20181120:自分がやってきた釣り

0

    ども

    おさーん47です
    お題の話
    自分がやってきた釣り
    たまに振り返るようにしています
    結局
    無事に戻ってきて日常に戻る
    それが自分のやってきた釣りなんだなと
    若いときに何度か
    海外で釣りの仕事しないかと誘われたことがある
    ひとつは
    シベリアタイメンの季節限定の仕事だった
    半年
    ハバロフスクに滞在しろという
    唐突な話であったけど
    保証人的な人もいるという話だったが
    当時の自分には鮎釣りがあったので断った
    まだ竜飛ジギング開拓前夜の話
    もうひとつは
    こちらは当時の本職だった農業技術普及と釣りのガイドという話
    国はブラジル。。。
    これももちろん断っている
    200万の負担金という話だった記憶
    こんな話が片田舎の青森であるのだから
    信用しろというのも無理な話である
    タイメンの話も
    結局は話の元の人間がかなり怪しかったなあという思い出(つってもまともな職業人)
    若いころはやはり
    大物志向と競技志向だった
    とにかくでかい魚
    釣ってみたい魚
    必然と
    ジギング開拓の道へ行く
    本当は
    当時はかなり激減していたイシナギ(=オヨ)が最終目的だった
    今じゃ5キロくらいまでなら結構数多くでているが
    150キロクラスの海峡モンスターを狙いたかった
    マグロが海峡の顔に戻る前の
    海峡の大物は
    イシナギだったのだ
    網には300キロがかかっていたのだから
    必然としてそこへ目が向くし
    通っていた釣具屋の親父は
    イシナギの名手であった
    釣具屋の天井には
    一面のイシナギの魚拓の群れが泳いでいたのだった
    それが時を重ねていくうちに
    仕事に失敗し
    借金をつくり
    社会的信用もなくなった後
    少しずつではあるが
    以前のような程度ではないが
    釣りに向かう情熱がわいてくると
    大物には目を向ける気はなくなった
    しかし
    競技志向には拍車がかかり
    辞めるつもりだったワカサギ釣りにも
    西本くんが仕事としてやることになったので
    2年ぶりに現場復帰したら
    腕は落ち
    なかなかトップアベレージが出せない
    以前よりも魚はいるのに
    そうなると
    本来の熱が沸いてくる
    やはり自分には
    釣りが必要なんだろうなという実感がわいてくる
    しかしながら
    若いもの相手にやってると
    まだまだ小手先の技術だけで
    ごまかしてるなあと思う自分の腕に
    少々がっかりしてる自分もいる
    やはりフルタイムでなんらかの釣りをしていないと
    釣り勘は戻らない
    技術、見識、応用、経験
    いくらあっても
    釣り勘が働かないと
    数勝負ではぜんぜん回らないもの
    日々修行
    日々鍛錬
    これが競技釣の世界なんだなと感じる

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM