空の色は
    あんだーぐらうんどな色彩をまとい
    雪雲ともつかない
    灰色の重そうな色をした雲がうかんでいる
    それらの雲は
    ひっそりと浮かぶ
    三日月の光を吸い込んで
    あんだーぐらうんどな色彩をまとった空に
    ぼんやりと雲を淡く光らせる
    遠く八甲田の向こう側は
    いつ白いものが降りてきてもおかしくはない
    そんな底から冷えてくる季節
    陸奥の国の空気はとても寒い

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.07.15 Monday
      • -
      • 22:16
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM